2017年3月6日 更新

健康な歯を保つには欠かせない!おすすめの「デンタルフロス」!

毎食後きちんと磨く事が大切とされている歯磨き。実は歯ブラシだけでは汚れの約50%しか除去できないって知っていましたか?歯磨きの補助用具を上手に使い、綺麗な歯を保ちたいですね。今回は、歯の汚れを取るのに欠かせないデンタルフロスのおすすめを紹介したいと思います。

129 view お気に入り 0

デンタルフロスとは?

[フリー写真] 頬に手を当てて悩んでいる女性社員でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (11658)

デンタルフロスを毎日使っているという人は少ないんではないでしょうか?
健康な歯を保つためには表面の汚れだけで無く、歯と歯の間の汚れ、そして歯と歯茎の間の汚れをも除去する事が大切です。その為に必要なのが、歯ブラシの他に使う補助清掃用具となります。
デンタルフロスと歯間ブラシという名前を聞いた事はある方が多いと思いますが、この二つの違いをご存知ですか?実はこれら、全く違う目的を持っているんです。
デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを取り除くもの。
歯間ブラシは歯と歯肉の間の汚れを取り除くもの。
歯間ブラシは太さもあり使い方に気をつけなければならない商品ですが、デンタルフロスは細い糸状で比較的使いやすいとされています。
デンタルフロスを使って、歯ブラシだけでは汚れを取ることができない、歯間に残ったプラークや食べかすを綺麗にしていきましょう。
デンタルフロスと似た商品で、歯垢ブラシがあります。使う目的が違うので、全く別のものになります。デンタルフロスは歯の間の汚れを取る、虫歯予防の商品です。歯間ブラシは、歯と歯肉の間の汚れを取る、歯周病予防の商品です。

・デンタルフロスの使用目的は 『虫歯予防』
・歯間ブラシの使用目的は 『歯周病予防』

歯間ブラシは使い方を誤ると、歯茎を傷つけてしまうので、歯医者さんから勧められてから使うことをおすすめします。

デンタルフロスの種類

歯ブラシ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (3802)

デンタルフロスといっても、種類がいくつかあります。
まずはその形状ですが、一つは糸巻きタイプ、もう一つはホルダータイプと分かれます。
糸巻きタイプは1本の長い糸がリールに巻かれてプラスチックケースに入っているもので、その糸を毎回使用分だけ切って使います。歯科関係者の人達はこの糸巻きタイプを一般的に使用しているようです。
ホルダータイプはプラスチックの持ち手が付いているフロスの事で、持ちやすく使いやすいので初心者や子供でも使いやすいと言われています。ホルダータイプの中でさらにF字型とY字型があり、F字型は前歯に使い易く、Y字型は特に奥歯の掃除に適しています。

糸部分にも形状の違いがあります。デンタルフロスの糸にはワックス加工がされてるもの、そしてワックス加工がされていないものがあります。更には糸が太いものと細いもの、そして弾力があるものと弾力が無いもの、といったように、様々な種類の糸を選ぶことができます。
デンタルフロスには、ワックス加工が施されているものと、そうでないものがあります。
ワックス加工がされていることで、滑りが良くなり、歯と歯の隙間に通しやすくなるというメリットがあります。そのため、歯と歯の隙間が狭い人は、通しやすいワックスタイプがおすすめです。
また、ワックス加工がされていないノーワックスタイプは、比較的プラーク除去効果が高いとされています。

デンタルフロスをおすすめする5つの理由

説明をする歯科助手 (m015-285) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (3806)

①デンタルフロスを使うのと使わないのとでは、歯垢の除去率が全然違います。歯ブラシだけで磨いた場合は約半分の汚れしか取れないのに対し、歯ブラシとデンタルフロスを組み合わせると約80%もの汚れを取る事ができます。

②歯垢が溜まり易い歯間を綺麗にする事ができ、虫歯や歯周病の予防をする事ができます。

③毎回同じ場所でたくさんの歯垢が取れるのに気づく事があります。そこは噛み合わせの問題などで食べ物のカスが溜まり易い場所。その場所に気づく事ができ、毎回重点的に綺麗にする事ができます。

④歯垢は口臭の原因にもなります。フロスで歯間を清潔にすることで、口臭予防にもなります。

⑤デンタルフロスを使用する際に、フロスが引っかかったりザラツキを感じたらそれは虫歯かも。毎日フロスをする事で虫歯を早期に発見することができます。
虫歯の90%が歯と歯の間から発生します。この虫歯の発生しやすい歯と歯の間は、歯ブラシでは磨きにくいのです。デンタルフロスの習慣がない人はいつも歯の間だけ汚れが残ってしまうので虫歯が進行していきます。歯垢1mg中の細菌の数はなんと約10億!!細菌がひしめいていたまま、一番虫歯になりやすい睡眠時間をすごしていると考えるだけでもゾッとしますね。

一体どれを買ったら良い?あなたに合うデンタルフロスとは

[フリー写真] 歯ブラシを持つ女子高生でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (11659)

歯と歯の間の隙間がほとんど無く、歯がぴっちりと生えている人にはテフロン系フロス(PTFEフロス)をオススメします。PTFEフロスの糸は単一の繊維になっているので狭い歯間でも入りやすいです。

また、低価格で機能的なものを探しているなら、ナイロン素材やポリエステル素材のデンタルフロスがオススメ。もっと機能的で歯垢をしっかりと除去したい人には、広がるフロスをオススメします。これは糸の繊維が広がるように加工されたデンタルフロスで、歯と歯の間に入れると広がりしっかりと歯垢を取ってくれます。少し値段は高めですが、歯垢の除去率を重視したい方にはおすすめです。

その他、色や香りがついているデンタルフロスも最近ではお店で目にすることもできます。パッケージも可愛くポーチに入れて置いても邪魔にならない商品。オシャレに歯のケアをしたいという人には、いいんではないでしょうか?なお、糸にフレーバーが付いているタイプのデンタルフロスもあり、こちらを使用すればすっきりした状態でいられる優れモノ。海外ではミント味やイチゴ味、バニラ味など様々なフレーバーのフロスがあるようですよ。
デンタルフロスの中だけでも、
PTFE素材のデンタルフロス
スポンジフロス(スーパーフロス)
フロス部分がブワッと広がるデンタルフロス
ワックスあり(なし)のデンタルフロス
香りつきのデンタルフロス
など、細かく種類が分かれています。
これほどたくさんの種類のデンタルフロスがあるのは、1人1人歯の状態や、デンタルフロスを使ったオーラルケアに慣れているかどうか、また見た目やコストなど、デンタルフロスのどこを重視しているかが違うからです。

まとめ

デンタルフロスといってもたくさんの種類がありますね。自分の歯に合ったフロスを見つけて毎日口の中を綺麗にしてあげましょう。フロスを使うのは1日1回で充分だと言われています。睡眠中は口内に細菌が増え易いので、寝る前にフロスを使う習慣を取り入れると効果的ですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 511 view
デンタルフロスで歯の詰め物が取れた!考えられる理由と使用時の注意点

デンタルフロスで歯の詰め物が取れた!考えられる理由と使用時の注意点

歯磨き後のデンタルフロスでのお手入れ中に、デンタルフロスが引っかかって歯の詰め物が取れてしまった!という経験をしたことはありませんか?この歯の詰め物が取れた原因とデンタルフロスの正しい使い方をご紹介します。
kyara77 | 546 view
歯を綺麗にするデンタルグッズ「デンタルフロス」の種類

歯を綺麗にするデンタルグッズ「デンタルフロス」の種類

いつになっても白く輝く歯でいるためには、毎日しっかりと歯磨きをすることが欠かせません。ただ、歯ブラシだけでは歯をきれいに保つのは難しく、デンタルグッズがたくさん販売されています。その中でもある程度知られている「デンタルフロス」について、どのような種類があるのかを種類別でご紹介します。
美穂 | 132 view
歯の清潔を保つならデンタルフロス!利用するメリットと痛みを感じる原因を知ろう

歯の清潔を保つならデンタルフロス!利用するメリットと痛みを感じる原因を知ろう

デンタルフロスを使う決断をしたあなた。デンタルフロスは良いものでしょ?あら、痛みがありますか?それはいけません。その痛みの理由を調べてみました。デンタルフロスと上手に付き合えば歯が健康になること間違いなし!
拓也 | 160 view
歯の健康を考えてデンタルフロスに挑戦したものの出血…これって大丈夫?

歯の健康を考えてデンタルフロスに挑戦したものの出血…これって大丈夫?

歯磨きではなく、歯の健康を考えてデンタルフロスを使い始めたあなた。出血したことはありませんか?血が出て大丈夫・・と思いましたよね?そこでデンタルフロスの出血を調べてみました。上手にデンタルフロスを使って歯の健康を保ちましょう!
拓也 | 82 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ばぁーさん ばぁーさん