2017年3月6日 更新

銀歯を白く塗る?歯のマニキュアについて知っておきたいポイント

歯のマニキュアって知ってますか?その名の通り、歯の表面を白くマニキュアのように塗ることです。 この方法であれば、今までホワイトニングができなかった銀歯や差し歯などの人工の歯も白く美しい見た目にすることができますし、より手軽な方法として注目されています。 ここでは、歯のマニキュアについて気になっている人へ今すぐに知りたい情報をたっぷりお届けします!

225 view お気に入り 0

歯のマニキュアとは?

Free photo: Nail Polish, Ms, Still Life - Free Image on Pixabay - 1351933 (8954)

歯科のマニキュアとは歯を削ったりする必要無く、今まで気になっていた銀歯や差し歯、さらには神経が抜かれて変色した歯などの、いわゆるホワイトニングが施せない歯も白くすることができる優れた治療法なんです。

歯のマニキュアには歯科医院で行う方法と、自分で市販の物を使って塗る方法があります。
歯のマニキュアとはその名の通り、爪に塗るマニキュアのように、歯の表面に専用の塗料を塗り、白くする方法です。この方法の最大の特徴は、歯を削らずにすぐ白くすることができ、神経のない歯やテトラサイクリンによる変色、差し歯や銀歯にも使用できるというところです。一方で、塗った分歯に厚みがでる、すぐ取れてしまう、メンテナンスが必要という特徴もあります。

歯科医院で行うメリット、デメリット

Free photo: Dentist, Dental Office - Free Image on Pixabay - 1437413 (9139)

歯科医院で行う歯のマニキュアは「ホワイトコート」と呼ばれる治療法で、歯科用のマニキュアを歯の表面に塗布して特殊な光を当てて固めるものです。

メリットとしては持続効果が約1ヶ月程と、市販のものより長持ちする点です。
それから、やはり専門医が行うので仕上がりがきれいです。色も沢山種類があって、より自然で自分の歯に合った色を選べます。

デメリットは費用が市販の物よりは高いことでしょうか。一本2000円〜4000円程かかるので全ての歯に施したらかなり高額になってしまいます。
また一本あたり5分程かかるので、沢山塗るとなると時間もかかります。
剥がすときも自分では剥がせないので、いちいち歯科医院を受診しなければなりません。
歯面コーティング(ホワイトコート)のメリットについて
1、歯を傷つけず行うことができます。
ホワイトコートは、歯を削ったり傷つけたりする方法ではありません。歯を削らないため、痛み等も伴いません。治療方法は、光で固まるプラスチック材をコートするため歯そのものにダメージを与えることはありません。また、コーティングは専用の機器で剥がすこともできます。
歯面コーティング(ホワイトコート)のデメリットについて
1、白さの効果は永続的なものではありません。ホワイトコートによる歯の白さは、治療後永久に続くものではありません。白さが続く期間には個人差がありますが、一般的に一ヶ月~三ヶ月程度と言われています。こちらの期間はお手入れの状態により変わってきます。ホワイトコートが剥がれた後も再塗布が可能なため、は歯科医師までご相談ください。

治療の流れ

[フリー写真] 患者の歯を治療する歯科医と歯科助手でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (11695)

1、まずは医師から説明を受けて納得した上で、十分に相談して色などを決めます。
2、歯の表面に汚れが付着していたらうまくマニキュアがつかないのでクリーニングをします。
3、まずはプライマーという接着剤を塗り、その上からベースコート、トップコートとそれぞれ光を当てて固めながら塗っていきます。トップコートを塗り終わると、艶が出て完成です。
・まずはカウンセリングで、希望を伝えたり、ホワイトコートについての説明を受ける
・ホワイトコート塗布後の歯との差を確認できるよう、口腔内の写真を撮影
・数種類の中から好みの色を選び、1本の歯に塗布して色の確認を行う
・歯のクリーニングを行う
・接着剤のプライマー、色を出すためのベースコートを塗布し、特殊な光を当てて薬剤を固める
・艶を出すためのトップコートを塗布し、特殊な光を当てて薬剤を固める
・施術後の口腔内写真を撮影して終了

自分でやる方法とメリット、デメリット

市販の物で、より手軽に自分で出来る方法があります。
手順としては、汚れや水分を取り除いてからマニキュアを塗るだけですので簡単です。

自分で行うメリットは、やはり費用の安さでしょうか。1商品で2000円〜3000円で、何回か使えますので圧倒的にお得です。
またいつでも手軽に短時間で仕上げることができます。そして失敗してもすぐに剥がすことができます。

デメリットは持続効果が1日程度と短いことです。
また自分で塗るのは色ムラが出来てしまったり、なかなか難しいです。
市販のマニキュアは固い食べ物を食べたりする際に気を付けないと剥がれてしまいます。
メリット
・すぐにできる
・手軽でかさばらず、持ち運びに便利
・リーズナブルな価格
デメリット
・本来の歯よりも着色しやすい
・自然の歯のような透明感はない
・塗りムラが出ることがある
・剥がれてきたりすることがある
・歯磨きで落ちてしまう

まとめ

歯のマニキュアによって歯を削る必要もなく、より手軽に自分の歯を白く見せることができるようになりました。市販の物を使ってお化粧感覚で銀歯を白くできるようになったのも画期的です。
歯科医院で行うか、自分で行うかはメリットデメリットがそれぞれありますので、自分の歯やライフスタイルに合った方法が見つかるといいですね!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

銀歯を白くできるマニキュアとは?

銀歯を白くできるマニキュアとは?

ホワイトニングができないと言われている差し歯や銀歯を白くすることができるマニキュアがあるそうです!マニキュアで歯を白くするには、歯医者さんと市販品の2通りの方法があります。それらを比較しながらご紹介したいと思います。
kyara77 | 177 view
虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

銀歯が嫌だ!という方も多いのではないでしょうか?そして、なぜ銀歯での治療が主流なのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?その訳と、銀歯を使わず白い歯に安く治療できないか調べてみました。
拓也 | 360 view
銀歯を白く変える方法と費用まとめ

銀歯を白く変える方法と費用まとめ

昔は歯を治療すれば、ほとんど銀歯でした。最近は治療しても白い歯の人が増えてきました。以前に治療した銀歯を白く替えたいと思っている人はたくさんいるでしょう。現在、どんな方法があるのか、費用はどのくらいかなど調べました。
musinoiki | 352 view
脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

銀歯での悩みがありませんか?口の中で目立ったり・・できることならばセラミックが良いですよね。真っ白で長持ちするのは知っているのですが・・一番の気になるところはズバリ”値段”ですよね?ということで費用を調べてみました。
拓也 | 340 view
【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

インプラントとは、病気などで失ってしまった歯の箇所に人口の歯を埋め込むことで、より自分の歯に近いに状態まで噛む力などを回復できる治療法です。このインプラントの詳細と魅力についてまとめてみました。
kyara77 | 99 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

pakomi pakomi