2017年3月6日 更新

インプラント手術後の生活を快適にするために守ってほしいこと4つ

インプラントはいわゆる埋め込み手術ですが、手術後は安心というわけではありません。普段通りの生活に戻す前に、いくつか守らなくてはいけないルールが存在します。医療機関や治療した人の生活態度で異なる部分もありますが、特に気をつけたい4つを紹介します。

731 view お気に入り 0

食べ物の硬さに注意!

リンゴをかじる女性|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2)

まずは食事です。食べることはそのまま歯を使うことなので、手術を終えても、しばらくは硬いものを避けてください。ただ食感だけに注意してしまうと、栄養が偏って体の健康に良くない影響が出てしまうこともあります。よって忙しい方がエネルギー補給などに活用しているような、携帯型のゼリーなどがおすすめです。
痛くないからといってお煎餅や肉類などを口に入れてしまうと、食べたものでインプラントの部分が損なわれることもあり、また治療をしなくてはいけません。
術後数日は、ヨーグルトや栄養剤のゼリー・おかゆなど、咬まなくていい流動食的で栄養価が高いものを摂取するようにしてください。
その後、痛み・出血などの症状に応じて、徐々にやわらかいものから普通食へと食事のレベルを上げていってください。
硬いものや刺激物を無理に食べると、傷口が開いて痛みがでたり、治りが悪くなったりするので避けてください。数か月後には何でも食べられるようになりますので、無理せず、楽しみに待っていてください。

飲み物の中でもアルコールは少し待って

Free photo: Brandy, Alcohol, Smoke, Fire - Free Image on Pixabay - 585796 (6)

歯を動かさなければ良いのなら、飲み物は良いのかというとそうでもありません。特にアルコール飲料は、手術直後は厳禁です。
インプラントの場合、個人差こそあれ手術が終わってから2日ほどがもっとも痛くなると言われます。傷口にアルコールを入れて沁みるのは口の中も同じですから、お酒好きの方は我慢が必要でしょう。
インプラント手術後の飲酒については、食事と同様、術後2週間位は控えた方が無難と言えるでしょう。特に、術後3日以内の飲酒は絶対に避けて下さい。
理由は、インプラント手術の傷口は術後2~3日に腫れや痛みのピークがくるため、この間に飲酒を行うと、確実に腫れが大きくなり痛みなどの不快症状も大きくなるからです。
また、術後3日以内の飲酒は傷口も化膿しやすくなりますので、インプラント術後の飲酒は食事以上に、ご自身でよく注意する必要があります。

歯に触れなくてもタバコは控えるべし

Free photo: Cigarette, Smoking, Ash, Habit - Free Image on Pixabay - 1642232 (10)

お酒と並んで嗜好品の代表とも言えるタバコも、インプラントの術後は控えましょう。タバコ自体が害をなすというよりは、喫煙による口内の状況がインプラントに良くないです。というのも、タバコを吸うと唾液が減ってしまうから。唾液が少なくなることで、普段は抑えられていた細菌が増え、インプラントやその周辺にダメージを与えてしまいます。
喫煙によって、お口の中の唾液が減少する傾向にあります。唾液は本来、洗浄・殺菌作用があり、唾液がお口の中にあるからこそ、人間のお口の中に何億と存在する、細菌を制御することができています。しかし、唾液が減少してしまうと、細菌を洗浄・殺菌できず、増やしてしまうのです。
細菌が増えてしまうことにより、歯周病やインプランの周りに炎症を起こしてしまうのです。喫煙者は、非喫煙者に比べ、歯周病やインプラント周囲炎になるリスクが2~6倍もあると言われており、1日に10本以上吸われる方は、特にリスクが増えてしまいます。

うがいも刺激になる

Free photo: Mouthwash, Antiseptic, Mouth, Clean - Free Image on Pixabay - 930617 (15)

最後はうがいです。口の中をすすぐのも、インプラントにとっては刺激の1つになります。特に手術の痕が治りかけの時は、かさぶたを剥がしてしまうこともあり、完治までの時間が延びてしまうことにもなりかねません。歯磨きも同様で、できればインプラントやその付近はブラシでこすらない方が良いです。
インプラント術後2~3日は傷口のかさぶたが剥がれやすい状態です。

傷口からの出血や違和感でお口の中が気持ち悪く感じたり、うがいをしたくなるかと思いますが、この状態で頻繁にうがいをしてしまうとかさぶたが剥がれてしまいます。
かさぶたが剥がれてしまうと傷の治りが悪くなってしまいますので、お食事後や歯磨きの時など、必要な時以外にはうがいは控えて頂いた方が良いでしょう。
うがい薬の使用については歯科医師の判断を仰いで下さい。

まとめ

以上のルールは、いずれも一時的なものです。インプラントがきちんと定着して痛みなどもなくなれば、思う存分食べて飲んで下さい。反面、お酒やタバコは止めざるを得ない状況を利用し、禁酒や禁煙をするのにぴったりかもしれませんよ。インプラントの本数や術後の経過によって制限内容や解除のタイミングは異なりますから、自分の場合はどうなのか、まずかかりつけの病院で確認してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食事や入浴はしても良いの?インプラント手術後に気を付けたいこと

食事や入浴はしても良いの?インプラント手術後に気を付けたいこと

インプラントは、今でこそ非常にポピュラーな手術ですが、手術を受けた後すぐに何でもして良いというわけではありません。食事や入浴、運動など気を付けなければならないことがいくつもあります。ここでは、インプラント手術を受けた後の過ごし方や食事や入浴、運動で注意したいことを簡単にお伝えします。
菜々緒 | 73 view
【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 248 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 901 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 299 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 265 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

だるまさん だるまさん