2017年3月6日 更新

どこをチェック?歯医者の正しい選び方とは

皆さんはどのように歯医者を選んでいるでしょうか。家に近いから?家族が通っていたから?しかし、どのような歯医者が“良い歯医者”なのかご存知ですか?やっぱり大切な歯は、自分に合った歯科医師さんに診ていただきたいですよね。今回は良い歯医者の選び方ポイントをご紹介します。 

54 view お気に入り 0

ポイント①「働いてる歯科医師・スタッフ」

Free photo: Zahnreinigung, Dental Repairs - Free Image on Pixabay - 1514693 (103)

歯科医療は日々進歩しています。良い歯科医師さんは、新しい治療法を取り入れたり、セミナーや学会などにも参加し、積極的に仕事をしながらも勉強しています。虫歯の詰め物や、治療したはずの歯がすぐまた痛み出したりする場合は、要注意です。
また、痛かったり、腫れていたりと、患者さん側は不安な気持ちでいっぱいで歯医者に行きますよね。
自分の歯に今何が起きているのか、その歯は今後どのような事が起こり得るのか。 今後どんな治療を行うのか、どのくらいの期間がかかるのかなどしっかりと説明してもらいたいですよね。何をされているのかわからない状況で通うのは誰だって不安なのです。
不安を取り除いてくれるような、それでいてしっかり医師としてのアドバイスができる歯科医師が望ましいですね。
次に、良い歯医者の受付や、歯科助手・歯科衛生士はそれぞれが自分の仕事をてきぱきと責任を持って働いているものです。歯科医師だけの腕が良くても、院内をきれいに保ったり、カルテの管理や器具の消毒は他のスタッフがします。歯科衛生士には口内洗浄をされることもあるかもしれません。受付でも、次回の予約や問診票を書く際などに、対応が良いかどうか見ておきましょう。また、働いているスタッフがよく変わるのは、就労環境が良くないか、何か問題があるからかもしれないので、スタッフの顔を見ておくのもいいですね。

ポイント②「医院内の清潔感」

良い歯医者の医院内は清潔に保たれています。入ったらまずスリッパがきれいに並べてあり、殺菌の設備があるか確認しましょう。いつも使うであろう、ソファーやカウンターにほこりが溜まってはいませんか?床に髪の毛が落ちたままになっていませんか?スタッフや歯科医師が着ている白衣やエプロンが汚れたままも良くありませんよね。
治療を行う場所は、衛生面の管理が重要です。治療器具の消毒はもちろんのことですが、トイレや待合室の掃除がしっかりされていると気分も良いですよね。特にトイレなどは気を抜いてしまう医院が多く、掃除用具が見える位置に置いてあったりします。
訪れた際に不快に思うような歯医者は敬遠すべきかもしれません。また清潔、衛生面に気を使っているということは「新しい」とは違います。少し年季が入った待合室や診療室でも、備品や器具、機材は清潔に管理されていたら問題ありません。

ポイント③「診療・治療に関して」

Free photo: Toothbrush, Toothpaste, Dental Care - Free Image on Pixabay - 571741 (113)

治療にはまず、問診や検査をきちんとして、患者さんの歯の状態とそれにあった治療法を選ぶことが必要です。その治療法を選んだ理由や、根拠等どのような治療をするかの説明も必要です。
今現在の患者さんの歯の状態、そしてこれから行う治療について、レントゲン写真や模型を使って丁寧に説明してくれる歯科医は責任感があり、それは腕に自信がある証拠でもあります。また、治療法の選択肢やそれぞれのメリット・デメリットを説明してくれるかどうかも、その先生を判断する上でポイントとなります。
抜歯治療ばかり進めてきたり、歯は絶対に抜きません!といった極端な選択をする歯科医師もおすすめできません。歯科治療にはどうしても歯を抜かなければいけない場合もありますし、またその逆もしかりです。患者さんの不安を解決してくれ、ベストな治療法を一緒に考えてくれると心強いですよね。
また、歯を抜かずに治療できる場合は、今後の予防方法についても教えてくれる歯科医師を選びしょう。日本ではあまり予防歯科が海外に比べて進んではいません。しかし、一番は虫歯や歯周病などにならないこと。自分の口腔にあった予防法を教えてくれ、歯を健康に保つ補助をしてくれる歯医者を選ぶことが大切です。

まとめ

Free photo: Teeth, Dentist, Dental, Mouth - Free Image on Pixabay - 1652976 (119)

予防と適切な治療があなたの歯を健康に保ちます。一度、いつもと違う医院に行って、違いを見てみるのも一つの手かも知れませんね。初めて行く歯医者でも、今通っている歯医者でもご紹介したポイントをチェックしてみてください。きっとあなたに合った良い歯医者が見つかるはずです!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

歯のホワイトニングは歯医者さんの専門家による施術だけではなく自分でもできることをご存知でしょうか。どちらの場合も事前に知っておきたい注意点をご紹介いたします。
麻衣 | 166 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 258 view
【必見】後悔しない矯正歯科の選び方

【必見】後悔しない矯正歯科の選び方

歯の矯正治療は、保険がきかないため、高額になります。また、医師によって治療方針が異なることもあるため、一度始めると他の歯科医院に転院することができません。満足する矯正治療を受けるため、矯正歯科を選び方のポイントをご紹介します。
ぶーちゃん | 110 view
銀歯が取れた!歯医者に行く前に知っておきたい応急処置と治療にかかる料金

銀歯が取れた!歯医者に行く前に知っておきたい応急処置と治療にかかる料金

ガムを噛んだとき、歯を磨いているとき、おせんべいを噛んだときなどにポロっと銀歯が取れてしまう…。そんな経験をした人は多いと思います。 銀歯って実はけっこう取れやすいんです。 取れてしまう原因は色々ありますが、そんなときの対処法も様々です。 ここでは銀歯が取れたときの原因別対処法と、気になる料金について、わかりやすく解説します!
pakomi | 204 view
目移りするほどの歯ブラシの種類!その選び方について徹底解説します♪

目移りするほどの歯ブラシの種類!その選び方について徹底解説します♪

清潔好きでは世界一とも言われる日本人。毎日お風呂に入って、歯磨きは朝起きて、夜寝る前に、人によってはお昼ご飯の後にも磨いて、1日2〜3回。でも、一度も歯医者さんに行ったことがない人はいますか?虫歯か歯肉炎か歯周病か、何かしらお口のトラブルで歯医者さんへ通ったことのある人がほとんどだと思います。それらの病気の原因、治療、予防におけるキーワードは歯磨きです。でも似たような種類の歯ブラシがたくさんありますよね。せっかくなら、予防や治療に適した歯ブラシを選びたいのではありませんか?そこで歯磨きに使う歯ブラシの選び方について徹底解説します。
サラリー | 36 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ロクちゃん ロクちゃん