2017年3月6日 更新

【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

インプラントとは、病気などで失ってしまった歯の箇所に人口の歯を埋め込むことで、より自分の歯に近いに状態まで噛む力などを回復できる治療法です。このインプラントの詳細と魅力についてまとめてみました。

99 view お気に入り 0

そもそもインプラントってなに?

虫歯が痛くて仕事にならないサラリーマン|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (4664)

インプラント(Implant)とは、植え付けるという意味。
歯科領域でのインプラント治療といえば、一般的には人工歯根治療のことを言います。
歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を“植立”することで、より自然に近い、美しい“自分の歯”を取り戻して、食事もおいしくいただくことができます。
少し前まで主流だった「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」はどうしても噛む力が劣ってしまいました。 でも、インプラントは違います。高齢化社会を迎える現代、またより歯の美しさが追求されるいま、まさに主役ともいえる治療法として、多くの患者さんの注目を集めています。
インプラントは、歯周病や外傷などの影響で健康な自分の歯を失ってしまった時に、残った歯に負担をかけずに、元の健康な自分の歯のように見た目も噛む力も取り戻せるようにするための治療法です。
この治療法にもメリットやデメリットがあります。次はこれらを見ていってみましょう。

インプラントのメリット

サムズアップ女子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (4703)

残った歯に負担をかける必要がない

従来の治療であるブリッジは失った歯の両隣りの歯を削る必要がありましたが、インプラントは失った歯の部分へ埋め込むため、周りの歯を傷つけることなく治療を行うことができます。健康な歯を削るということは、健康な歯までも虫歯になってしまう可能性があるため、周りの歯を”健康なまま残しておくことができる”魅力的な治療といえるでしょう。

自分の歯のように噛むことができる

従来の治療法である、ブリッジや入れ歯は、残っている歯を補う目的のために噛む力はどうしても衰えてしまうという欠点がありました。これらと比べてインプラントは、失った歯の箇所へ人口の歯を埋め込んで固定してしまうために、歯を失う前と同じように噛むことができることが大きな違いです。

天然の歯と同じような見た目で、口内の違和感を感じることもない

インプラントは、歯茎へ直接埋め込んで固定してしまうためがたつくこともなく、柔らかいものはもちろん固い食べ物も、サイズが合わない・痛みがあるといった違和感もなく安心して噛むことができるので、食べる楽しみが増えることでしょう。
また、見た目も天然の歯と見分けがつかないほど綺麗な仕上がりになるのも嬉しいですね。

インプラントのデメリット

肘をつき悩む女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (4702)

手術が必要

誰もが知っている従来の治療法である、ブリッジ・入れ歯と違い、インプラントは自分の歯茎に埋め込む形になるために、外科的手術が必要となります。外科手術ですので、リスクが伴うこともありますので、治療や手術の詳細など主治医との相談を重ねることが大切になります。

自由診療のため費用が高い

インプラントは保険が適用されない自由診療となります。そのため、治療にかかる費用が高くなります。

保険適用される(3割負担) ブリッジ・・・数千円。
保険適用される(3割負担) 入れ歯(総入れ歯)・・・1万円前後。
保険適用されない    インプラント・・・30~40万円(1本)。

上記のように、保険が適用されるブリッジや入れ歯に比べると、インプラントは費用が高くなることがわかります。さらに、インプラント治療に欠かせないアフターケアも保険が適用されない自由診療となります。
また、インプラントの費用は分割払いやローンが可能です。インプラント治療をする歯科医院で相談してみましょう。

治療期間が長く、アフターケアが必要

カウンセリングや診察を初めとし、歯周病などがないかの検査・治療などを行った上で、インプラントを埋入する手術を受けるようになります。さらに手術後、埋め込んだインプラントと骨が結合するまで数か月かかります。そのため、インプラントは治療期間が長くなってしまうのが欠点です。人それぞれですが、完了までには平均で10回程度の通院治療が必要になるようです。

また、これで治療が終わりではなく、残っている歯の状態を確認したり、インプラントを長く使っていくための定期的なケアが必要となります。

アフターケアをしっかりしていれば半永久的に使える!?

笑顔でハミガキをする男性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (4661)

インプラント治療はアフターケアをしっかりしていれば半永久的に自分の歯として使えます。
それにはメンテナンスが重要で、1年目は3ヶ月に1回(年間4回)、その後は少なくとも毎年1回ずつ、患者様のスケジュールに合わせて検診してください。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日のブラッシングが必要ですが、その他に年間最低2~4回のチェックが必要です。
定期検診で、咬め合わせやインプラントの周りに炎症が起きていないかなど様々なチェックを行います。
インプラント周辺に、歯垢や歯石が付いたままにしておくと、細菌が増殖して歯周病と同じような状態になり、インプラント周囲炎が起こります。この細菌感染を防ぐためには、日頃のブラッシングも大切ですが、歯科衛生士さんによるブラッシング指導や歯科医による歯のクリーニング、噛み合わせのチェックがとても大切になってきます。
このアフターケアは、インプラント手術後3ヶ月~6ヵ月に一度定期的に行うことで、長くインプラント使用していけるのです。また、アフターケアについても保険が適用されない自由診療になるため、費用については歯科医院への問い合わせをおススメします。

総合的に見たインプラントの”魅力”

甘いいちごにご満悦の女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (4659)

従来の入れ歯などは、普段通りの歯磨きができなかったり、痛みがあって食べたいものが食べれないなどが欠点でした。しかしインプラントは、普段通りの歯磨きもできて見た目も気にしなくてよいだけでなく、自分の歯と同じように食べたい物を食べれることが一番の魅力ですね。食べること・噛むことは人間にとってとても大切な事で長生きの秘訣でもあります。この大切なことが長く続けられるインプラントは、とても魅力的な治療法ではないかと思います。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 288 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 1,046 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 344 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 284 view
口臭がヒドイ…その原因は「銀歯」かも!?銀歯が引き起こす臭いとは?

口臭がヒドイ…その原因は「銀歯」かも!?銀歯が引き起こす臭いとは?

口臭がヒドイ・・自分で気づいた方、他人から指摘された方、どちらにしてもショックな出来事ですよね?その原因は”銀歯”が関係しているかもしれません。銀歯が起こす臭いの原因を調べてみました。その裏には怖い歯周病の可能性も!しっかり治していきましょう!
拓也 | 654 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kyara77 kyara77