2017年3月5日 更新

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。

2,326 view お気に入り 0

歯並びに対する意識の高まりと実情

歯がガタガタになるのは入る場所が狭いから

歯がガタガタになるのは入る場所が狭いから

歯の数は決まっています。入る場所がせまいと押し合いへし合い…
周りに矯正されている方はいらっしゃいますか?
筆者が子供の頃(1970年代)は矯正をしている人をみかけることはほとんどありませんでしたが、最近では子供も大人も時々お見かけします。

長い間、日本では歯医者さんはやむを得ず虫歯の治療にいくところでしたが、この30-40年の間で「予防」のために定期的に歯医者さんへ行く人も増え、審美や矯正の専門歯科が増えてきました。
しかし、日本人の矯正する人の割合はまだ低いそうです。
「治療したいと思う」人の割合は、日本54.2%・アメリカ79.3%・中国85.3%となり、日本は海外に比べて矯正治療率・治療意向ともに低いことが明らかとなった。
日本人は矯正になかなか踏み出しにくいようです。

日本人は歯ならびが悪くなりやすい?

もともと日本人は歯並びが悪くなりやすい人種だそうです。日本人の民族の生い立ちから歯並びについての考察です。
残念ながら東洋人の中でも比較的、日本人は歯並びが悪い方です。それには理由があります。その前に、まず日本の民族の生い立ちを知ると納得できるでしょう。
<中略>
日本人の中でも弥生人の大きな歯の遺伝子と、縄文人の狭いアゴの遺伝子を受け継いだ人は、乱杭歯(歯並びがでこぼこの状態)や八重歯になり、弥生人の広いアゴと縄文人の小さい歯の遺伝子を受け継いだ人はすきっ歯になる傾向が強いのだといわれています。
日本人の歯並びが悪くなりやすいということも、歴史的にこういう理由が考えられることにも驚きです。縄文人と弥生人はあごの大きさも違うルーツの人種なんですね。

外国人から見た日本人の歯並び

歯並びの悪い人が多いことにびっくり

歯並びの悪い人が多いことにびっくり

歯並びがよくなくても日本ではさほど驚かれませんが、外国に出たときに多少、苦労することがあるかもしれません。
調査は日本に住む外国人100名を対象に、2012年3月、在日外国人向け雑誌の読者モニターへのアンケート調査という形で実施した。日本人の歯並びに対する印象について聞いたところ、「日本人は歯並びが良い」と回答した人はわずか4%。一方、76%が「歯並びが悪い」と回答している。「先進国で最低」、「ひどさに驚く」、「なぜ治さないのか」といった声も多く寄せられた。
歯並びは見た目の問題だけではないことを知っていれば、「なぜほう放っておくのか」「放っておいたのか」と思われているのかもしれないですね。

”八重歯はかわいい”というのは日本人だけの感覚

残念ながら、先進諸国の中で八重歯が好意的に見られているのは日本だけのようです。
筆者も八重歯の人をかわいいと思うこともありますので、その感覚を否定するわけではありません。

しかし八重歯は歯列に入りきれず、飛び出して他の歯と重なって噛み合わせが悪くなってしまった歯。歯磨きがしにくく、いずれ虫歯や歯周病になりやすいデメリットの方が大きいので「かわいいから」と言わず早いうちに矯正することをお勧めします。

では、”育ち”とはなんでしょうか?

実はある程度は子供の頃からの生活習慣を気を付けることで歯並びをそろえることができるのです。
行儀よく並んだ歯は気持ちいい!

行儀よく並んだ歯は気持ちいい!

”歯の育ち”がいいと身体も健康に育ちます。
確かに先天的要素や遺伝の影響もあり、100%子育てだけで歯並びのよい子に育てることはできません。けれど、あごの骨や歯列の幅を大きくきれいに育てる食生活や姿勢、生活習慣病などは、親の心構えひとつでできるものなんです。
子供の顎の発達にいい食事や生活をすることで歯並びを”育てる”ことができるんですね。
0歳の時点から親のほんの少しの努力によって、大きく変わってきます。
姿勢が大きく歯並びに影響を与えているのです。
そして、姿勢は返事や挨拶など子供たちのエネルギーにも大きくかかわってきます。
姿勢は運動などでいい姿勢に近づけることは可能です。
良い歯並びを作ろうと思ったら、良い姿勢でいることが大事なのです。
歯並びは姿勢と密接なつながりがあるんですね。
姿勢がよい←→歯並びもよい
歯並びが悪い人が、姿勢をよくすることでも口内や顎に良い影響がでそうですね。
姿勢が悪い原因が咬み合わせにあるケースでは、姿勢をまっすぐにする訓練さえすれば、姿勢が改善されるのはもちろん、あごのずれも軽くなってきます。まさしく、子どもの体は粘土のよう、生活習慣を正しくするだけで、どんどんいい方向に成長します。
姿勢をよくする訓練=姿勢よく”育てる”とあごのずれも軽くなるんですね。
好感度があがる上に自分も健康になるなら一石二鳥、いや三鳥です。

まとめ

歯の健康は体の健康

歯の健康は体の健康

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”
これは一般的には治療を受けさせる”経済的余裕”を指しているのだと思われていますが、いろいろ調べているうちに、単純にそのお金のことだけを意味するのではないなと感じました。

小さいころから歯に気を付けて生活をし、予防や治療を受けさせることは、

1.将来にわたって身体全体の健康のもとになること
2.性格も前向きになること
3.歯並びは姿勢とつながっていること
4.社会的(対人的)にも受け入れてもらいやすくなること

という、歯ならびだけでなく歯のメンテナンスは自分にとって大事なものだ、という”よい知識を育てる”ことなのですね。

もちろん、歯並びが悪くても人柄の良い方・裕福な方もいますし、逆もしかりです。
言葉に振り回されるのではなく、歯並びの大事さをしっかり子供たちに伝えていけるといいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 437 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 142 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 411 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 265 view
第一印象って大切!歯並びが悪いと印象が悪いって本当なの?

第一印象って大切!歯並びが悪いと印象が悪いって本当なの?

人の第一印象って意外と大切で、その後の人間関係にも影響してくる場合もあるんです。それでは歯並びが悪い場合の第一印象ってどうなんでしょうか?第一印象だけが良ければいいわけではありませんが良いにこしたことはないですよね。歯並びと印象の関係についてご紹介いたします。
なつき | 312 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

麻衣 麻衣