2017年3月6日 更新

乳歯から永久歯へ生え変わるこの時期に!保健指導で小学生の歯について学ぼう

小学生の間に歯は乳歯から永久歯へと生え変わります。子どもの自我が芽生えるこの時期に、子どもが自分でしっかり歯をケアできるように保健指導を受けましょう。歯の大切さを学ぶことで、明日からの歯磨きも変わってくるかもしれません。

284 view お気に入り 0

乳歯から永久歯へ

床に寝転び微笑む赤ちゃん|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (11792)

乳歯から永久歯への生えかわり始めは、早い子どもで就学前の6歳くらいです。
永久歯の歯のもとは時間をかけて成長し、時期になると乳歯の根がだんだん溶けてきて歯がグラグラになり、自然と乳歯が抜けて永久歯に生えかわるのです。
生えかわりは個人差が大きく、就学前でも1本抜けたと思ったらすぐに2本目に続く子どももおれば、小学生になっても全くグラグラしない子もいます。
初めの1本目が抜けると、小学生の間に次から次へと乳歯が抜けていきます。
小学校の6年間で乳歯から永久歯への生え変わりが終わるのが平均的ですが、それも個人差があるので中学生に差しかかる子どももいます。
それ以降になってもすべての歯が生え変わらない場合は、歯科を受診しましょう。
小学生になると、毎年のように乳歯が抜けるようになります。小学校6年間で乳歯から永久歯への完全移行が終わります。
ここからは、かなりの個人差があると思ってください。小学校低学年でよく乳歯が抜ける子もいれば、高学年になって急に乳歯が抜けて永久歯に生えかわる子もいます。

生え変わりのケア

PAKUTASO (7240)

子どもは歯が抜けると気になって仕方ありません。
遊んだままの汚れた指で触ったり、舌で動かしたり、怖くて硬いものが噛めない場合もあります。
生えかわりで細菌に感染しないように、手洗い・うがいを今まで以上に気をつけましょう。
生えかわるだけではなく、永久歯は奥歯が増えていきます。
乳歯より大きい永久歯が生えるので、あごの発達が大切です。あごの発達は永久歯が生える場所を作り出します。硬いものや噛みごたえのあるものも食べるようにしましょう。
生えかわったばかりの永久歯はまだエナメルが固くなっておらず、表面も荒く汚れがつきやすく、酸に対しても抵抗が小さいので虫歯になりやすい状態です。
フッ素を含む歯磨き粉で研磨剤の入っていないものを選びましょう。
永久歯に生え変わるからといって乳歯の虫歯を放置すると、その後生えてくる永久歯の歯質にも影響を及ぼします。
乳歯の虫歯の治療や歯科定期健診は生え変わり時期でも継続するようにします。
生えたての永久歯は軟らかく、まだ表面が未完成なので砂糖などの甘い物が入っている食べ物を食べたり飲んだままにしていると、お口の中が虫歯になりやすい状態(歯が溶けやすい環境)になります。

小学生への保健指導

PAKUTASO (7262)

小学生にもなると自分のことは自分でしたいという、強い自我が芽生えます。
この時期に歯についてもしっかり保健指導を受けることで、将来の歯に対する意識も高まります。
幼稚園や保育所、小学校では自治体から歯科衛生士の方が保健指導に来てくれる時間を設けています。
保健指導では歯の成り立ちや歯磨きの方などを、低学年の子ども達には紙芝居やエプロンシアターを使ったり、高学年の子ども達には模型やスライドショーを使ったりと、年齢に合った指導を行っています。

保護者はどうすればいい?

子どもは生えかわりの時期に差しかかると、歯がグラグラしてむずがゆかったり痛かったりして、不安になったりイライラしたりします。
まずは保護者の方から大人の歯が生まれてくることを優しく説明して安心させてあげましょう。
生え変わり時期は虫歯もできやすいので、しっかり仕上げ磨きをしっかりするようにしてください。
生えている最中は歯がななめになったり、生えきるまで歯並びもガタガタになります。
歯ブラシの角度を変えて、多方面から磨くようにするとよいです。
また、なかなか乳歯が抜けないからといって、自己判断でむりやり抜いてはいけません。
生えかわり時期には個人差がありますので、焦る必要はありませんが、片側しか生え変わらないなど何か異常を感じたら歯科にかかるようにしましょう。
保護者は異常を感知するためにも、日頃から子どもの歯をチェックするよう心がけると、早めの対処ができます。
すべての乳歯が永久歯になるまでは、しっかりと保護者が確認し、また歯科への定期健診がとても大切になります。

まとめ

駅のホームを歩く親子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (7267)

歯の生え変わりのケアは子どもと保護者が一緒に取り組むことが大切です。
自治体や企業セミナーでは、親子で受けることができる歯科の保健指導が数多く開催されています。
歯ブラシのあて方やフッ素利用の効果などオーラルケアについてや、咀嚼の重要性や年齢に適した食育活動など、毎日の生活で気をつけるとよい内容を知ることができます。
子どもと一緒に学ぶことで、保護者だけではなく子ども自身の歯に対する意識も高まるかもしれません。
また、子どもは歯だけでなく心も身体もどんどん成長します。
小学生高学年の反抗期が始まる前に、親が仕上げ磨きをするものだとお子さんに刷り込みしておく方がよいですよ。
将来、きっと歯磨きがコミュニケーションツールの1つになります。
年の子どもの現状を踏まえると、咀しゃくなど口腔機能の未発達や口腔の疾病の増加、食育の重要性などが指摘されており、その指導や対策についても、今後、一層の充実が求められています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 66 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 563 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 146 view
まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

何かに顔をぶつけたり、転んで顔を打ったり、堅いものを嚙んだ時に歯が欠けてしまうことがあります。このような災難は突然起こります。正しい応急処置しておかないと、後で大変なことになってしまいます。今回は、そんな急な歯のトラブルに対する応急処置の仕方についてまとめます。
ぶーちゃん | 174 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

和