2017年3月6日 更新

【歯のヤニの原因】やめられない喫煙で歯が黒くなるのはどうして?

喫煙のヤニによって歯に付着したステインは普通の歯磨きでは落とせません。ではどうしたらいいのでしょうか?そもそもヤニの正体ってなんでしょう?ヤニの正体から歯が黒くなる原因、そしてその対処法を見ていきましょう。

52 view お気に入り 0

そもそもヤニって何?

 (2321)

原生動物の細胞の表層部分。細胞膜の直下に様々な裏打ち構造が発達するため、特に重要視される。
歯の表面、エナメル質のほぼ全域を覆う、無色透明な有機質の薄い膜。歯垢とは違い、歯磨きをしても数分後には形成されている。
歯の表面にはベリクルというタンパク質でできた膜で覆われています。食べ物を食べるとその食べ物の持つ色素がこのベリクルと反応して歯に色素を沈着してしまうのです。これがよく耳にするステインというものなのです。タバコを吸うと脂が歯に残りいずれ沈着してステインになるのです。

体だけじゃないヤニの影響

タバコの悪影響がもっとも最初に及ぶのは、口の中です。タバコの煙の中には約4000種類もの化学物質が含まれており、そのうち約200種類が有害物質、発がん性物質が約70種類も含まれているという話もあります。それらの物質が口の中の粘膜から直接吸収されるのです。喫煙が口のガンである口腔(こうくう)ガンや、喉のガンである咽頭(いんとう)ガンを引き起こすこともあるのです。
タバコをやめるのは大変かもしれません。しかし体に発生するがんの他に、口の中に発生するがんも見つかっているのです。歯の汚れだけではなく、実際にがんとして口の中に病気を抱えてしまうのです。
体に発生するがんだけでなく、口の中にもできてしまうなんて、、ちょっと恐ろしいですよね。そうは言ってもなかなかやめられないのがタバコの本当の恐ろしさです。

いつも使ってる歯磨き粉を変えるだけでも効果が。

何をやっても綺麗にヤニを落とせないので半分諦めてしまっていました。
そんな時にインターネットで調べてみると、ネットで購入できるホワイトニング用製品を使用することでタバコのヤニを綺麗に取る事が可能なことが分かりました。
在宅で手軽に始められるので、お仕事が忙しくて定期的に歯科医院に通えないという方も簡単に始められます。
市販の普通の歯磨き粉を変えてもダメなようです。
ホワイトニング用の歯磨き粉を買うのがオススメです。歯医者さんでできるオフィスホワイトニングというものもありますが、通院が大変だという方には、自宅でホワイトニングを試すのもいいかもしれません。歯医者さんでホワイトニングするのは保険が効きませんから、ホームホワイトニングで費用を抑えられるかもしれません。

いっその事タバコをやめてしまう

タバコを吸うと、煙とともにニコチンも体の中に取り入れる事が出来ます。
体内に入って来た後、血液の中に入って脳まで到着すると、脳内からドーパミンが放出される事になるのです。
ドーパミンは嬉しく感じたり心地よく感じる物なので、結果的にタバコを吸うとリラックスできると感じる事になります。
タバコがやめられないのはドーパミンが出るからです。ドーパミンは記憶に残りやすく、ニコチンによる依存が止められた後も、過去にタバコを吸ってっ得られた時のドーパミンの気持ち良さが頭に残っているので再び繰り返してしまうようです。一年以上禁煙できたのに、突然また吸い出してしまったりするのはこのためです。
やめるにはこのドーパミンの記憶を消すほど大きいドーパミンを、趣味や仕事や勉強などで見つけることです。

まとめ

タバコをによるヤニの影響で受ける歯の着色は喫煙者には避けられないようです。
もしタバコをやめられないのであれば、日々の歯磨きによるケアを怠らないことが大切だと思われます。また、タバコをやめた後でも残ってしまう歯の着色は、ホワイトニングの治療をするのもいいかもしれません。いつまでも健康な体と、綺麗な歯を保っていたいですよね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

喫煙はやめられないけど、ヤニ取りの方法ってあるの?

喫煙はやめられないけど、ヤニ取りの方法ってあるの?

喫煙によってできてしまった歯の黄ばみや黒ずみなどの着色汚れ、これって実は落とすのが大変なんです。しかしヤニ取り専用の歯磨き粉があり、それで落とすことができるかもしれません。ヤニがつく原因から探って、ヤニを押す方法を究明しましょう。
napoleon.eldorado | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado