2017年3月6日 更新

老人になってから歯が抜ける原因ってどんなもの?

高齢になるにつれ、歯が脆くなって抜けていくのは避けられないことです。高齢者の歯が抜ける原因も様々であり、それは歯の病気だけでなく顔の骨に関わってくることもあります。高齢者の歯の抜ける原因は具体的にどういったものがあるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

2,277 view お気に入り 0

老人の歯の抜ける原因の多くは虫歯や歯周病

 (8039)

高齢者の歯が抜けやすくなるは、単に老化によってではなく、歯周病が原因となっていることが最も多いと言われています。

歯周病とは口の中の細菌が増殖して炎症が起こったり、歯茎や骨が退縮したりする病気で、その結果として歯が抜けやすくなります。高齢者の場合、免疫力が低下したり、疲れがたまりやすいということもあり歯周病になりやすいのです。

また、ずっと放置していた虫歯がそのまま悪くなり歯が抜けてしまうということも原因として多いといわれています。
高齢者の歯が抜けてしまう最も大きな原因は、老化による衰えではなく、その多くは若いころにきちんと治療をしておかなかった虫歯あとや、歯周病によるものだということがわかってるのです。若いころは、身体の衰えも少なく、回復力もあるので、多少の虫歯や歯の病気は挽回することが可能です。しかし、それをきちんと治療しないで後に残してしまうと、老化によって対処できなくなり、歯への大きな負担となってしまうのです。

老朽化によって歯が抜ける場合

 (8040)

人の歯には「寿命」があります。
歯の寿命が尽きると歯は自然と抜けてしまいます。
どんなものでも限りがあり、必ず老朽化していくように、歯も歳を重ねるにつれて「老朽化」します。

歯の老朽化と歯周病の発症しやすさが重なってくる高齢期は、やはり歯が抜けやすい時期であり、若い時期よりもさらに歯のケアが大切になってきます。
老化によって歯が抜ける原因で、もっとも多いのが「破折」です。はせつ、と読みます。破れる・折れる、という漢字ですので、歯が砕けてしまうような恐ろしい感じがしてしまいますが、分かりやすくいいますと「歯の老朽化」です。

歯も臓器の一部です。何十年と使っていれば、それなりのダメージをうけていると思ってください。これは、神経がある歯でも、ない歯でも起こりうることです。歯はすり減っていくものなのです。

実際のところ、歯の老朽化は、外見だけではよくわかりません。外見は普通でも、ヒビが入っていて突然割れてしまうなんてことはよくあります。これは、神経がない歯ですと、神経がある歯よりも顕著です。

アゴの骨の縮小によって歯が抜けるケース

 (8041)

アゴの骨が縮小することによって生じる歯抜けもあります。
アゴの骨は歯全体を支える役割を持っています。
このアゴの骨が高齢になって、縮小しバランスが崩れてくると歯が抜け落ちてしまいます。
さらに、歯が多く抜けてしまった場合、本来「歯を支える機能」を持っていたアゴの機能そのものも低下し、アゴの骨の縮小に拍車がかかる場合もあります。

高齢者の方の口元がシワシワになっていたり、口のサイズが妙に小さく感じられるのは、抜けた歯だけでなくアゴの骨の大きさも影響しています。
歳をとると、身長が縮んでいきますよね。顎の骨も同じなのです。約1年間で0.1ミリ、10年間だと1ミリです。80歳ですと20歳から60年ですので約6ミリ程縮むのです。年を取って小さくなったと感じるのは、骨の縮みによる影響が実はもっとも大きいかもしれません。

歯の根の長さは、個人差がありますが、仮に根の長さが12ミリだとすると、80歳では、骨に埋まっている根は、約6ミリ。どうしても浅くなってしまうのです。これに加えて、咬みあわせの病気、咬合性外傷などが加わると歯が炎症を起こして抜けてしまう場合もあります。

まとめ

 (8042)

若いうちはまだ大丈夫かもしれませんが、年齢を重ねるにつれて骨の強度が弱くなったり、免疫力が低下したりと、歯が抜けてしまう要素が着実に増えていきます。

「老人になってから入れ歯にはなりたくないな・・・」と思ってしまう方もいると思います。
だからこそ、若いうちからの日々の歯のケアが大切です。
また、高齢になって歯が抜ける原因についての詳しい知識を今のうちに理解しておくことで、予防対策も立てやすくなるでしょう。

高齢になってからもできるだけ丈夫な歯を保てるよう、今できることはしっかりとやっていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

老人になっても食事を楽しみたい!そのために大切なのは歯。

老人になっても食事を楽しみたい!そのために大切なのは歯。

人生の楽しみのひとつは、美味しく食事をいただくこと。それはいくつになっても変わりません。歳をとっても食事を楽しむために欠かせないのが歯です。老人になっても食事を楽しめるような“歯”作りをしましょう。
| 164 view
老人が歯をカチカチさせる原因とは?治療法もご紹介♪

老人が歯をカチカチさせる原因とは?治療法もご紹介♪

あなたの周りに、歯をカチカチと鳴らしている老人の方はいませんか?病院に行くほどでもないけど、一緒にいると、どうしても気になってしまいますよね。今回は歯をカチカチさせる原因と、治療法についてご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。
ぶーちゃん | 3,135 view
私達が気をつけてあげたい☆歯が悪い老人のための食事のルール

私達が気をつけてあげたい☆歯が悪い老人のための食事のルール

若い頃は丈夫な歯を持っていても、老人になると歯に色々なトラブルが起きてきてしまいます。歯が悪い状態の老人も多く、食事がまともにとれないことも。高齢になるとどうして歯が弱くなるのか、そしてどのような食事内容がいいのか。まとめてみましたので、参考にしてみてください。
ばぁーさん | 428 view
歯がない老人の食事はどうすればいいの?柔らかい食事を作る際のポイント

歯がない老人の食事はどうすればいいの?柔らかい食事を作る際のポイント

歳を取って歯が抜けてくると、固いものはどうしても食べにくくなります。そこで食材を柔らかく調理する必要が出てきますが、こうした高齢者の食事を作る際には注意しておきたい点がいくつかあります。歯がない老人向けの食事のポイントについて見ていきましょう。
達也 | 6,999 view
老人の歯がない場合、食事はどうすれば良いの?

老人の歯がない場合、食事はどうすれば良いの?

年齢が重なるごとに歯が抜けてしまったり、虫歯で歯を抜く羽目になり歯がない状態になってしまう方いますよね。入れ歯ばかりという老人の方も少なくないでしょう。そんな歯がないご老人にも、食事は健康のために必要不可欠な物。歯がない老人のための食事はどのようなものがあるのかご紹介します!早速、試したいメニューがあるかもしれませんよ!
choco | 1,026 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ