2017年3月1日 更新

知っておきたい、歯並びを良くするいろいろな治療法!

歯並びを良くするための治療法の中で、まず2~3年の間歯に金属を被せるブラケット矯正をイメージしますが、最近では目立たず短期間で治療できる矯正法も選択できます。具体的にはどのような治療を行うのか、小児矯正と大人の矯正に分けてご紹介します。

36 view お気に入り 0

成長期の治療法は

 (9970)

一期の歯が生え始める前から、あごの骨格矯正を行うことで理想の歯並びにしようという骨格矯正と、二期の永久歯が生え揃ってから位置を整える歯列矯正とがあります。

この時期に行うメリットは抜歯や手術の必要性が少なくてすみ、効果も成人に比べて出やすいといわれています。

一般的なブラケット矯正の他に、取り外し可能な透明なマウスピースでの矯正法もあります。
成長期に矯正治療を行うことによって歯だけではなく、顎を拡げたり、顎を成長させたりすることができます。
成長期に前後の顎の関係を少しでも改善できれば、抜歯をせずに悪い歯並びをきれいに出来る可能性があります。
顎を広げる装置や部分的なブラケット装置、マウスピー装置を使います。
期間は1.5~2年、その後は成長や永久歯への生え変わりを待ちます。
費用は20万円~35万円程度です。

大人の治療法

 (9988)

大人の治療法は、一般的なワイヤーを装着する治療法以外にも、治療期間が1~2か月の短期間ですむもの、ひと目を気にせずにすむ治療法、ホワイトニング効果も期待できる矯正などが選べます。

歯並びが良くなれば健康面での嬉しい変化もありますが、対面が気にかかる世代にとっては、女性に限らず男性にとっても表情が知的なイメージに一変することが、対人関係を好転させるきっかけになることもあるのでは?


そんな嬉しい変化を手に入れる具体的な治療法は下記の通りです。

ブラケット矯正

仕上がりの歯並びと噛み合わせが最もきれいで確実、一般的な治療法です。
ブラケット矯正は歯並びと噛み合わせを治すことができる矯正治療です。ブラケット矯正は一つ一つの歯に矯正装置をつけ動かすために、0.1mm単位で歯の位置を決めることができます。そのため最も歯並びや噛み合わせをきれいにできる方法です。

舌側ブラケット矯正

歯の裏側にブラケットを装着する治療法、目立たずに治療が可能、治療効果は変わりません。
きれいな歯並びにしたいけれど歯の表面にブラケットがつくのが気になる方にオススメなのが舌側ブラケット矯正です。歯の内側にブラケットが付くために目立たなく矯正治療ができます。

マウスピース矯正

取り外しもできて、透明なので目立たず治療できます。
マウスピース矯正はマウスピースをつけ替えながら少しずつ歯を動かしていく矯正治療です。透明なマウスピースを使うために目立つことはありません。凸凹がある場合は歯を削って小さくしながら歯の入る隙間を作っていきます

部分矯正

気になる部分だけを適切な矯正で治療します。
部分矯正は気になる前歯だけをきれいに治す方法です。ブラケット矯正や舌側矯正、マウスピース矯正でも行うことができます。奥歯の噛み合わせを変える必要がないため歯周病の方や高年齢の方にもできる方法です。
重なりが大きい歯を抜歯したり、歯を削って小さくして隙間を作って歯並びを治します。

デメリット
歯並びを治すことはできますが、噛み合わせを治すことはできません。上下の歯をしっかり噛ませるような治療はできないのです。

費用と期間
費用は15万円程度から80万円程度です。期間は3ヶ月から1年程度です。

ハイブリッド矯正

部分矯正にセラミックを組み合わせての治療法です。
歯を失っている部分や被せてある歯を利用して、部分矯正とセラミック治療を一緒に行う方法です。歯の移動距離を小さくすることによって歯や歯茎へのダメージを少なくします。またセラミック治療を行うことで噛み合わせを治すこともできます。歯や歯茎の負担が軽いために大人の方には特におすすめの治療法です。

治療中の注意点

 (9995)

治療法によっては費用がかかること以外にも、2~3年の長期間にわたって煩わしい思いをしなければならないこともあります。
例えば、下記のような食事の摂取は控えておくと安心です。

・煎餅などの硬いものやガムなどの歯につきやすいもの

・コーヒー、ワイン、カレーなど色が付着しやすいもの

歯磨きは装着中はしずらいので、虫歯や歯周病になってしまう可能性があります。
磨き残しのないように丁寧に磨くように心がけてください。

スポーツ時や歯に物が当たりやすい行為にも注意が必要です。
これらの注意点にも留意して、デメリットも踏まえた上での決断が必要ですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 447 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 145 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 418 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 269 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,336 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まき まき