2017年3月6日 更新

笑顔の美しさは歯並びだけでなく「横顔」も大きく関わっていた!

笑顔が与える印象は「歯並び」だけではなく「横顔」も大きく関わってきます。横から見たときの顔のバランス、美しさ、口の出っ張りなど、横顔が与える印象も人それぞれです。近年、ただ単に歯を綺麗にする、整えるだけでなく、それと一緒の「横から見たときの顔のバランス」を矯正したいという人もたくさん増えてきています。

153 view お気に入り 0

「顔の輪郭」こそ美しい顔にとって重要

見上げる金髪の外国人女性(美容)|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (7823)

最近の研究によると、顔の美しさは目や口といった部分だけでなく「顔の輪郭」も相手に対する印象が大きく変わるという結果が出ているようです。
単に歯を矯正するだけでは不十分で、顔の輪郭、横顔が整っていることも審美面で非常に重要であることが分かってきました。

もともと日本人は歯並びの対しての意識が低く、矯正をしても「正面からのみ」を考えていることが多かったようですが、海外の様々な情報が入ってくるなかで若い年代を中心に「歯並びと一緒に横顔(輪郭)のバランス」を整えたいという人たも増えてきています。
では、何が横顔の美しさの「決め手」となっているのでしょうか。実は、「鼻から顎にかけての形」が決め手なのだそうです。ですから美容整形や矯正歯科においは、鼻から顎にかけての形をとても重要視し、ここを結ぶ直線をエステティックラインと名付けて美しさの基準にしています。

横顔の美しさは「エステティックライン」で決まる

西洋人の横顔|イラストNo.665【歯科素材.com】 (7824)

横顔の美しさを決める重要な要素が「エステティックライン(E-ライン)」と呼ばれるものです。
エステティックラインとは、顔を横から見たときに「鼻の先端とアゴの先端」を結んだ線のことをいいます。
この線、ラインが理想的になることで横顔が最も美しい状態になるということです。

「理想のエステティックライン」は西洋人と東洋人で若干違いがあります。
西洋人には西洋人の理想のEラインがあり、東洋人には東洋人の理想のEラインがあります。
東洋人が「西洋人型のEライン」を求めると逆にバランスが悪くなることもあります。
E-lineとは?
横顔の鼻先と顎先を直線で結んだラインのことです。

E-lineより口唇が出ないように矯正治療することで、審美的な変化はもちろんですが、口を閉じやすくなり、それによって口臭予防、鼻呼吸しやすくなるなど、様々なメリットがあります。また、お口まわりの筋肉のバランスも良くなります。

総合的な治療「フェイシャルプラン矯正」

 (7825)

患者さんの歯の状態、歯の動きの良し悪しの状態は個人差があります。
またアゴの骨の大きさ、ずれといったものも矯正に関わってきます。
顔の骨、アゴの骨がずれている場合は歯並びだけでなく、骨格そのものを治す必要もでてきます。

近年は歯並びだけでなく顔の骨格も含めて総合的にプランニングしていく「フェイシャルプラン矯正」が注目を集めています。フェイシャルプラン矯正においては、単に既存の理想形の型枠にはめ込むのではなく、患者さんとよくよく相談したうえでプランニングしていくのが特徴です。

ひとえにエステティックラインといっても「理想のEライン」が自分にとって合わない、むしろ別のラインのほうが自分は好き、といったケースもあります。
そういう場合は一人一人の患者さんの要望・希望に合わせて矯正していきます。
歯列矯正の最終ゴールは、歯並びをきれいにするだけではなく、フェイスラインを含めて口元全体を美しく治すことだと私は考えています。
また不正咬合は、歯だけに原因がある場合と、顎の骨が関係する骨格性の場合があります。
例えば、顎が左右にずれている、下顎が前に出すぎている、あるいは引っ込みすぎているというような場合、口元から顎にかけてのラインには骨格的な問題が深く関わっています。
こうしたケースは、歯並びと共に骨格を治さなければ、本当にきれいなフェイスラインを得ることはできません。

場合によっては外科的手術も必要に

 (7826)

歯を支えているアゴの骨、顔の骨格、歯の噛み合わせが著しくずれていたりバランスが悪くなっている場合があります。
そういう場合は歯の矯正だけでは無理で外科的手術が必要になってきます。
外科的矯正治療を受けられる症状

・下あごが大きく前にでている
・受け口である
・上の前歯が大きく前にでていて下あごが後ろに下がっている(ひどい出っ歯である)
・かんだときに下あごが左(右)に大きく曲がっている(顔が曲がっている)
・かんだときに上あごの前歯と下あごの前歯がかみあわない
・上あごの幅が狭く歯並びがデコボコである
・口の開け閉めの際にあごに痛みがある

このような症状がある方は上あごと下あごのバランスが大きくずれている可能性があり、外科的矯正治療を受けられる可能性があります。

まとめ

患者さん個人では「どんな治療法が最善なのか分からない」ということが多いと思います。
間違った矯正法を選択してしまって理想の横顔に近づけなかった、となってしまうのは悲しいです。
そこでしっかりと事前に病院側と相談すること、カウンセリングを行うことが大切になってきます。

また、その病院の医師側が本当に信頼できる技術を有しているかどうか、矯正について真に正しい知識を持っているかどうかといった点も見極める必要があります。
セカンドオピニオンも活用しつつ自分に合った信頼できる病院を見つけてください。
 (8061)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 438 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 142 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 413 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 265 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,328 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ