2017年3月6日 更新

インプラントの上部構造はどんな種類がある?

インプラントをする際に最も気になることの一つが、「審美性」です。インプラントは差し歯やブリッジ治療よりも、その高い「耐久性」や「審美性」が評価されてきました。今回はインプラントの上部構造によって変わる見た目の印象や、費用など気になる情報をお届けしていきます。

209 view お気に入り 0

インプラントの上部構造で変わる見た目の印象とは

 (4474)

インプラントを検討する際には、見た目が悪くならないかということが重要視されるでしょう。
最も審美性を左右するのが人工歯の役割を果たす「上部構造」です。
インプラントの上部構造はその種類だけでもたくさんあります。
上部構造は材質で審美性が大きく異なるもの。近年でもっとも注目されているのは「ジルコニア」による上部構造です。
見た目が自然な歯と遜色なく、強度も高い人工歯になります。
上部構造は一般にセラミックで作られます。

強い衝撃が加わったりすると、まれにセラミックが破損する場合がありますが、本体であるフィクスチャーと骨との結合に問題が無ければ、上部構造の取りかえだけで済みます。

上部構造が外れないようにセメントを用いて付ける場合と、スクリューでアバットメントかインプラント体に付ける場合があります。

インプラントの上部構造のには種類がある

 (4480)

上部構造はたくさんの種類がありますが、今回はより審美性が高い「オールセラミック」と「ジルコニア」について説明します。
「オールセラミック」はより天然歯に近い素材でできており、金属アレルギーを起こしにくい材質でできています。
しかし、割れやすいというデメリットが懸念点です。
「ジルコニア」の上部構造はセラミックより耐久性が強く、より自然な歯に近い材質でできています。
しかし
こちらは少々お値段が高いというデメリットな一面があります。
上部構造がジルコニアの場合
・耐久性:★★★★★
・見た目:★★★★★
・生体親和性:★★★★★

■特徴
<<メリット>>
2009年現在ある歯科素材の中でも、特に美しい歯の色を出せることや、歯ぐきと馴染んで見えるという点において審美性に優れているとされています。また、金属を使わないために金属アレルギーの心配もありません。
柔軟性があるため、噛み合う歯にダメージを与えにくいという特徴があります。
<<デメリット>>
価格が比較的高い場合が多いようです。

インプラント上部構造の取り付け時期はいつ

 (3866)

インプラントは人工歯根を埋入させてから歯茎に定着するまで3ヶ月から6ヶ月を要します。
そのため、歯茎にしっかりと定着が確認されてからアバットメントを取り付け、次に上部構造を取り付けます。
上部構造は人によって形が異なるため、CTやレントゲンから歯型を取った上で取り付けるためアバットメントを装着してから1週間から2週間後に取り付ける場合は多いです。
インプラント治療は、①人工歯根を歯茎の中に埋め込む→②骨肉と人工歯根が結合するのを待つ→③連結部分を着けて人工歯をかぶせる、という大きく3つのプロセスを踏みます。そのうち、②の定着期間には約2~6ヶ月の期間が必要なため、インプラントの治療期間はトータルで3~10ヶ月ほどかかるのが一般的です。

虫歯の治療に比べると「ずいぶん長いな」と感じる人もいると思いますが、インプラントはアゴの骨に穴を開けて器具を埋め込む外科手術ですから、ある程度の治療期間は必要と考えておきましょう。

上部構造は交換できる?

インプラントを長年使用していると耐久性に優れている上部構造でも磨耗や外部刺激からの「破損」や「すり減り」を起こす場合が考えられます。
しかし、現在のインプラント治療であれば上部構造のみを「交換」することが可能になってきました。
そのため、より優れた上部構造に交換するということも可能になります。
歯科技術は日々進歩を遂げているので、一度割れてしまった上部構造でも安心して交換をすることができます。

まとめ

インプラントの上部構造はたくさんの種類があり、どの材質にするか悩んでしまいます。
審美性と耐久性を重視するのであれば「ジルコニア」が現在では最も優れた上部構造です。
価格が少々高いことがデメリットですが、「綺麗に満足した噛みごこち」を実現するには一番いい上部構造と言えるでしょう。
歯医者さんに相談をして、納得ができるインプラント治療にすることが大切です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラントってどうなってるの?インプラントの構造を徹底解説!

インプラントってどうなってるの?インプラントの構造を徹底解説!

インプラントという言葉はよく目にしますが、実際どのような構造なのかきちんと知る機会は非常に少ないです。そこでインプラントとはどのような構造でどのような役割を果たすのか、わかりやすくご紹介していきます。
なみ | 44 view
インプラント手術における腫れについて

インプラント手術における腫れについて

芸能人は歯が命という言葉がありますが、芸能人ではなくても歯は人にとって大切なものですね。食べることでもそうですが、話すときにも笑顔のときにも歯が無いとぎこちないものになってしまいます。歯が無くなっても今はインプラントという手段があり、インプラントをする人が非常に増えています。インプラント手術時に腫れや痛みが生じる不安がある方に、少しでも不安が解消できるようにインプラントの腫れについてまとめました。
明日香 | 145 view
全部の歯をインプラントにすると費用はいくら?全部すべき?

全部の歯をインプラントにすると費用はいくら?全部すべき?

虫歯になってしまって歯を全部インプラントにしたいという方や、芸能人のように白く歯並びもキレイな歯にしたいという方は多いのではないでしょうか。今回は、全部の歯をインプラントにした場合にかかる費用や、そもそも全部の歯をインプラントにするべきかなどをまとめました。これからインプラントをお考えの人もぜひ参考にしてみてください。
明日香 | 2,652 view
抜歯をした後にオススメなのはインプラント?ブリッジ?

抜歯をした後にオススメなのはインプラント?ブリッジ?

虫歯や事故など、何らかの理由により抜歯をすることになってしまったとき、抜歯後の歯をどうするかについてはいくつかの方法があります。その中でもインプラントとブリッジで悩む方も多いようですので、今回はインプラントとブリッジについてメリットや特徴などをご紹介していきます。抜歯をすることになってしまった場合など、参考にしていただければと思います。
明日香 | 198 view
費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 554 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

クッスン クッスン