2017年3月6日 更新

小学生の子供への歯磨き指導の大切さについて

歯に対する知識や正しい歯磨きの仕方について、小さい頃から学んでおくことはとても大切です。現在、日本では歯磨き指導は親によるものだけでなく、各クリニックから歯科衛生士を呼んで小学生を対象に本格的な指導が行われています。実際の現場でどのような形で指導がなされているのか、また親が指導する際の注意点は何なのか詳しく見ていきましょう。

1,199 view お気に入り 0

子供への指導とブラッシングは親が長年続けることが大切

乳歯の歯磨き|イラストNo.1689【歯科素材.com】 (7862)

小学校高学年になったら「歯磨きは一人でするもの」と考える親もいますが、子供の場合は細かなブラッシングを疎かにしたり、短時間で終わらせたりとムラがあります。
歯磨きの指導は小学高校学年になってからも親がしっかりと行うことが大切です。

一番悪いのは「放置すること」です。
歯磨きの大切さ、時間をかけて細かに磨くことの大切さを教えないと、ちゃんと歯磨きができない大人に育ってしまいます。
ブラッシングのプロである歯科医師さんも、親自らが子供に長年ブラッシングしてあげることをオススメしています。
日本では子どもにひとりで歯ブラシを任せている親も多いのが現状ですが、子どもは1人で完全にブラッシをすることができないと考えます。スウェーデンでは、親は子どもが12歳になるまで、子どもの仕上げ磨きをおこなっています。当院では、親は子どもが10歳になるまで、子どもの仕上げ磨きを行うように指導させて頂いています。口腔内管理は大人と同様の手順で行いますが、子どもの頃より、「予防歯科」に重点をおくことは大切なことです。

小学生に指導する歯科衛生士さんとは

 (7870)

近年は歯科衛生士さんによる指導も活発です。
まだ専門学校で学んでいる若い見習い歯科衛生士さんが小学校で指導を行う風景はよく見られますよね。

歯科衛生士さんの小学生への指導は、単に歯の磨き方だけでなく、口の中を清潔に保つ方法であったり、歯が病気にならないような健康管理の仕方であったりと、様々な指導が行われています。
歯科保健指導

小学生や中学生の頃、大きな歯の模型と大きな歯ブラシを使って、正しい歯の磨き方を教わったことはありませんか?
歯みがき指導は、下は乳幼児から小・中学生、上は高齢者まで幅広い年齢層の人々を対象としています。 また、歯科衛生士の行う「歯科保健指導」は、単に歯みがき指導を行うだけでなく、 「むし歯にならないようにする食生活」から健康管理にいたるまで、口腔の衛生全般に関する相談や 機能訓練なども含まれます。

歯科衛生士さんによる歯の授業・ブラッシング指導

 (7857)

小学生への歯の授業は、学校に歯科衛生士さんを呼んで正しいブラッシングのやり方を学んだり、スライドや紙芝居を通して「歯」に対する知識を深めてもらったりと様々な方法や形が取られています。

小学生の場合、歯磨きが面倒で毎日磨かなかったり、細かにブラッシングをすることを怠ったりということが多々あります。
子供に歯の大切さをしっかりと教えることは、大人になる過程でしっかりとした綺麗な歯を保つことにもつながります。
ブラッシング指導を行い2年ほど経つので、子どもたちも赤く染め出されたのが『プラーク』と呼ばれるものであること、『プラーク』があると虫歯になるということがわかるようになりました。

高学年の子の中には、お口の中の写真を見ただけで、歯肉炎・歯周炎(歯周病)の違いが分かる子もいます。

中・高学年の子は、前年よりも歯磨きが上手になっている子が増えていて、とても嬉しいです。毎日の歯磨きの時間に学校でのブラッシング指導を思い出して、少しでも気を付けて歯磨きをしてくれたらと思います。

各学年ごとで違った指導が行われる

 (7859)

小学校といっても1年生から6年生まであり、知識や経験の違いも出てきます。
1年生は歯の基本的なことから学び、高学年になるにつれてさらに複雑な歯の知識、または仕事やスポーツなどへの影響といった多様な指導の仕方に広がっていきます。

このように「毎年」歯の指導を行うことは子供たちが歯の大切さを忘れないことにもつながります。
教える側もスライドやパワーポイントなどを駆使して本格的な指導が行われています。
恒例行事、年に1度の白山小学校歯磨き指導に行って参りました。1~6年生まで各学年ごとにテーマを決め、イラストや映像の媒体を使ったり、実験を行う授業を通して、子供たち自身が歯への関心を持ち、予防に努めることで虫歯ゼロを目指していきたいと思います。

1年生 【歯垢ってなんだろう?】
2年生 【歯と健康と佐糖】
3年生 【唾液の働きについて知ろう】
4年生 【歯肉の健康度を調べよう】
5年生 【フッ素の働きについて知ろう】
6年生 【歯は、スポーツや職業に影響があるのだろうか】

まとめ

上手く歯の指導を受けることができなかった子供たちは、歯の大切さを知らないまま、歯のケアを疎かにしたまま大人になってしまうこともあります。
そういう意味では親による日々の指導が最も大切になるはずです。
歯科衛生士さんによる学校の指導に任せるのではなく、家庭における指導を徹底することがまず第一です。
 (7911)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉はただ単に使用すれば歯が白くなるというわけではありません。使用時の注意をしっかりと確認してホワイトニングを行うようにしましょう!
Rits | 41 view
乳歯から永久歯へ生え変わるこの時期に!保健指導で小学生の歯について学ぼう

乳歯から永久歯へ生え変わるこの時期に!保健指導で小学生の歯について学ぼう

小学生の間に歯は乳歯から永久歯へと生え変わります。子どもの自我が芽生えるこの時期に、子どもが自分でしっかり歯をケアできるように保健指導を受けましょう。歯の大切さを学ぶことで、明日からの歯磨きも変わってくるかもしれません。
| 240 view
子供の歯はそろっている?小学生の歯の本数について

子供の歯はそろっている?小学生の歯の本数について

大人と子供では歯の本数が違います。小学生の口の中は生え変わる歯と新しく生えてくる歯が混在している状態。近年は歯の本数が足りない子供も増えています。小学生になったら、歯の本数をチェックしてあげましょう。
達也 | 267 view
知ってますか?自分に合った歯磨き方法と種類

知ってますか?自分に合った歯磨き方法と種類

毎日行う歯磨きですが、正しい歯磨きの仕方をご存知でしょうか。歯磨き方法は年齢や口腔内の状態で変わります。歯磨きは歯が一本でも生えている人にはお口を健康に保つために必要です。毎日行うからこそ自分にあった方法で歯磨きができれば虫歯や歯肉炎、歯周病の予防、口臭などあらゆるお口のトラブルを防ぐことができます。ここでは、年代やお口の状態にあった歯磨き方法と種類を紹介していきますので参考にしてみてください。
はーちゃん | 139 view
クラウンの歯から口臭が!?素材や正しい歯磨きの方法を知ろう

クラウンの歯から口臭が!?素材や正しい歯磨きの方法を知ろう

歯にクラウンを被せた方は注意!素材の違いや歯磨きの間違いで、きつい口臭がしてしまうことがあるんです。ここではクラウンにおすすめの素材と正しい歯磨きの方法をまとめました。
sirono | 339 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ