2017年3月6日 更新

ゴム(エラスティックス)での歯科矯正ってどんなもの?

まず、歯科矯正というと「痛そう」「辛そう」「見た目が気になる」などマイナスなイメージがある方も多いと思います。近年、医学は日々進化しており、歯科矯正も一昔前に比べれば目立たないもの多く出ていますね。矯正は幼少期のイメージがありますが、大人になってからも矯正は可能です。そんな中で、歯科矯正に使うゴム(エラスティックス)の有用性についてお話したいと思います。

347 view お気に入り 0

歯科矯正でゴム?

Free photo: Teeth, Dentist, Dental, Mouth - Free Image on Pixabay - 1652976 (6234)

矯正治療の補助的役割を担うものの中にも大切なものがたくさんあります。その中の一つがゴムです。日常生活においてゴムはよく使う日用品の一つではありますが、矯正治療でゴム?と首を捻る方も多いのではないでしょうか。ここでは、矯正歯科におけるゴムの有用性についてお話したいと思います。

歯科矯正に使われるゴムの種類

歯科矯正に使われるゴムと一言で言っても、矯正の仕方や期間などによって大きさや硬さの種類がいくつかあります。近年ではゴムの力で強引に引っ張ると言うよりは、弱い力でゆっくり力を加えていくというのが主流みたいですね。
矯正歯科で使用するゴムとは、顎間ゴムと呼ばれている医療用の小さな輪ゴムのことを言います。上の歯と下の歯の矯正装置に跨る形で引っかけて使用します。色々な大きさや太さがあって、太いほど矯正力が強いです。矯正歯科でよく使われるのは60gのもので、力は弱く、そうめんぐらいの太さがあります。最新のものでは非常に弱い力で優しく治療することが可能になっています。

使用上の注意点

Free photo: Adult, Crazy, Expression, Face - Free Image on Pixabay - 19210 (6243)

矯正と同じように24時間つけっぱなしなの?期間はどれくらい?痛くないの?間違って外れて飲み込んでしまったらどうしよう?疑問はいろいろありますね。歯科矯正用のゴムは医療用ラテックスで作られていて、飲み込んでしまっても体に影響はないそうですよ。また、基本は1日の大半つけ続けることによって強制力が得られるそうです。
使用時間が一番大事で、歯を磨くとき以外一日24時間近く使用することによって生理的かつ機能的な力が持続されます。顎間ゴムを外している間に歯が戻っていき、それまで動かした移動量が水の泡になってしまいます。力がかかっていない時間を最小限にするために食事中も出来るだけ使用してください。顎間ゴムは医療用ラテックスで出来ており、食べても身体には無害で排泄されるだけです。大事なことは指示された位置に少なくとも22時間以上は使用し続けるのです。
舌癖も影響するそうです・・・。舌で歯を押す癖が抜けないと、せっかく歯科矯正をしていても歯の隙間は埋まらないのですね。無意識に行なってしまいがちな舌の動きですから特に意識して、日ごろからの注意が必要です。
日頃の舌癖トレーニングやエラスティックスをどのくらい気合い入れて行うか次第で咬み合わせが変わってきます。

どちらかだけ、がんばってもあまり効果は見られませんから

舌癖トレーニングとエラスティックス両方をしっかり行って

サボらず頑張りましょう♪

最後に

【ゴムを付けるのを忘れないようにしましょう!】
ゴムは食事や歯磨きの時以外は着けた状態で過ごしますが、話しにくさもないですし違和感もありません。
ゴムは1日に1回、新しいものに交換。そして食事の時にゴムを外す、そして食事と歯磨きが終わったらゴムを付ける!!というのを忘れないようにしないと、、、。
ゴムを付け忘れたりサボったりすると、ゴムを付ける期間が延びてしまいます!
ゴムでの歯科矯正で大切なのは自分との闘いです。ゴムをつけたまま1日を生活することにいかに慣れるかですね。習慣化すれば忘れることも違和感もなくなってくるのではないでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 66 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 563 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 146 view
まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

何かに顔をぶつけたり、転んで顔を打ったり、堅いものを嚙んだ時に歯が欠けてしまうことがあります。このような災難は突然起こります。正しい応急処置しておかないと、後で大変なことになってしまいます。今回は、そんな急な歯のトラブルに対する応急処置の仕方についてまとめます。
ぶーちゃん | 174 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

がんchan がんchan