2017年3月6日 更新

歯の食いしばりにはどの様な治療があるの?

歯の食いしばりは、歯の磨耗や虫歯につながったり、肩こり、頭痛にもつながります。食いしばりは体・歯にとって悪影響でしかないので、早期の治療が必要です。今回は自分でもできる治療法と、歯科医院で受けられる治療についてお話しします。

111 view お気に入り 0

自分でできること

・癖を治す

無料の写真: 10 代, 娘, 幸せ, にこやか, 肖像画, 女の子 - Pixabayの無料画像 - 775053 (11384)

椅子に座ったときに思わず机の上で肘をついたり、歩いている時に前かがみになったり、スマホやPCを使っているときに猫背になったりなど、姿勢が悪いと歯の食いしばりの原因になります。事務仕事や長時間座ったままの場合姿勢が悪くなりやすいので、日頃から意識が必要です。
また、人は通常口を閉じた状態では、上下の歯が接さないようになっています。もし、口を閉じた時に歯があたるようでしたら、これはTCH(Tooth Contacting Habit)と呼ばれる癖です。人は緊張すると歯をくっつけてしまうものですが、通常1日20分ほどです。しかし、TCHになると持続的に歯をくっつけてしまうようになるのです。
歯は少し接しているだけでも、大きな負担がかかってしまいます。この癖があると、食いしばりも起こりやすくしてしまうのです。

・脱力トレーニング、ストレッチ

Free photo: Sport, Exercise, Stretching, Yoga - Free Image on Pixabay - 1281608 (11383)

首・肩・手足・腰などを伸ばす運動をし、筋肉の緊張をほぐします。食いしばりにより首や肩がこる事がありますが、逆に、首や肩がこっていると、食いしばりを起こしやすくなります。
他に肩を上げるイメージで意識的に力を入れ、一気に抜くと行った脱力方もあります。

・寝るときの姿勢

無料の写真: ベッド, 睡眠, 残りの部分, 女の子, 白, 疲れた, 枕 - Pixabayの無料画像 - 945881 (11385)

寝るときの姿勢、例えばつうつ伏せに寝たり、横向けで寝たりすると歯の食いしばりのリスクが高まります。また、枕が高すぎるのも肩こりや顔の筋肉が緊張し、歯の食いしばりが起こりやすくなります。多少慣れなくても、低い枕もしくは枕を使わない睡眠に変えてみましょう。

・ストレス発散

無料の写真: 女の子, 保持, カラオケ, マイク, 音楽, 歌手, 歌, 星 - Pixabayの無料画像 - 15754 (11386)

自分の好きなことをして、ストレス発散をしましょう。特にストレスがたまっていると、自覚していなくても体はストレスを感じている場合があります。毎年5.6月になると、新生活をストレスに感じて、食いしばりの患者が増えると言われています。

歯科医院での治療

・マウスピース

起床時は意識的に上下の歯を離す方法で対応できますが、寝ているときは無意識の為意識的に離す事ができません。
就寝中はマウスピースを入れ、無意識中の食いしばり時のクッションとして使用しましょう。
市販のマウスピースもありますが、市販のものはおすすめできません。なぜなら人にはそれぞれ歯並びや骨格がちがっているからです。歯科医院を受診し、歯型をとり自分に合わせたマウスピースを作ってもらいましょう。

・ボツリヌス注射

無料の写真: 注射器, 錠剤, ボトル, モルヒネ, 小, 針, 液体, カプセル - Pixabayの無料画像 - 1884784 (11387)

あまり聞きなれない名前ですが、どういったものなのでしょうか。
ボツリヌス菌が作り出すタンパク質の作用によって筋肉の緊張を和らげることができ、食いしばりをする際力が入らないようにします。ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので問題はありません。ただし、効果は数ヶ月のため定期的に注射する必要があります。

・噛み合わせの調整

歯の詰め物や銀歯によって本来の噛み合わせからずれてしまう場合があります。この場合は歯科医院で、高さや形を調整してもらいましょう。
また、歯並びが悪く、噛み合わせが悪くなっている場合は歯科矯正をするのもひとつの手です。歯の食いしばりだけでなく、虫歯や咥内トラブルの防止で歯を長く健康に保つことができます。審美的にも人気があります。

まずは歯科医院を受診

さまざまな治療法がありますが、間違っている、自分に合っていない方法を選ぶと効果がでないこともあります。まずは歯科医院を受診し、自分でできる治療については歯科医に相談してから、歯科治療と並行して行うことをおすすめします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

歯の食いしばりが癖になっている方は悩みだと思いますが、就寝中の歯の食いしばりもあるのです。就寝時だけに食いしばりに気づく方も少なく、重症化する方も少なくありません。就寝中の食いしばりを治すためにもその原因と予防法を知って、治していきましょう!
拓也 | 554 view
直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

歯がすり減った、歯が割れた、偏頭痛や肩こりに悩む方はいますか?それは歯の食いしばりからくるものかもしれません。日常はもちろん、就寝中でも歯を食いしばる人は、これが原因で体に様々な不調をもたらします。原因と対処法を知って、上手に直していきましょう!
拓也 | 422 view
なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

夜、寝ていると、もしくは布団に入ったところに歯がズキズキ痛んだことはありませんか?夜中なのでもちろんは医者はあいていません。その就寝中に歯が痛くなる原因と、痛いときの対処法を調べてみました。
拓也 | 10,838 view
歯の食いしばり予防は普段の意識?

歯の食いしばり予防は普段の意識?

歯の食いしばりは生活習慣や、ストレスなどが多く関係しています。自分の歯並びが悪かったり、姿勢が悪い人はなりやすいことを自覚し、少し気にするだけで変わってくるのです。今回は自分が歯の食いしばりをしているのか、歯の食いしばりを起こさないための予防法をご紹介します。
ロクちゃん | 100 view
歯の食いしばりに有効なマウスピースについて

歯の食いしばりに有効なマウスピースについて

歯ぎしりや歯の食いしばりは、すぐにでも治したいものです。解決法として有効なマウスピースについて、詳しく見ていきましょう。今、歯ぎしり・歯の食いしばりを治さないと歯がなくなってしまうかも知れませんよ。
ロクちゃん | 163 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ロクちゃん ロクちゃん