2017年3月6日 更新

デンタルフロスで歯の詰め物が取れた!考えられる理由と使用時の注意点

歯磨き後のデンタルフロスでのお手入れ中に、デンタルフロスが引っかかって歯の詰め物が取れてしまった!という経験をしたことはありませんか?この歯の詰め物が取れた原因とデンタルフロスの正しい使い方をご紹介します。

533 view お気に入り 0

デンタルフロスってなに?

遠足のおやつを考える小学生の女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (8631)

デンタルフロスは、歯と歯の間の隙間掃除をする道具です。歯ブラシでは届かない場所の食べカスや歯垢などをキレイに取り除くことで歯周病や虫歯の予防をすることができるのです。デンタルフロスはナイロンを束ねた糸のようなもので、ドラッグストアなど身近なお店で購入することができます。2種類のデザインがありますので、自分にあったものを選んで使いましょう。

ホルダー型

持ち手のついたホルダー型のデンタルフロスには、F型とY型の2種類があります。
まずF型のデンタルフロスですが、字のごとくアルファベットの“F”の上二本の間に糸がついていて、前歯のお手入れがしやすい形になっています。
次にY型のデンタルフロスですが、F型同様“Y”の上二本の間に糸がついていて、前歯も奥歯もお手入れができるのですが、特に奥歯のお手入れがしやすい形になっています。そのため、初めてデンタルフロスを使用する方におススメです。

F型、Y型どちらのデンタルフロスも、糸の部分を歯と歯の間の隙間に入れて、上下左右に動かして食べカスや歯垢といった汚れを落とします。

糸巻き型

ホルダー型のような持ち手がなく、指に糸を巻きつけて歯のケアをしていきます。自分の使いやすい長さ(40cm位)にカットするので、ホルダー型と違って常に新しい糸でケアでき、衛生的です。
さらに、ホルダー型に比べると、持ち手がない分低価格で購入することができます。

ただし、デンタルフロスに慣れていない方にとっては、糸巻き型は使いにくいかもしれません。初めての方は、まずはホルダー型のデンタルフロスでの歯のケアをおススメします。

どうして歯の詰め物が取れるの?

えっ!?口臭が気になる男性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (8398)

デンタルフロスで歯のお手入れをしているときに、デンタルフロスが引っかかって、歯の詰め物が取れてしまった!という経験をされる方は多いようです。
この歯の詰め物が取れてしまう原因をご紹介します。

歯の詰め物の中が、虫歯になってしまっている場合

虫歯治療で詰め物をした部分が取れたら、虫歯が進んでいて、中には神経まで取ることになった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。この虫歯こそが、詰め物が取れた原因です。
虫歯によって歯の表面が傷ついたりデコボコになるために、取れやすくなった詰め物にデンタルフロスが引っかかってしまい、詰め物が取れてしまうのです。

このようにまた虫歯にならないために、甘い物を食べすぎないなど食生活に気をつけたり、歯磨きやデンタルフロスなどで口の中を清潔にしておくことが大切になります。

詰め物に使用しているセメントが劣化している場合

虫歯治療では、歯を削った部分に金属の詰め物を入れて、金属が取れないように金属と歯の隙間をセメントで固めます。実は、セメントで固めているといっても、金属と歯がくっついているわけではないので、セメントが劣化してくれば、詰め物は取れてきてしまいます。

詰め物の材質などもありますが、セメントが劣化するには数年かかると言われていますので、治療後日が浅いうちに詰め物が取れてしまったら、詰め物が合っていない場合もありますので、迷わず歯医者さんに相談しましょう。
外れた詰め物や被せ物をそのまま放置してしまうとさまざまな悪影響が出てきます。長期間放置してしまうと歯を残すことが難しくなり、抜歯しなければならない場合もあります。詰め物や被せ物が外れてしまったら、外れたものを持ってお早めに歯科医院を受診しましょう。

デンタルフロスを使う時の注意点は?

「ワンポイントアドバイス!」とアピールするレールスレディ|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (8638)

ホルダー型も糸巻き型も、のこぎりのように前後に動かしながら、歯と歯の間に糸を通して汚れを取っていきます。Y型であれば、左右に動かしながら汚れを取ります。
歯と歯の間から糸を引き抜く時は、ホルダー型であればのこぎりのように動かしながら、少しずつ引き抜きます。糸巻き型で、詰め物に引っかかったりしてうまく外せない場合は、片方の指の糸を外して、上に引っ張らずに、外側にゆっくり引き抜きましょう。

ホルダー型も糸巻き型も、力任せに挿入したり引き抜いたりしてはいけません。詰め物に引っかかるだけでなく、歯茎を傷つけてしまいます。
プラーク除去効果は歯ブラシだけの場合58%ですが、デンタルフロスを併用すると86%にアップします。歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目のプラークをデンタルフロスで一日一回ケアすることでプラークコントロール効果はいっそう高まります。

デンタルフロスはいつ使ったらいいの?

毎日歯磨き!|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (8397)

夜、就寝前の歯磨き後にデンタルフロスで、お口ケアをしましょう。

食事のたびにデンタルフロスを使用した方が良いと思うところですが・・・1日に何度もデンタルフロスをすることで、歯茎の炎症などの原因となってしまったりと、せっかくのお口ケアがマイナスに。

そのため、お休み前の歯磨きとデンタルフロスの併用で、眠っている間のお口の中を清潔にしてあげましょう。眠っている間のお口の中は、唾液の量が減って虫歯になりやすい状態ですので、お休み前の1日1回のデンタルフロスで、虫歯予防の対策としては万全です!!
夜眠っている間は、口の中に細菌が増えやすい時間帯ですから、就寝前の歯磨きの際にフロッシングを取り入れると効果的でしょう。

調べてみてわかった、デンタルフロスの重要性

「そうだ!」思いついた表情の男性(半袖)|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (9130)

虫歯や歯周病などにならないためのお口ケア。
毎日デンタルフロスで歯のお手入れをすることで、詰め物をした歯の虫歯やセメントの劣化といった、歯の異常に早めに気付くことができるのですね。
虫歯予防だけでなく、一度治療をした歯の異常に気づくことができるデンタルフロスは、健康な歯を維持していくために必要不可欠なアイテムですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

歯のホワイトニングは歯医者さんの専門家による施術だけではなく自分でもできることをご存知でしょうか。どちらの場合も事前に知っておきたい注意点をご紹介いたします。
麻衣 | 196 view
歯を綺麗にするデンタルグッズ「デンタルフロス」の種類

歯を綺麗にするデンタルグッズ「デンタルフロス」の種類

いつになっても白く輝く歯でいるためには、毎日しっかりと歯磨きをすることが欠かせません。ただ、歯ブラシだけでは歯をきれいに保つのは難しく、デンタルグッズがたくさん販売されています。その中でもある程度知られている「デンタルフロス」について、どのような種類があるのかを種類別でご紹介します。
美穂 | 124 view
銀歯が取れた!歯医者に行く前に知っておきたい応急処置と治療にかかる料金

銀歯が取れた!歯医者に行く前に知っておきたい応急処置と治療にかかる料金

ガムを噛んだとき、歯を磨いているとき、おせんべいを噛んだときなどにポロっと銀歯が取れてしまう…。そんな経験をした人は多いと思います。 銀歯って実はけっこう取れやすいんです。 取れてしまう原因は色々ありますが、そんなときの対処法も様々です。 ここでは銀歯が取れたときの原因別対処法と、気になる料金について、わかりやすく解説します!
pakomi | 218 view
フロスで歯の詰め物が取れちゃう人に!詰め物が取れる原因と解決法

フロスで歯の詰め物が取れちゃう人に!詰め物が取れる原因と解決法

歯を磨いていたら、、ガキッと硬い何かを噛んだ経験はありませんか?銀歯や金歯、セラミックなどの詰め物が取れてしまうといちいち歯科医を受診しなければならないので大変ですよね。 特にフロスを使っているときに詰め物が取れてしまうことが多いようです。 かといって歯の間は最も汚れが溜まりやすい場所ですので、フロスを使わないと虫歯や歯周病などを引き起こしてしまいます。 「詰め物がしょっちゅう取れてしまう…。」と困っている人へいくつかその原因と解決法を紹介します!
pakomi | 1,479 view
歯の清潔を保つならデンタルフロス!利用するメリットと痛みを感じる原因を知ろう

歯の清潔を保つならデンタルフロス!利用するメリットと痛みを感じる原因を知ろう

デンタルフロスを使う決断をしたあなた。デンタルフロスは良いものでしょ?あら、痛みがありますか?それはいけません。その痛みの理由を調べてみました。デンタルフロスと上手に付き合えば歯が健康になること間違いなし!
拓也 | 151 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kyara77 kyara77