2017年3月6日 更新

『理想的な歯並び』ってどんなもの?

歯並びの悪さには個人差がありますが、そこから目指すべき「理想の歯並び」には多くの共通点があります。「理想の歯並びの特徴」を知ることで、今の自分の歯並びが良いか悪いか、または矯正後に目指す理想の歯並びの状態はどんなものかを把握することができます。現役のお医者さんの声を交えて詳しくご紹介していきましょう。

164 view お気に入り 0

まずは歯の並びの全体をチェック

 (3043)

理想の歯並び、または理想の噛み合わせの特徴はたくさんありますが、その前にまずは「全体の歯の並び」の良し悪しを見てみましょう。
永久歯28本がしっかり揃っているか、といった全体的なチェックだけでも自身の歯並びの良し悪しが大まかに見えてきます。
大きく口を開けたときのお口の中全体のチェックポイント

・永久歯28本が揃っていますか?(親知らずを除く)
・親知らずはありますか?
・歯と歯の間にすき間がありませんか?
・きれいな歯列弓を描かず、デコボコしていませんか?

理想的な歯並び

成人の正常な歯列は口の真ん中から1番~7番まで左右に7本ずつあり、上あごに14本、下あごに14本で合計28本の歯があります(親知らず(8番)は含みません)。

歯が揃っていて、きれいな歯列のアーチ(歯列弓)を描いているのが理想の歯並びです。

歯並びが良くても「噛み合わせ」が良いとは限らない

 (3045)

全体的に歯並びが良くても、噛み合わせをしたときに理想形とは違ってるというケースも多々あります。
しかし、この噛み合わせも治療・矯正によって改善することができます。
「理想の噛み合わせ」にも様々なポイントがありますから、是非ご自身の歯の「噛み合わせ」の良し悪しをチェックしてみてください。

下記のチェックポイントのなかで「正中線」という言葉がありますが、これは「中心」という意味です。顔の真ん中を中心にして左右のバランスを確かめてみて下さい。
<治療後に目指す正しい噛み合わせのチェックポイント>
□ 歯の表側のラインに凸凹がない
□ 上下正中線の一致
□ 正中線を中心に歯並びが左右対称
□ 上下の歯が「交互に」しっかり噛み合っている
□ 上下の歯の間に大きな隙間がない
□ 上前歯の先端部分がバランス良く並んでいる(※一直線に並ぶことではない)
□ 歯と歯ぐきの境目のラインが均一であること
□ 歯と歯の間には歯ぐきが山状に入り込んでいる(歯と歯の間に隙間がない)
□ 上前歯のガムラインが見えすぎない(ガムラインがやや隠れ、歯ぐきが見えすぎない)
□ 鼻の先からアゴの先にかけてのエステティックラインが整っている

"割り箸"を使った噛み合わせ自己診断

 (3046)

お医者さんで診てもらう前に、ご自身で歯並びの良し悪しをチェックしてみましょう。
このセルフチェックによって現在の歯並び・噛み合わせの状態をある程度把握することができます。
割り箸を使って簡単に行えるので是非試してみて下さい。
割りばしを使って歯並びのセルフチェック

1.割りばしを噛んで、鏡に映してみましょう。
2.割り箸が水平であれば噛み合わせは正常、傾きがあれば異常です。
3.次いで、割りばしの真ん中に印をつけてみます。
4.中央にある線を口の真ん中に合わせて噛みます。
5.印のある位置に対して、前歯の位置が上と下で違う場合には、左右にずれが生じます。
6.割り箸を左右の小臼歯(奥歯の手前寄り)で噛みます。
7.割りばしに手を触れて、ぐらつきがないか確認します。
どちらかサイドだけぐらつくという場合は歯並びが乱れています。

まとめ

歯の噛み合わせが悪いと、体のほうにもそのバランスの悪さが移ってしまい、頭痛や肩こりなどの諸症状を併発してしまう可能性があります。
また、噛み合わせの悪さ、弱さは、脳や胃腸の働きまで低下させると言われます。
たかが歯並び・噛み合わせといっても、体全体に悪影響を及ぼすので決して軽視できるものではありません。
あなたの体の不調はもしかしたら歯並び・噛み合わせの悪さに原因があるかもしれません。
一度しっかりとセルフチェックをしてみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 448 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 147 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 422 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 272 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,344 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ