2017年3月6日 更新

子供に歯の矯正は必要?歯列矯正の役割や歯医者の選び方

子供の歯が生え変わってきて、歯並びが悪いと矯正を視野に入れるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。矯正を経験したことのない親にとってはまさに未知の領域ですよね。そこで、子供に歯の矯正を受けさせるメリットや矯正の役割、歯医者の選び方について解説していきます。

108 view お気に入り 0

子供の歯の矯正は見た目を良くするだけではない

Free photo: Child, Happy, Kid, Cute, Portrait - Free Image on Pixabay - 476507 (4828)

歯の矯正と言うと「見た目を良くするもの」と思われてしまいがちですが、実はそれだけではありません。子供の成長にとって歯並びを良くするメリットは様々あります。

虫歯や歯周病になりにくい口になる

歯並びが悪いと歯ブラシがしっかりと当たらず磨き残しが多くなって虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
お子さんがこれからの長い人生の中で虫歯や歯周病の治療に悩まされたり、歯を失ったりすることなく、一生自分の歯で物を噛み、おいしく食事ができることがどんなに素晴らしいことか想像してみてください。

体の健康的な成長を助ける

矯正をおこなうと「噛み合わせ」も良くなります。咬み合わせは発音や顎の関節、顎の筋肉の発達に影響してきます。
うまく噛めないことで食事がし辛いと栄養が摂れずに体の発育に影響したり、顎の関節や筋肉のバランスが崩れると肩こりや頭痛の原因にもなります。お子さんが健康にすくすく育つためにもお口の機能を最大限に活かすことが重要になります。

「受け口」や「出っ歯」の改善も見込める

受け口や出っ歯を否定するわけではありませんが、上下のあごのバランスが悪いと呼吸への悪影響が出てしまいます。特に受け口を改善するためには6歳~小学校中学年くらいの「一次治療期」が最も適していると言われているので、受け口の子供は早めに矯正を開始したほうが良いでしょう。
下顎前突(受け口)や上顎前突(出っ歯)、あごの曲りなどの場合、歯の問題だけではなく、骨格的な問題が関係している場合が多くなります。その場合には、お顔つきにも影響が出てきます。一期治療では、骨格的に上下のあごのバランスが悪い場合でも、成長を促してバランスを整えることができます。成長期の治療ではこれが一番大きなメリットだと思われます。

将来矯正をする場合に治療を楽にできる

例え子供の頃に矯正をおこなわなかったとしても、少し大きくなった段階で矯正をしたいと言ってくる子供もいるかもしれません。そういった場合、小さい頃に矯正をしておけば抜歯の必要性が無くなったり二期治療の負担や期間を少なくできる可能性があります。
子どものときから歯科矯正治療を始めると、定期的にお口の管理をするため、むし歯や歯周病などの歯科疾患の予防知識も身についてきます。

子供に歯の矯正を受けさせるデメリット

Free photo: Kids, Girls, Crying, Baby Crying - Free Image on Pixabay - 886587 (4829)

子供に歯の矯正を受けさせることで身体的なデメリットはないですが、精神的なストレスになってしまったり金銭面で大きな負担となってしまう可能性があります。
一般的には、乳歯列期( 子どもの歯だけ)の料金は30,000 ~ 200,000 円、混合歯列期( 子どもの歯と大人の歯がまざっている) の料金は、150,000 ~ 600,000 円、永久歯列期( 大人の歯に交換後) の料金は、500,000~ 1,300,000 円とかなり幅があります。

ただし、子どもの歯のときから治療を開始して大人の歯に交換していく場合は、料金の調整をしている医院が大多数だと思います。
費用面もそうですが、子供がどうしても矯正をつけるのが嫌だという場合は考え直すことも必要です。

子供に歯の矯正を受けさせる時の歯医者の選び方

Free photo: Dentist, Dentistry, Orthodontics - Free Image on Pixabay - 998830 (4830)

1.矯正治療の相談において、診療システム、抜歯の可能性、期間、費用など、検査をしなくてもわかる範囲内で大まかな説明はしてくれる。

2.頭部全体(横顔など)のエックス線撮影や歯の模型など、治療前に必要な資料を整え、それに基づいて検査・分析・診断を行い、治療方針について丁寧に説明してくれる。

3.治療をするかどうか迷っている場合に、無理にすすめたりしない。

4.できれば小児歯科、矯正歯科の専門医または認定医であること。
基本的に数年間通う必要があるので「近隣」で、なるべく上記のような歯医者を探してみましょう。少し気まずくてもいくつかの歯科医院をまわって比較してみることも大切です。

まとめ

子供に歯の矯正を受けさせるためには、費用面などでもかなり勇気がいります。しかし、メリットとデメリットを見比べても受けられるなら受けておいた方が良いことは言うまでもありません。子供の歯並びが悪いと思ったら早めに歯医者に相談だけでもしに行くと良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

歯列矯正は時間も費用もかかる大変な決心です。けれど、それを決心させるだけの嬉しい変化があります。それは年齢に関係なく一生涯にわたっての効果です。それぞれの年代で、歯並びが良くなれば何が変わるのかご紹介します。
まき | 159 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 380 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 438 view
【ビフォーアフター】歯列矯正で顔の印象が変わる?矯正のメリット

【ビフォーアフター】歯列矯正で顔の印象が変わる?矯正のメリット

最近では芸能人やモデルさんでもしている歯列矯正。日本では昔からアイドルや女の子の八重歯は可愛いとされてきましたが、近年はそのイメージが変わってきているようです。矯正のビフォーアフターの印象やメリットについて説明します。
pichu2 | 1,802 view
歯医者での矯正について知りたい!基本から最近の傾向までまとめ

歯医者での矯正について知りたい!基本から最近の傾向までまとめ

誰しも多かれ少なかれ歯並びで気になる部分ありますよね。いつかはしてみたいと思いながらも、矯正治療への敷居は高いものです。それは矯正に関する知識に乏しいからかもしれません。歯並び矯正について、基本から分かりやすくご紹介していきます。
| 51 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場