2017年3月6日 更新

大人になってからの歯並び治療・・・その特徴・メリット・費用は?

歯並び治療というと子供がするものというイメージがありますよね。データ上でも歯列矯正を行っている人の7割が19歳以下となっています。しかし現代では30代以上からの歯列矯正も珍しくありません。そこで今回は、大人になってからの歯列矯正の特徴やメリットなどについて詳しく見ていきたいと思います。

41 view お気に入り 0

大人の歯列矯正の目的

 (2198)

大人になってから歯並びを改善したいと思う人の多くは、外見(審美的な面)を改善したいという目的を持っています。
子供の頃から歯並びの悪さが気になっていたけど放置していた、社会に出てからは歯並びの良し悪しを気にするようになった、人づきあいが多いので改善したいという気持ちが強くなったといった理由です。
歯並びを改善することで外面的により気持ちよく生活をしたい、そうした意識が日本でも徐々に広まってきているようです。
大人の歯列矯正の大きな特徴は、審美的な面での改善を本人が強く希望されて治療を開始するということです。出っ歯や、受け口、八重歯など、いつも口元を気にして生きてきた、子供の頃から歯並びがコンプレックスだったという方が、自分を変えたい、歯並びを気にせず思いきり笑いたい、と言って治療を始められます。

自分のお金で治療できるということも、やる気を出すことにつながります。
子供の時期には、本人の希望よりも周囲の希望で治療を始める場合が多く、せっかく成長期の良い時期に歯列矯正治療を始めても、治療の進み方が悪い場合があります。
しかし、自分の意志で、美しい口元を目標に歯列矯正治療に望む大人の場合は、治療に協力的で、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。

大人の歯列矯正と子供の歯列矯正の違い

 (2199)

歯列矯正といっても子供の時に行う歯列矯正と、大人になってからの歯列矯正とではやはり違いが出てきてしまいます。
特に大人と子供では歯の筋肉(組織)や骨の大きさの違いから、子供の歯列矯正と比べるとより時間がかかったり、場合によっては外科的治療なども必要になってきます。
どれくらいの時間がかかるかなどは、それぞれの歯の状態、または各クリニックの方針の違いによっても異なりますから事前にしっかりとカウンセリングを行ってもらいましょう。
乳歯列期および混合歯列期の矯正治療のことを「1期治療」といい、永久歯が全て生えそろった状態の治療を「2期治療」といいます。ですから、大人の矯正は永久歯列が整った2期治療のみになります。

永久歯が全部生えそろった状態で始める矯正を2期治療といいます。
矯正治療を始めるのに遅すぎるということはありません。歯は何歳からでも動きます。何歳から初めても良いかみ合わせ、より美しいスマイルとプロファイル(横顔)を得ることができます。2期治療の治療期間目安は約2年です。
●歯の移動は、歯の根と歯槽骨(歯を支えている骨)の間で生じる組織変化によって起こるという点では、大人も子供も違いはなく、大人でも子供でも同じように矯正を行えます。
●子供に較べると、矯正力に対する組織の反応が遅いため、歯の移動には時間がかかることがあります。
●顎の成長は見込めないため、歯並びを整えるために抜歯が必要な場合があります。
●顎の骨の位置を改善しなければならない症状の場合に、外科的矯正治療が必要になることがあります。

大人の歯列矯正の機能的メリット

 (2201)

大人になってからの歯並び改善のメリットは、単に外見的なものだけではありません。
もう一つの大きなメリットとして「噛み合わせの改善」が挙げられます。
噛み合わせが良いことで生まれるメリット、悪いことで生まれるデメリットはたくさんあります。
大人の歯列矯正では、審美的にだけでなく、このような機能的な改善も実現できるのが特徴です。
大人の歯列矯正治療のメリットは、外見の変化だけとは限りません。 実際には、健康面に及ぼすメリットも挙げることができます。良いかみ合わせを「正常咬合 (せいじょうこうごう)」、悪いかみ合わせを「不正咬合 (ふせいこうごう)」と言いますが、不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身の様々なところに影響があると言われています。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防が比較的容易になる場合もあります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになるので、消化や吸収を助ける可能性があります。

各クリニックで費用をチェック

 (2202)

大人になってからの歯列矯正では、各クリニックによって生じる費用もマチマチで個人差があります。
あくまでその人の歯の状態によって費用も大きく変化すると言ってよいでしょう。
それぞれのクリニックによっていわゆる「プラン」としての治療が設定されている場合もあります。
最初から決まった費用で受けられたり、治療が長引いて延長したらさらに費用を請求されたりと様々なケースがあります。
一度電話で相談してみたり、実際にクリニックに足を運んで料金体系をしっかり確認することをオススメです。
矯正治療を受けたいと思うことはあっても、やはり気になるのは治療費です。前述の調査では、対象者に実際にかかった治療費についても質問しています。図2をみると、「50万円未満」と答え方が全体の42.7%(128名)、「50万円以上100万円未満」が34.3%(103名)、「100万円以上150万円未満」が16.3%(49名)「150万円以上」6.7%(20名)という具体的な回答が見て取れます。調査結果からわかるように、治療費用は、矯正治療希望者の口腔内の状態、必要な治療の種類や期間、医院の支払いのプランの違いなどから、一律にいくらといった金額を算出することは難しいようです。
詳しい金額が知りたい場合には、一度、矯正歯科医のもとで受診されることをおすすめします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 448 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 147 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 422 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 272 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,344 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ