2017年2月27日 更新

しゃくれは治せる!?歯の矯正費用と治療法とは?

しゃくれが原因で自分に自信が持てない方が非常に多いです。しかし、しゃくれを美容整形ではなく『歯の矯正』で改善できる可能性があることをご存知でしょうか。しゃくれの原因と歯の矯正の関係をご紹介します。

194 view お気に入り 0

しゃくれの理由?歯の矯正で治るものと治らないものの違いは?

 (10574)

まずはなぜしゃくれてしまうのか、その理由をご説明します。
しゃくれの原因は大きく分けて2つあり、1つめはあごの骨が出てしまう『骨格性下顎前突症』です。
もう1つは幼児期の指しゃぶりや生活習慣による『歯性下顎前突症』が挙げられます。
遺伝的要因、環境的要因、胎生期の発育障害、歯の発育障害、不適当な萌出誘導、口呼吸、舌癖(タングトラスト等)、睡眠態癖、おしゃぶり[3]、低位舌など

骨格性下顎前突症(III級不正咬合)は下顎の姿勢位の異常を原因として生じることがある。下顎骨顆頭が関節窩から絶えず引き離されると成長が刺激されるからである。下顎の機能的な変化は歯の位置にのみ影響を与えるが、呼吸をするためや舌の大きさ、咽頭腔の大きさなどに合わせて下顎が一定の姿勢位をとり続ける場合、顎骨の大きさに影響を与える。下顎前突症は明らかに家系的および人種的傾向が認められ、遺伝的な顎骨の大きさの異常と関連している。

歯の矯正で治るしゃくれとは?具体的な治療方法!

 (10579)

小さなお子様のいるご家庭では「おしゃぶりすると出っ歯になる」なんてことを耳にされたことがあるのではないでしょうか。
まさに幼児期からの習慣が原因でかみ合わせが悪くなり、口呼吸や発音障害を引き起こしてしまいます。
成人に関しては口呼吸や肘を付く癖などが原因となるため、生活習慣に注意が必要です。

これらの後天性とも言えるしゃくれは、歯の矯正で改善する可能性があります。
幼児期の矯正は透明なマウスピースやヘッドギア、永久歯に生え変わってからの矯正は一般的なワイヤー固定式です。
歯の矯正開始時は痛みを伴い眠りが浅くなる場合もあります。
歯科医と相談しながら自分に適した治療プランを立てましょう。
上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)
上顎の骨が異常に発達したため、咬合時に上顎の前歯が下顎の前歯より異常に前の方にあります。これには、単に歯のみが突出している歯性のものと、上顎の骨自体が前突している骨格性のものとがあります。歯性のものでは口を閉じても前歯が口から出ていることが多く、乳幼児期の指しゃぶりや口呼吸などの悪習慣によって生じることが多いといわれています。

歯の矯正で治らないしゃくれとは?治すには外科手術?

 (10584)

あごの骨の形や大きさは遺伝による部分が大きく、歯の矯正を行っても完全に治らない可能性があります。
審美性を明らかに損なう場合、顎の骨を切除する手術のも一つの方法です。
一般的に入院期間は3週間前後ですが、退院後もしびれや腫れが続きます。
外科矯正の目的は…

1.お顔の広範囲(顔面)の審美的な改善
2.噛み合わせ、食べること、発音の正常な回復
3.精神的(心理的)なストレス、コンプレックス等をなくす
4.見た目の印象アップや性格が明るくなる等、社会生活の向上

…以上のように、歯列矯正のみでは解決できない問題を、解決する事が出来るのが外科矯正の特徴です。

しゃくれを治す歯の矯正。気になる治療費は?

 (10592)

残念ながら審美性を高めるための『美容整形』は自由診療となり、保険適用外です。
ただし、歯並びやかみ合わせにより健康を損なう場合『矯正歯科』として保険が適応されます。
しゃくれが健康上問題なしとみなされると、100万円から150万円ほど実費で支払う必要があるようです。
アゴ削り、エラ削り、頬骨削りなどの輪郭形成手術は、全身麻酔下に行う大掛かりな手術であり、様々なリスク、副作用、合併症があります。

主なリスクは、
1.術後の腫れ、痛み
2.術後の痺れ、知覚麻痺
3.気道閉塞による窒息
です。

まとめ

今回はしゃくれと歯の矯正についてご紹介しました。悩んでいる人が多くいる「しゃくれ」は歯の矯正で治るケースがあることがわかりましたね。悩みを抱えている方は、悩まずにまずは歯科医へご相談してみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 376 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 554 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 480 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 434 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 474 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

なみ なみ