2017年3月6日 更新

無意識に歯を食いしばっていませんか?食いしばりの危険性と対策。

朝、目がさめると顎がだるい、歯が浮いているように感じたり、歯全体が痛いといった経験をされたことはありませんか?もしかすると、それは食いしばりによる症状かもしれません。食いしばりを続けていると歯にはもちろん、肩凝りなどの全身にも弊害が起こってきます。しかし、多くの方は自分が歯を食いしばっていることに気づかずにいます。どのような方が食いしばりをしている可能性があるのか。食いしばりをしているとどのような危険があるのか、またその対策までをまとめましたので紹介します。

60 view お気に入り 0

私は食いしばってる?食いしばりをする人に見られる症状

食いしばりをしている方が、食いしばりを治そうと歯科医院に来院されることはあまりありません。歯ぎしりと違い音が出ないことも多いため、周りからの指摘もありません。しかし、違った理由で来院され、結果食いしばりを指摘されるということは多くあります。
それでは、どのような症状がある場合に食いしばりが疑われるのでしょうか。
まず、歯や顎が痛い場合です。自身では歯の問題かと思い来院され、実際には食いしばりを指摘される方が多いようです。
また、頬の裏側で歯と歯のかみ合わせた場所に白く線の入っている方、さらに上顎の中央部分や下顎の内側に骨の隆起がある方は食いしばりが原因の場合が多くあります。
その他、エラ部分が痛かったり筋肉痛がある場合や、歯の頭部分がすり減ってしまっている方、肩凝り、頭痛がある方など。
このような症状がある場合には、食いしばりの可能性があります。
クレンチング症候群自己診断ポイント
上下の歯の噛み合わせ面が磨耗して平らになっている
下あごの内側に骨の隆起がある
上あごの口蓋(こうがい)の中央に隆起がある
歯の外側と歯肉の境目に削り取られたような傷がある
外耳孔(耳の穴)1センチ手前にあるあご関節を押すと痛みがある
あごのエラの部分の筋肉が張っていて、筋肉痛を感じる
歯に接する頬の内側に白い線がある
舌のふちに歯型の圧痕がついている
肩こりがする

なぜ起こる?食いしばりの仕組みとは

食いしばりは肉体的、身体的なストレスが原因で起こると言われ、今のストレス社会の中、歯を有する成人の約60%の方が食いしばりをしていると言われています。
人の噛む力は体重ほどで、人の歯はその圧力に耐えれるようになっています。ですが、通常上下の歯が噛み合うのは食事のときのみで1日に約17分くらいが理想といわれています。
しかし、食いしばりをする方はその何倍もの時間、歯や顎、筋肉に負担をかけてしまっていることになります。そのため様々な症状が現れてしまうのです。

食いしばりを続けていると?食いしばりの危険性

食いしばりをしていたとしても、気づかずにいる方も多いかと思います。もし、前項で記載したような症状があった場合には食いしばりを気にしてみてください。日中でも集中しているときなどに歯がかみ合っているかもしれません。
では、食いしばりを続け、そのままでいるとどうなるのでしょうか。
食いしばりを続けていると歯には相当なダメージがあります。歯が割れたり、詰め物被せ物が外れたり、歯がしみたり、突然歯に痛みが出ることもあります。そして、頭痛、肩凝りも引き起こします。また、顎が開かなくなったり痛みが出ることもあります。さらに歯茎の方にもダメージがあり、炎症を誘発させ、歯周病の悪化させてしまう心配もあります。
頭を抱える女性3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (9395)

食いしばりから歯や顎を守るには?食いしばり対策

食いしばりがを指摘されたり自覚されたら、一番はまずは食いしばりをやめることです。
食いしばりは集中しているときにしやすいので、仕事中、パソコン中や家事でのお掃除、洗い物、編み物などのときに食いしばりをしていないか意識してみましょう。
普段は上下の歯は噛み合わせずに少し隙間があり唇が閉じた状態が理想です。

また、朝起きて顎がだるい方や日中に食いしばりをしていない方は夜、寝ているときに食いしばりをしている可能性があります。その場合は意識して離すことができないため、専用のマウスピース(ナイトガード)を使用します。
このマウスピースは歯科医院で型取りをして作ります。通常は上に装着するタイプが多く、噛んだときのかみ合わせが全ての歯に均等に当たるように調節をします。これにより、食いしばりをしたときにかかる力を全ての歯に均等にかけることにより1本の歯のダメージを抑えたり、片側の顎へのダメージを抑えたり、歯のすり減りを防止する役目があります。
ホワイトニングトレー(解説)|イラストNo.941【歯科素材.com】 (9398)

ブラキシズムへの対応としては、“ナイトガード”と言われる装置があり、これにより歯が擦り減ってしまう事を防いだり、顎の骨を過剰な力から守ります。

最後に...

現代はストレス社会です。そんな中生活していると肩が凝ったり頭痛がしたり顎が痛かったりと、原因がわからずにストレスとして諦めてしまっている方も多いはずです。
この記事を読み、もしかするとその原因は食いしばりなのかも..?と思った方は少し意識したり、装置をつけるだけでそれが改善されると嬉しいですよね。
頭痛や肩凝りがするので食いしばりや噛み合わせを診て欲しいといえば歯科医院では普通に対応してくれます。
また意識するだけで改善する場合もあります。今日からぜひ、食いしばりを意識してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

歯の食いしばりが癖になっている方は悩みだと思いますが、就寝中の歯の食いしばりもあるのです。就寝時だけに食いしばりに気づく方も少なく、重症化する方も少なくありません。就寝中の食いしばりを治すためにもその原因と予防法を知って、治していきましょう!
拓也 | 554 view
直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

歯がすり減った、歯が割れた、偏頭痛や肩こりに悩む方はいますか?それは歯の食いしばりからくるものかもしれません。日常はもちろん、就寝中でも歯を食いしばる人は、これが原因で体に様々な不調をもたらします。原因と対処法を知って、上手に直していきましょう!
拓也 | 422 view
なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

夜、寝ていると、もしくは布団に入ったところに歯がズキズキ痛んだことはありませんか?夜中なのでもちろんは医者はあいていません。その就寝中に歯が痛くなる原因と、痛いときの対処法を調べてみました。
拓也 | 10,838 view
歯の食いしばりにはどの様な治療があるの?

歯の食いしばりにはどの様な治療があるの?

歯の食いしばりは、歯の磨耗や虫歯につながったり、肩こり、頭痛にもつながります。食いしばりは体・歯にとって悪影響でしかないので、早期の治療が必要です。今回は自分でもできる治療法と、歯科医院で受けられる治療についてお話しします。
ロクちゃん | 111 view
歯の食いしばり予防は普段の意識?

歯の食いしばり予防は普段の意識?

歯の食いしばりは生活習慣や、ストレスなどが多く関係しています。自分の歯並びが悪かったり、姿勢が悪い人はなりやすいことを自覚し、少し気にするだけで変わってくるのです。今回は自分が歯の食いしばりをしているのか、歯の食いしばりを起こさないための予防法をご紹介します。
ロクちゃん | 100 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はーちゃん はーちゃん