2017年3月6日 更新

【子供の歯並びが心配なママ必見!】子供のぐらぐら歯に対する歯医者さんの見解とは?

小学校に入学する前になると多くの子供の歯がぐらぐらしはじめ、不快感を訴えるものです。また将来の歯並びのために歯医者で抜くべきという声と、自然に抜けるのを待つべきという声がありますね。個人差がある子供の成長や性格も含め、ぐらぐら歯への正しい知識を身につけましょう。

84 view お気に入り 0

「ぐらぐら歯はすぐに抜けない!」が前提

前歯抜けた!|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (79)

まず知っておきたいのは、子供のぐらぐら歯はすぐには抜けないということです。子供がグズるのを目にする度、抜けない時間が非常に長く感じるものです。しかし、ぐらぐら歯には大事な役割があるのです。
乳歯の見た目は小さいのですが、本来は根っこが深くてしっかりしています。グラグラしている期間に少しずつ永久歯が生える準備をするのと同時に乳歯の歯根が溶けて徐々に歯が小さくなり、グラグラする幅が大きくなり抜け替わるのです。
つまりに生えてくる永久歯に位置を示す役割と、場所取りの2つの意味合いを持っています。そこで、ぐらぐら歯を気持ち悪がるお子さんに「大人の大事な歯を待ってくれてるからすぐには抜けないんだよ」と伝えてあげてください。またママ自身もそこを理解しておきましょう。

ぐらぐら歯を放置すると歯並びに影響する」は誤解

Free vector graphic: Dentist, Teeth, Tooth, Happy - Free Image on Pixabay - 158225 (99)

“ぐらぐら歯を放置すると歯並びに影響する“という情報を鵜のみにしていませんか?一理ある部分もありますが、必ずしも歯並びに影響するわけではありません。以下をご覧ください。
早く抜かなければ歯並びが悪くなるということではなく、大切なのは顎の大きさで、ちゃんと永久歯が入るスペースがあるかということ”
歯が生えている歯茎の下には顎があり、そこに大人の歯が生えてくるだけのスペースがないと、当然歯は違う方向に生えがちです。また、歯科医によっては以下の見解をすることもあります。
生え変わるのが遅いと、顎の成長が進んでいるため歯並びが良くなりやすいということもある
歯並びを含め、大事なのは顎の成長であり、その為にはお子さんにしっかり噛んで食べることを勧めたいですね。

ぐらぐら歯が抜けるのにベストなタイミングとは

Free photo: Tooth, Teeth, Eyes, Toys, Dentist - Free Image on Pixabay - 2013237 (100)

ぐらぐらしている歯には抜けるべきタイミングがあります。その為、自然にポロリと取れるのがベストです。それは、ぐらぐらしている歯の下に永久歯が顔を出している時ですが、無理やり歯を抜いてしまうことで起こる弊害も知っておきましょう。
早く抜きすぎると永久歯の生えるスペースが狭くなってしまうこともあります。また、抜いてすぐ永久歯が上がってこないと、永久歯が歯肉に覆われてしまうため、逆に生えるのが遅くなってしまうことがあります。
ただし、素人がぐらぐらの歯が抜けるタイミングを計るのが難しいこともあります。見極めを誤ると逆効果になりますので、以下のような場合は歯科医に相談することをお勧めします。
乳歯がひどい虫歯の場合、永久歯にも影響が出る可能性もあるので、状態によっては早めに抜くほうが良いケースもあります
・グラグラし始めてから2週間ほどたっても取れない時
・痛くて取れない時(奥歯など)
・乳歯が取れていないのに永久歯がわきから生えてきた時
・取った後に乳歯の根が少し残ってしまった時
・取った後、腫れや痛みが続く
歯が抜けにくいときも、また抜けた後に上記のようなケースが起こった時は歯医者を受診しましょう。また下記のような注意点も気に留めておくことも忘れてはいけません。
そのまま抜けずに放置しておくと、永久歯が斜めに生えてしまうケースや、重なって生えた場合にその部分の歯磨きができずに永久歯が虫歯になるケースが多いです。永久歯は生えてから2年位は弱く虫歯になりやすいため、特に注意が必要なのです。

お子さんの状態と気持ちの見極めが何より大事

Free photo: Paternity, Baby, Child Care - Free Image on Pixabay - 633453 (101)

かわいい我が子のことを思うと、歯並びや虫歯など何かと気になるものです。ご紹介してきた通り、「ぐらぐら歯を放置すること=歯並びが悪くなること」とは言い切れません。ただし、お子さんの歯や顎の状態によって一概に言えない部分もあります。

不安な時は上手に歯医者を利用していくことも大切です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供向けの歯の動画・アイテムの紹介と子供向け歯医者の選び方

子供向けの歯の動画・アイテムの紹介と子供向け歯医者の選び方

スマートフォンやパソコンが普及してきた今、子供の歯の教育は昔とは少し変わってきました。スマホを使った教育には賛否両論あるものの、子供に歯磨きや歯の大切さを教えるのに効率的であることは間違いありません。今回はそんな子供向けの歯の教育に最適な動画やアイテムと、子供向けの歯医者の選び方を紹介していきます。
馬場 | 163 view
子供に歯の矯正は必要?歯列矯正の役割や歯医者の選び方

子供に歯の矯正は必要?歯列矯正の役割や歯医者の選び方

子供の歯が生え変わってきて、歯並びが悪いと矯正を視野に入れるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。矯正を経験したことのない親にとってはまさに未知の領域ですよね。そこで、子供に歯の矯正を受けさせるメリットや矯正の役割、歯医者の選び方について解説していきます。
馬場 | 99 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 346 view
【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

歯のホワイトニングは歯医者さんの専門家による施術だけではなく自分でもできることをご存知でしょうか。どちらの場合も事前に知っておきたい注意点をご紹介いたします。
麻衣 | 165 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 397 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

五右衛門 五右衛門