2017年3月6日 更新

歯の食いしばり予防は普段の意識?

歯の食いしばりは生活習慣や、ストレスなどが多く関係しています。自分の歯並びが悪かったり、姿勢が悪い人はなりやすいことを自覚し、少し気にするだけで変わってくるのです。今回は自分が歯の食いしばりをしているのか、歯の食いしばりを起こさないための予防法をご紹介します。

100 view お気に入り 0
無料の写真: 女の子, 笑う, 顔, 喜び, にこやか, 肖像画 - Pixabayの無料画像 - 102829 (11336)

歯の食いしばりとは

食いしばりとは、クレンチング症候群ともいわれ、上下の歯で強く噛み合わせる事です。通常、上下の歯と歯が接しているのは、食事の時だけで、1日当たりで考えると20分程度です。
それ以外は、上下の歯は1㎜程度隙間を開けた状態で保っているのが正常です。
しかし、食いしばりの癖がある場合は、1日に1時間から2時間、大きな力で上下の歯を噛み合わせる状態になります。
通常の食事等で歯にかかる圧力が40〜50kgに対して、歯の食いしばりは時に200〜300kgにも達することもあります。それだけの力が加われば、歯が欠けたり割れたりすることもある、というのに納得ですね。

歯の食いしばり予防法

無料の写真: ネックレス, ジュエリー, 銀, 女性, 美しい, エレガント, 幸せ - Pixabayの無料画像 - 518268 (11357)

予防するには、まずは 歯を食いしばる原因を知り、そのシチュエーションがきたら意識的に注意をするようにしましょう。緊張する場面に遭遇すると人は、上下の歯を接するということがよく起こります。これは歯の食いしばりの癖がない人でもよく起こることなので、ある程度は心配しすぎなくても大丈夫です。
しかし、上下の歯を接する時間が長くなってくると、歯の食いしばりにつながるTCHという持続的に歯をくっつけた状態にしてしまう、癖になってしまいます。自分が気がついた時に歯を長時間接っしていないか、時々確認するようにしましょう。
次に、ストレスがかかっていないか。ストレスは万病の元であり、歯の食いしばりの原因もストレスのことが少なくありません。身体的ストレス、精神的ストレス、元々歯並びや噛み合わせが悪いことや、放置された虫歯などによる腔内ストレスが原因になります。
他にも姿勢が悪かったり、頬杖をついたりと普段の生活習慣が歯の食いしばりの原因担っている場合もあります。このような癖は、TCHの癖より比較的自分で気づくことが容易なため、普段から良い姿勢を保つことを意識しましょう。
次に、枕についてです。枕が高すぎると想像以上に首や肩に負担がかかっています。
息が一番吸いやすい高さ
目線が天井と一番直角に向く高さ
膝を抱えた時に一番曲がる位置
つばが飲み込みやすい位置
枕を使う時は上記のことを参考にしてみましょう。枕が合っていないと、歯の食いしばりだけでなく身体のバランスが悪くなり、肩こりや腰痛の原因にもなります。

歯の食いしばりの自己チェック

無料の写真: 目, 女性, おかしい, ガラス, 保持, 人間, 分離, レンズ - Pixabayの無料画像 - 15699 (11358)

朝起きると、顎が疲れている感じがする
朝起きると、歯が浮いているような感じがする
寝ている時、歯ぎしりをしていると指摘されたことがある
気づくと歯を食いしばっていることがある
頬の内側の歯が当たる部分に白い線がある
舌の先端や周囲がでこぼこになっている
この項目に2個以上、該当するものがあれば歯の食いしばりをしている可能性があります。自分では、確認しづらい歯のすり減りなど歯科医が見れば一目瞭然の症状もあるので、一度歯科医院を受診することをおすすめします。
頬の内側の白い線や、でこぼこは歯の当たっていた後で、咬合線や歯の圧痕と言われています。長時間歯による圧迫があったことがわかります。

普段からの意識

無料の写真: 子供, 庭, 秋, 再生, 楽しい, 頬, 笑顔, 喜び, 罰金 - Pixabayの無料画像 - 1879906 (11333)

自分は大丈夫などと思わず、少しでも思い当たる節があれば歯科医院で相談してみるようにしましょう。現代社会で増えてきている症状のため、歯科医も対応になれ、改善の道を一緒に探してくれるでしょう。そして、症状が出る前に、歯の食いしばりのリスクを避け、予防することも大切です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

歯の食いしばりが癖になっている方は悩みだと思いますが、就寝中の歯の食いしばりもあるのです。就寝時だけに食いしばりに気づく方も少なく、重症化する方も少なくありません。就寝中の食いしばりを治すためにもその原因と予防法を知って、治していきましょう!
拓也 | 554 view
直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

歯がすり減った、歯が割れた、偏頭痛や肩こりに悩む方はいますか?それは歯の食いしばりからくるものかもしれません。日常はもちろん、就寝中でも歯を食いしばる人は、これが原因で体に様々な不調をもたらします。原因と対処法を知って、上手に直していきましょう!
拓也 | 422 view
なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

夜、寝ていると、もしくは布団に入ったところに歯がズキズキ痛んだことはありませんか?夜中なのでもちろんは医者はあいていません。その就寝中に歯が痛くなる原因と、痛いときの対処法を調べてみました。
拓也 | 10,838 view
歯の食いしばりにはどの様な治療があるの?

歯の食いしばりにはどの様な治療があるの?

歯の食いしばりは、歯の磨耗や虫歯につながったり、肩こり、頭痛にもつながります。食いしばりは体・歯にとって悪影響でしかないので、早期の治療が必要です。今回は自分でもできる治療法と、歯科医院で受けられる治療についてお話しします。
ロクちゃん | 111 view
歯の食いしばりに有効なマウスピースについて

歯の食いしばりに有効なマウスピースについて

歯ぎしりや歯の食いしばりは、すぐにでも治したいものです。解決法として有効なマウスピースについて、詳しく見ていきましょう。今、歯ぎしり・歯の食いしばりを治さないと歯がなくなってしまうかも知れませんよ。
ロクちゃん | 163 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ロクちゃん ロクちゃん