2017年3月6日 更新

抜歯をした後にオススメなのはインプラント?ブリッジ?

虫歯や事故など、何らかの理由により抜歯をすることになってしまったとき、抜歯後の歯をどうするかについてはいくつかの方法があります。その中でもインプラントとブリッジで悩む方も多いようですので、今回はインプラントとブリッジについてメリットや特徴などをご紹介していきます。抜歯をすることになってしまった場合など、参考にしていただければと思います。

200 view お気に入り 0

抜歯後の歯はインプラントにすべき?インプラントの特徴

 (8294)

インプラントの特徴は、歯が無くても埋め込むことが出来ることです。自分の歯を失ってしまってからでも人工的な歯を作ることが出来、自分のあごの力で噛むことが出来るようになります。インプラントはあごの骨に埋め込む人工的な歯で、歯が無くても人工的に歯を作ることは出来ますが、その一方であごの骨への負担も大きくなるという面もあります。
インプラントは失ってしまった歯の箇所にチタン性の人工の歯根を埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療法です。
一度埋め込んだ人工の歯は、しっかりとしたメンテナンスをすれば半永久的に使える「第二の永久歯」となります。

チタンは人体との親和性に優れ、骨と結合する性質を持ちます。
また、金属アレルギーを起こす心配もございません。
インプラントは、しっかりと物を噛む事が出来るので、歯茎が痩せることを防ぎ、自分の歯で食事をする楽しさを取り戻す事が出来ます。

抜歯後の歯はブリッジにすべき?ブリッジの特徴

 (8295)

ブリッジという手法は、残っている歯を土台にして人工的な歯をかぶせるように作る手法です。現在の歯を活かしていくため、大掛かりな手術などはありませんが、残っている歯を削ることになるため、そのための処置は必要となります。治療期間は短く、噛む感覚がインプラントよりも残りやすいと言われているので、自然の状態にしたい方にはオススメです。しかし一方で歯を土台にするために他の歯への負担も大きくなります。
歯のブリッジとは歯を失った時、前後の歯を削って橋のように繋ぎ、2本の歯で3本の歯を作ることです。前後の歯を冠に被せるように削り、3つの冠が一体化したものを歯に付けます。前後の歯には1.5倍の噛む力の負担はかかりますが、噛む感覚は自分の歯のように噛むことができます。

インプラントやブリッジ以外の治療法は?

 (8552)

インプラントとブリッジについて特徴をお伝えしてきましたが、では一体どちらの方が良いのでしょうか?
一概にどちらが良いということは言えませんが、現在の歯の状況や骨の状況などを踏まえて医師に相談することをオススメします。また、インプラントやブリッジ以外にも治療する方法があります。
「入れ歯」や「歯牙移植」です。
入れ歯はなじみのある言葉だと思いますが、今では技術が発達し、銀のフックがないものもあるようです。
また、歯牙移植は抜歯した部分に親知らずを移植する方法で、10代の患者さんなどが多く利用されている方法です。
むし歯などで歯が抜けたところに、健康な親知らずや、生えている位置が異常などの理由で使用されていない歯などを移植する方法です。これは、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がなく、また義歯よりも違和感が少なく、インプラントとは異なり、自然な歯の機能を生かせるという特徴があります。

抜歯の際には医師に相談を

 (8553)

今回、様々な抜歯後の治療についてお伝えしてきましたが、抜歯後の治療の中で特にオススメしたいところは医師に相談するということです。現在の歯の状況や骨の状況などを含めてあなたにとって一番良い方法を医師と相談し、費用の面や治療にかかる期間、手術の有無など人によって気になるポイントは様々だと思います。
まずは自分の歯の状況をもとに医師と相談することをオススメ致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラント手術における腫れについて

インプラント手術における腫れについて

芸能人は歯が命という言葉がありますが、芸能人ではなくても歯は人にとって大切なものですね。食べることでもそうですが、話すときにも笑顔のときにも歯が無いとぎこちないものになってしまいます。歯が無くなっても今はインプラントという手段があり、インプラントをする人が非常に増えています。インプラント手術時に腫れや痛みが生じる不安がある方に、少しでも不安が解消できるようにインプラントの腫れについてまとめました。
明日香 | 149 view
全部の歯をインプラントにすると費用はいくら?全部すべき?

全部の歯をインプラントにすると費用はいくら?全部すべき?

虫歯になってしまって歯を全部インプラントにしたいという方や、芸能人のように白く歯並びもキレイな歯にしたいという方は多いのではないでしょうか。今回は、全部の歯をインプラントにした場合にかかる費用や、そもそも全部の歯をインプラントにするべきかなどをまとめました。これからインプラントをお考えの人もぜひ参考にしてみてください。
明日香 | 2,666 view
費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 582 view
インプラントをした年は、確定申告で還付を受けられるかも!

インプラントをした年は、確定申告で還付を受けられるかも!

いつまでも自分の力でしっかり食べたいと思っていて、インプラントを考えている人もいるでしょう。インプラントは本来の歯の構造にとてもよく似ているので、自然な力で噛めてストレスも軽くなります。とはいっても、自由診療ですから治療費は高額になります。しかし確定申告をすれば還付があるかもしれないって、ご存知でしたか?
山村 | 149 view
インプラントと差し歯の違いとは?費用や治療方法を知ろう

インプラントと差し歯の違いとは?費用や治療方法を知ろう

インプラントを検討している方で多いご相談が「インプラントと差し歯の違いがよく分からない」ということがあると思います。今回はインプラントと差し歯の治療方法の違いや、費用感の違いなどを中心にご紹介していきます。インプラントと差し歯はどのような場合に検討をすべきかまとめてみました。
クッスン | 110 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

明日香 明日香