2017年3月6日 更新

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

498 view お気に入り 0

治療はしたいけど歯を抜くことに抵抗がある…

ビジネス-女性社員2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11794)

歯の矯正をおこなうとき必ずしも歯を抜くわけではありません。歯を抜かないで治療できるなら、歯を抜かない矯正をおこなった方が良いと考えている矯正歯科が多いようです。しかし、全ての方が歯を抜かずに矯正ができるわけではありません。自分が歯を抜かずに矯正ができるのか、きちんと相談しましょう。
まず知って頂きたい事は、我々矯正歯科医は無条件に抜歯をして矯正歯科治療をしている訳ではありません。まずは、抜かないで治療可能かどうか検査データを基に十分吟味します。
私たちも、出来れば抜歯をしないで治れば良いと考えております。抜歯をしない、それ自体がメリトであるからです。

歯を抜かない矯正方法はどんな矯正?

奥歯の移動

上下左右の一番奥ある歯をいまの位置よりもさらに奥に移動させる方法があります。人によって歯の構造が異なり、奥に移動できる距離も限界があるため、しっかりと診断を受けた上で方法を選ぶことが大切です。
上下左右の一番奥の歯を後方に移動させることが可能か検討します。奥歯の後方にある骨の長さが短い場合には、後方への移動は出来ません。横顔のレントゲン写真で計測して判断します。また、親知らずがあれば、これは抜かなければいけません。

歯列自体の側方への拡大

歯列自体を外側へ拡大する方法があります。こちらもきちんと診断してもらう必要があり無理におこなってしまうと、逆に嚙み合わせが悪化してしまったり治療後の後戻りしやすくなってしまいます。
ほとんどの不正咬合には歯並びの横幅が狭いという問題を含んでいます。顎の骨自体や歯の並びが狭く内側に傾いていると歯を並べるための隙間不足が生じます。そこで、お口の中の横幅を広げて歯を並べるための隙間を獲得する必要があります。お口の中を広げるための代表的な装置には、緩徐拡大床、拡大ワイヤー、急速拡大装置があります。

削って隙間をつくる

歯と歯の間の部分を削り、隙間を作る方法もあります。歯並びの悪さが軽い場合は、歯を抜かずに削ることで矯正することができます。
1歯の側面を少しずつ削ってスペースを作ります。1本につき1mm程度削ることができるので、6本削れば6mm程スペースを確保することができます。

歯を抜かない矯正のデメリット

落ち着いて考えるスーツ姿の美人広報|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (3575)

抜かずに済むのなら抜かない矯正をおこなうのが一番なのですが、抜かない矯正にこだわってしまうと場合によっては治療前よりも口元が突出することがあるので気をつけなければいけません。それぞれの症状にあった矯正方法を歯科医に相談してみてくださいね。
明らかに抜かないで出来るケースも多数ありますが、場合によっては抜かなければならないケースもあります。
又、抜かない場合に治療前よりも口元が突出する場合もあります。一概に抜くとか抜かないではなく、それぞれのメリット・デメリットを聞いて納得して決めることが重要なのではないでしょうか。

まとめ

歯を抜くことに抵抗がある方への歯を抜かない矯正方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?歯を抜かずに矯正することはメリットがある反面、無理に歯を抜かない矯正をおこなってしまうと治療前よりも口元が突出する場合もあるので気をつけなければなりません。歯を抜く、抜かないにこだわるのではなく症状に合った治療方法をおこなうことが大切のようですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 563 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 437 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 481 view
一本だけ治したい!そんな歯の矯正方法ってあるの?

一本だけ治したい!そんな歯の矯正方法ってあるの?

歯並びが気になる人は歯の矯正を考えると思いますが、意外と多いのが一本だけ歯の矯正をしたいという方。果たして、一本だけ歯の矯正をおこなうことは可能なのでしょうか?一本だけの歯の矯正方法や費用などをお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 4,917 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

なつき なつき