2017年3月6日 更新

矯正歯科は転院しても大丈夫?医療費の返金は可能?

基本的に「歯の矯正治療」は数年単位で行われます。同じクリニックに通い、同じドクターと共に治療を進めていくのが普通です。しかし、場合によっては転院を余儀なくされる可能性もあります。たとえば、転職によって引っ越しをしなければならなくなったときなどです。こうした際、これまで通り治療を行えるかどうか不安を感じる方もいると思います。そこで今回は、歯科治療における転院について詳しく説明していきます。

663 view お気に入り 0

転院をしたい場合、まずは主治医に相談を

 (7800)

これまで二人三脚で治療をしてきた主治医に最初に相談をすることが大切です。
「このような事情で転院せざるをえなくなった」という旨を伝えます。
その際どの地に引っ越すか、どの地域での治療を考えているかも合わせて伝えましょう。

それぞれの主治医によっては、近くの同じ系列の病院を紹介してくれることもありますし、その場合はカルテ等の受け継ぎもスムーズに行われることもあります。

医院の方針によっては次の転院先を積極的の紹介してくれるところもあるので、まずは行き着けの病院の主治医としっかり相談して今後を決めてください。
転居が決まったら、まずは担当医に相談しましょう。転居先に近い受け入れ先を紹介してくれる場合もあります。また、転院先でスムーズに治療が再開できるように、今までの治療に関する資料(歯型、レントゲン写真、口腔内写真等)を用意してもらいましょう。
現在通っている矯正歯科の先生に相談してください。
自分が引越す地域を伝えて、おススメの歯科医院を紹介してもらいましょう。
信頼している先生がすすめてくれる歯科医院なら、安心して転院できるのではないでしょうか?それに、その歯科医院と親しい場合は、色々と話をしておいてくれるかもしれません。
そうなれば、引越し先でもすぐに治療を開始できるはずです。

転院先で正しく引き継ぎができないケースも

歯科助手2人に挟まれる歯科医 (m015-260) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (7799)

現在通院している病院と、転院先の病院の治療方針や扱う器具が異なる場合、技術的にそれまでの治療の引継ぎが難しい場合もあります。
同じ系列の病院でない場合、治療方針や治療における担当医の考え方がかなり違うことが多いのです。
そうなると一からまた治療をやり直さなければならないこともあります。

こうした患者さん側のデメリットもあるため、遠方への引っ越しでないかぎり転院を認めないお医者さんもあるようです。
矯正治療は治療期間が長期間に渡ることにより、転居等の理由で通院が困難になり、転院&治療の引き継ぎをするケースも年間に数例あります。転院などの場合、前医との治療方法の相違、費用など問題になります。

転院に際して、治療方法&テクニックの相違が大きな問題となる事があります。矯正治療の場合、使用する装置、テクニック等により、現在装着中の装置が利用出来ない場合もあります。転院の際の大きな障害となる場合があります。  また矯正治療には主に装置を装着して歯を動かす動的期間と、装置を外した後の後戻りを観察する保定期間もあります。動的期間が終了しても矯正治療は終了ではありません。その後の治療まで考えられ転院することをお勧め致します。
転院先の医院でもスムーズに治療ができるよう、これまで通院していた医院から治療のカルテやレントゲン等の資料を用意してもらいましょう。
こうした過去の資料があれば、引き継ぎも容易に行われる可能性も高まります。

これまで支払った費用は返金可能?

 (7801)

支払いのルール、または料金体系、プランといったものは各医院によってそれぞれ異なります。
まだ未治療分の費用が返金される場合もあれば、それが無理な場合もあります。
この点についてもまずは通院している病院の主治医に相談してみましょう。
もし転院先が同じ系列のときは、そのまま費用などの引継ぎも簡単に行われる場合もあります。
費用に関して言いますと、矯正専門医での治療をされている場合、治療費が一から全額かかる場合は、ごく稀なことであると思われます。全額納入されている場合などは、治療の進行状態などにより、前医より、返金などある場合もあります。

セカンドオピニオンを積極的に受けてみる

歯科模型を使って説明をする歯科医 (m015-267) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (7802)

とある病院で治療を始めてみたのはいいけれど、なんだか主治医と相性が悪い・・・今の病院だと不安のほうが大きい・・・そんな方もいると思います。
これは歯科治療に限ったことではなく、どんな分野の医療でもよく言われていることです。

その場合『セカンドオピニオン』を受けることをオススメします。
他の専門医の意見を取り入れることで、現在の治療のあり方が正しいかどうか、それとも不適切なのかどうかを見極めることもできます。
今の病院の治療方針と、セカンドオピニオンの意見がまったく違っていたということであれば、それはやはり問題です。

より正しい治療、より自分に合った治療を行ってくれる主治医・病院に出会うためにも是非セカンドオピニオンを積極的に受けてみて下さい。
セカンドオピニオンを受ける際には、現在の治療状況や歯型などに関するデータを、希望する歯科医院に渡す必要があります。
そのため、治療中の歯科医院にセカンドオピニオンの利用に関して相談した上で、データを用意してもらいましょう。

セカンドオピニオンでも、同じ治療方法が提案されるのであれば、現在の治療方法は適切であることが分かります。
その場合、安心して現在の歯科医院に通うことができますね。

まとめ

歯科医療は長期にわたるものなので、信頼できる病院で受けること、または相性の良い医師と出会うことが重要です。不安や不信感が募ったままでは気持ちよく治療を続けられません。
何か引っかかるところがあればセカンドオピニオンを活用しつつ、本当に自分に合った治療先を見つけてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 381 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 579 view
【必見】後悔しない矯正歯科の選び方

【必見】後悔しない矯正歯科の選び方

歯の矯正治療は、保険がきかないため、高額になります。また、医師によって治療方針が異なることもあるため、一度始めると他の歯科医院に転院することができません。満足する矯正治療を受けるため、矯正歯科を選び方のポイントをご紹介します。
ぶーちゃん | 154 view
決定版!これが子供の矯正歯科だ!

決定版!これが子供の矯正歯科だ!

『うちの子歯並び悪いかも』治してあげたいけれど、費用や期間、子供への負担など思い浮かぶ疑問はつきないですよね。そもそも歯を矯正するとはどういうことなのか、疑問に思っている人も多いと思います。そこで少しでも解決するようお話しします。
PIkko | 341 view
矯正歯科における治療期間はどれくらいかかる?

矯正歯科における治療期間はどれくらいかかる?

歯の治療をする際、「どれくらいの期間がかかるのだろう?」という疑問を持つ方もいると思います。「あまり長期間の治療になってしまって費用が気になる」と金銭面についても不安が出てくることもあると思います。矯正歯科における治療期間は一体どれくらいかかるのでしょうか? 年齢によって大きく異なるのでしょうか? 詳しく見ていきたいと思います!
あかねっぴ | 124 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ