2017年3月6日 更新

歯の食いしばりはストレスのせい? 気になる原因と今すぐ出来る対策

気がつけば、歯を食いしばっている。このような経験のある人は多いと思います。癖だから仕方ないと、放置していませんか?歯の食いしばりを引き起こしているのは、実はストレスかも知れませんよ。ストレスが原因で起こる食いしばりの症状と、その対策をお話しします。

823 view お気に入り 0

歯の食いしばり=クレンチング症候群

無料の写真: 歯, 歯科医, 歯科, 口, 経口, ホワイト, 笑顔, 女性 - Pixabayの無料画像 - 1652976 (3588)

無意識状態で歯を思いっきり強く食いしばる癖を、クレンチング症候群といいます。
これは、ストレスが引き金となることが多いと言われている病気です。
ただの癖だと安易に考えてしまいがちですが、歯を食いしばったときには、
60kgもの力が加わるため、歯と顎に大変な負担がかかるのです。
食いしばりを繰り返すことによって、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。
歯または顎が痛いと感じたことがある人がいるのではないでしょうか?原因として歯に強い圧力がかかっていることが挙げられます。これはストレスによる顎の筋肉の過緊張によるものであり クレンチング症候群と呼ばれています。

どうしてストレスで歯をくいしばるの?

Free Images - Pixabay (4193)

人間はストレスを感じると、無意識のうちに交感神経が緊張します。
顎の筋肉が強張ることで、自然と口元も緊張して、引き締まりますよね。
そうすると、自分でも気がつかないうちにクレンチング(歯の食いしばり)をしてしまい、
歯や歯茎に強い圧力をかけてしまうのです。
クレンチングや歯ぎしりの強さは、日によって異なることが研究で明らかにされ、
心配事があったり疲労した時、つまりストレスを受けた時に強くなるようです。
ストレスを受けると、無意識にクレンチングをするようになり、
歯と歯周組織に耐えられないほどの大きな圧力がかかります。
歯の痛みや、歯の揺れが気になるとき、無意識に行うクレンチングがその原因の疑いがあります。

クレンチング症候群が引き起こすトラブル

Free Images - Pixabay (4217)

強い力で歯を食いしばることにより、
歯や体にさまざまなトラブルが起こる危険性があります。
たとえば、奥歯の痛み、歯がしみる、歯が割れるなど、
歯に重大なダメージを与えてしまうことがあるのです。
また、顎が痛む、肩が凝る、偏頭痛がするなど、
顎の関節や、顎から首、肩にかけての筋肉の過度な緊張によって、
体に悪影響が生じることがあります。
無意識に食いしばり続け歯に加わる力が常習化すると、
次のようなことが人体に起こってしまう可能性があると言われています。

●歯の削れや欠損、亀裂、破折

●歯のグラグラ

●歯周組織にまで負担がかかり、歯周病(歯肉炎、歯槽膿漏)へ

●歯の亀裂から知覚過敏へ

●顎関節症

●肩こり

心当たりのある方、それはクレチング症候群のせいで起こったのかもしれません。

クレンチング症候群のセルフチェック

無償のベクターグラフィック: 深く考え, 心, 質問, 思う, 思考 - Pixabayの無料画像 - 1296377 (4227)

原因不明の歯の痛みや、顎関節症、肩凝りなどに悩まされている人は、
もしかしたら歯の食いしばりが原因かも知れません。
放っておくと症状が悪化し、歯がぐらついたり、
抜歯をしなければならなくなるなどの危険性もあります。
早期発見のためにも、クレンチング症候群のセルフチェックをしてみましょう。
以下の項目に2つ以上当てはまったら、食いしばりや歯ぎしりをしている恐れがありますので要注意です。
▫️ 朝起きると、顎が疲れている感じがする
▫️ 朝起きると、歯が浮いているような感じがする
▫️ 寝ている時、歯ぎしりをしていると指摘されたことがある
▫️ 気づくと歯を食いしばっていることがある
▫️ 頬の内側の歯が当たる部分に白い線がある
▫️ 舌の先端や周囲がでこぼこになっている

クレンチング症候群の治し方

無料の写真: 歯, 歯科医, 歯科, 口, ホワイト, 衛生, 笑顔, 女性, 唇 - Pixabayの無料画像 - 1652937 (4242)

歯の食いしばりは無意識のうちに行っていることが多いので、
まずは「自分は歯を食いしばる癖がある」ことを自覚するところから始めます。
何かに集中しているときほど、食いしばりの癖が出やすいので、
普段から、上の歯と下の歯を噛み締めずに、隙間を作ることを意識することが大切です。
クレンチングをやめるための訓練法

1 唇を閉じて上下の歯が接触しない状態を保つことを常に思い起こし、実行しましょう。

2 ストレッチ運動をしましょう。
筋肉をリラックスさせるよう力を抜いて筋肉をほぐすように伸ばします。
首や手足、腰の筋肉もやってみると良いでしょう。

3 手を思い切り上に伸ばして緊張させてから一気に脱力させましょう。
肩を上に上げられたるだけ上げて、一気に力を抜きます。
筋肉を緊張させてから一気に力を抜くことにより、筋肉が脱力する感覚を体得しましょう。

まとめ

歯の食いしばりはストレスによって引き起こされ、
無意識のうちに習慣化している可能性があります。
虫歯でもないのに、歯が痛い、歯がしみるなど、原因不明の口内トラブルを感じている人は、
ぜひクレンチング症候群のセルフチェックを試してみてください。
あなたの歯も、食いしばりによるダメージを受けているかも知れませんよ。
無意識であるがゆえに、自分の力だけでは治しづらいものです。
放っておくと、歯や歯茎のダメージが蓄積し、歯がぐらついたり、顎関節症などの
深刻な症状を招くおそれがあります。
クレンチング症候群の疑いがある人は、早いうちに歯医者に相談することをお勧めします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ほんとにストレス?歯ぎしりの原因は「生活習慣」かも…

ほんとにストレス?歯ぎしりの原因は「生活習慣」かも…

「歯ぎしり」に悩んでいませんか。マウスガードなどの「対策」はあれど完全に治すのは難しいですよね。ここでは歯ぎしりの原因を見つけ、その影響を軽減するための情報を集めました。
麻衣 | 314 view
歯の口臭の原因になる歯石…口臭対策に必要なことはズバリ『歯石予防』!

歯の口臭の原因になる歯石…口臭対策に必要なことはズバリ『歯石予防』!

口内トラブルとして考えられることはたくさんあると思います。痛みを伴う虫歯は誰もが避けたい症状ですが、痛みは自分だけに負担のかかるもの。意外と多くの方が悩みと考えるのは周りにも影響する口臭です。歯の口臭対策に必要なことは?実は歯石予防にあったんです。
ryosuke | 86 view
あれ?歯を噛むと違和感が…放っておくと危険な歯の痛みの原因5つ

あれ?歯を噛むと違和感が…放っておくと危険な歯の痛みの原因5つ

なんだか歯を噛むと違和感を感じるという方は少なくないはずです。痛みが強いわけじゃなく、噛むと違和感を感じる…痛みを感じるときは不安を覚えるけど、でも毎回痛いわけじゃないから大丈夫?実は放っておくと危険な歯を噛むと感じる違和感の原因は?
ryosuke | 3,736 view
痛いと思ったら…原因は「歯の食いしばり」だった?!痛みの原因と対処法の紹介

痛いと思ったら…原因は「歯の食いしばり」だった?!痛みの原因と対処法の紹介

みなさんは、無意識のうちに歯のくいしばりをしていませんか?歯の痛みがあったり、歯茎が膿んだり、体調を崩したりしていたら、歯のくいしばりのせいかもしれません。今からでも遅くないので、歯のくいしばりを見直しましょう。
そうた | 216 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 146 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるか はるか