2017年3月6日 更新

審美歯科で人気のホワイトニング。気になる費用と効果が知りたい!

真っ白できれいな歯はもはや芸能人やモデルだけではない時代になりました。歯審美歯科でのホワイトニングには何種類か方法がありますが、今回は昨今人気の歯に負担をかけない薬剤を使ったホワイトニングをご紹介しましょう。

108 view お気に入り 0

審美歯科でのホワイトニングの種類

歯のイラスト「健康的な歯」 | かわいいフリー素材集 いらすとや (5744)

今や芸能人だけでなく、審美歯科でのホワイトニングは一般の方にも浸透してきました。アメリカでは男性のビジネスマンも歯の白さはある意味ステイタスとして確立しているほどです。

審美歯科でのホワイトニングは、以前の削って被せ物をするものと違い、さらに手軽に歯の健康を損なうことなくできる薬剤を使ったホワイトニングに変わりつつあります。その方法は3つあります。

1. オフィスホワイトニング:審美歯科で施術し、短時間で効果が得られるもの。
2. ホームホワトニング:自宅で手軽に、時間をかけじっくり施術する方法。
3. デュアルホワイトニング:審美歯科と自宅両方で施術する方法
ホワイトニングは、専用の薬剤を使って歯を白く漂白する施術のことです。歯の表面に薬剤を塗布するだけで、歯にダメージを与えることなく、ブラッシングでは落とせないような色素を除去し、加齢や遺伝的な要因による黄ばんだ歯を美しく白い歯にします。

ホワイトニングにかかる費用は?

Free photo: Piggy Bank, Golden-Saving Sham - Free Image on Pixabay - 1270926 (3199)

オフィスホワイトニングにかかる費用は一般的には30,000~50,000円程度。ホームホワイトニングは20,000~40,000円程度が概ね相場と言えるでしょう。保険外なので審美歯科によって料金は変わり、また極端に安いところでは薬剤の高濃度が低い場合もあるので、その違いをしっかり調べることも大切です。

その他にかかる費用は、下記の4つですが審美歯科によって料金は異なります。

●診察料
●ホワイントニング前のクリーニング代
●薬剤の追加料金
●ホワイトニング終了後のコーティング代
など

そういった点も含めきちんと納得できるカウンセリングを受けることが重要と言えますね。
蓄積した着色を漂白し、あなたの歯本来の白さを取り戻します。より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を健康な状態にしてからホワイトニングを行います。

ホワイトニングの効果は半年から1年ほど

Free photo: Doctor, Dentist, Dental, Clinic - Free Image on Pixabay - 1149149 (3207)

ホームホワイトニングは短期間に白くなりますが、その効果は長くても半年。反してホームホワイトニングは徐々に白くしていくことから1年以上は持続できると言われています。

口内環境や食事・嗜好品(ワイン、タバコ、コーヒー・紅茶など)をどれだけ気をつけるかにも持続期間は違ってきます。せっかくホワイトニングしたなら、これらのものを楽しんだあとには軽くうがいをするなど意識することが長く持たせる秘訣のようです。
ホワイトニングは3ヶ月~1年で元の歯の色に戻ります。ホワイトニングで白くなった歯が黄ばんでしまうわけではありません。健康な歯は食事の際に酸で歯の表面が溶ける脱灰とそれを修復する再石灰化という作用を日常繰り返しています。これによって元々の歯の色に戻るわけであり、色戻りは歯が健康な証です。

ホワイトニングができない場合もある

Free photo: Boy, Child, Sad, Alone, Sit - Free Image on Pixabay - 1666611 (3196)

審美歯科でのホワイトニングには、できないケースもあります。まずテトラサイクリンと呼ばれる抗生物質で生まれつき歯が着色または縦縞ができている場合は結果が出にくいと言われています。次に差し歯などの人工の歯。また特殊な薬剤を使うので極度の知覚過敏がある方や虫歯、歯周病、歯にひびがある方や妊娠中の方にもおすすめできません。
どんな歯でもホワイトニングできるかで言うと、その答えはノーになります。
まず、詰めものや差し歯、いわゆる自分の天然の歯でない場合は、ホワイトニング自体ができません。また、テトラサイクリンが原因で変色してしまった歯は、ホワイトニングの効果が得られない場合があります。

怖がらずカウンセリングを受けてみよう

Free photo: Necklace, Jewelry, Silver, Woman - Free Image on Pixabay - 518268 (3206)

ホワイトニングは今まで気になっていた歯のくすみを一掃し、少々の歯並びをカバーするほど清潔感に溢れた印象に変えてくれます。審美歯科ではあなたの歯の状態にあったホワイトニング法を教えてくれますので、まずはカウンセリングを受けることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉はただ単に使用すれば歯が白くなるというわけではありません。使用時の注意をしっかりと確認してホワイトニングを行うようにしましょう!
Rits | 65 view
ホワイトニング歯磨き粉を使って効率的に白くする頻度や時間は?

ホワイトニング歯磨き粉を使って効率的に白くする頻度や時間は?

私たちは普段から習慣として歯磨きを行っていますが、1日のうち最適な回数や時間などを理解して歯を磨いている人はごくわずかです。ホワイトニング歯磨き粉を使用して効率的に歯を磨く数値はいくらかを説明します。
Rits | 48 view
ホワイトニング用歯磨き粉の効果と歯科で行うホワイトニングとの違いは?

ホワイトニング用歯磨き粉の効果と歯科で行うホワイトニングとの違いは?

ホワイトニングをするにあたって歯科に行かなくても歯磨き粉で十分な効果が出るのであればそちらで済ませたいですよね。実際にホワイトニングをするにあたって両者の効果の違いを見ていきたいと思います。
Rits | 59 view
流行のセルフホワイトニング!果たして安全なのだろうか?

流行のセルフホワイトニング!果たして安全なのだろうか?

現在注目を集めているセルフホワイトニングですが、一方で安全面について心配の声が上がっているのも事実です。施術を受けるにあたっての安全性を利用面から書いてみました。
Rits | 62 view
ホワイトニング歯磨き粉の選び方

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

自分でホワイトニングをしたいけれど歯磨き粉ってどういう基準で選んだらよいのかわかりにくいですよね。ホワイトニング用の歯磨き粉の選び方を説明していきたいと思います。
Rits | 49 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

陽斗 陽斗