2017年3月6日 更新

【種類いろいろ!】比べて選ぶ歯科矯正♪

以前は、歯科矯正というと金属製のブラケットが一般的でしたが、最近は研究が進み、新しい治療法が次々に登場しています。予算や生活スタイルに合わせて最適なものを選びましょう。予算が安く抑えられると言われているものから順に紹介します。

105 view お気に入り 0

金属ブラケット

歯医者の道具|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4086)

<メリット >
・金属(銀色)のため色的には目立つが、ブラケット自体の大きさは小さいため口腔内や唇への違和感(痛み)は一番少ない。
・歯が動きやすい。
・歯への接着が容易なので、どのような歯でも付けやすい。
・たいてい、料金も一番安く設定されていることが多い。

<デメリット>
・色が金属色のため、目立つ。
矯正器具としてもっともポピュラーなのが金属ブラケット。目立つというデメリットはありますが、料金が安い、さまざまな症例に対応できるといったメリットもあります。また、器具が比較的小さいので装着時の違和感が少ないとも言われています。

審美ブラケット

頬に手を触れる女性8|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4091)

一般的に矯正治療というと、銀色でギラギラした口元をイメージされる方が多いと思います。しかし最近では、透明や白色タイプの装置、さらにはワイヤーまで白色で、より目立たせずに矯正治療をスタートすることが可能となっています。

◆ホワイトワイヤーとは
通常のシルバータイプのワイヤーの表面を白色でコーティングした、目立ちにくいワイヤーです。人と触れ合うお仕事をされている方、また若い女性の方などに大変人気があります。セラミックス製の審美ブラケットと組み合わせることで、より目立たないように矯正治療を進めることができる人気のあるオプションです。
審美ブラケットとは、白色や透明で、目立たないように作られたもの。表面を白色にコーティングしたホワイトワイヤーを併用することで、より目立たない治療が可能となっています。特に人と触れ合う職種の方や若い女性に人気があるそうです。

セルフライゲーションブラケット

糸1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4094)

従来の矯正装置は、歯に装置を接着し、ワイヤーを通して、装置とワイヤーをゴムで固定していました。このためワイヤーの張力(ワイヤーで引っ張る力)も大きく、歯にかかる摩擦も大きいため、痛みの原因となっていました。
セルフライゲーションシステムでは、装置にワイヤーの脱落を防ぐためのフタが備わっており、強く固定する必要がありません。また従来よりも弱いワイヤーの張力ですみ、装置とワイヤーは固定されていないので、摩擦も軽減され、痛みが少ないのです。
器具とワイヤーをゴムで固定する従来のブラケットに対し、器具に備えつけられたフタでワイヤーを固定できるようになっているセルフライゲーションブラケット。歯をゆるやかに動かしていくため、痛みが少ないのが特徴です。また、アメリカのデュイット・デーモン博士によれば、急激に動かすよりゆるやかに動かしたほうが生物学的に早く歯が動くため、治療期間も短くできるそうです。ただし、審美ブラケットよりは多少目立ちやすく、価格も高価です。

マウスピース矯正

マウスピース式のホワイトニング|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4098)

とにかく目立たない
透明で歯の形に沿っているため、気づかれることがない。
これが最も大きなメリットで、やはりサービス業や若い女性の方などは、断然マウスピースをおすすめします

制限がほとんどない
通常の金属ブラケットは、食事後必ず食べ物が詰まる。
気軽にお菓子を食べれない、試食できないなど、制限がかかります。
マウスピース矯正は、食事は装置を取り外すことができるので、自由に食べることができます。

歯を動かすことへの痛みが少ない
矯正は痛い。と聞いていて覚悟していましたが、マウスピースの場合はほとんど痛みがありませんでした。
マウスピースを2週間に1回新しい物に交換しますが、新しい物にすると若干の痛みはあります。
しかし、私的にはほとんど気になるほどの痛みではなく、痛み止めも飲みませんでした。

矯正器具の痛みがない
今回金属ブラケットをして気が付いたことですが、マウスピースは装置自体には痛みが全くありません。
金具が飛び出したり、何かが引っかかることもないので、ストレスがありません。

お手入れがしやすい
食事するときはマウスピースは外すので、普通の歯磨きをすれば歯の清潔はOKです。
その後マウスピースを歯ブラシでこすり水洗いすれば、いつでも清潔感があります。
着脱可能なマウスピースを使う治療法です。金属ブラケット治療とマウスピース治療を両方経験した方によれば、後者の方が痛みが少なかったそうです。器具自体は透明なので目立ちにくく、食事のときなどには取り外せるというメリットもあります。ただし、決められた装着時間は自分できちんと守らなければなりません。また、マウスピースでは対応できない症例もあると言われています。

ハーフリンガル矯正

医師と受付スタッフと患者5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4102)

ハーフリンガルとは、上下顎すべてを裏側に装置をつけるフルリンガルとは異なり、上の歯は裏側に、下の歯は表側に矯正装置をつける治療法です。 上の歯にしか裏側に装置をつけないので、比較的装置が目立たず、発音や舌への不快感も軽減できます。「装置が多少見えてもいいけど快適に矯正したい」 という方のニーズにお答えします。
通常は歯の表側に器具を装着しますが、裏側に器具を取り付けて矯正する方法もあります。上下両方とも裏側に器具を付けるのを「フルリンガル」、上の歯は裏側に、下の歯は表側に付けるのを「ハーフリンガル」といいます。裏側矯正は料金が高いというデメリットがありますが、ハーフリンガルならフルリンガルよりは安く抑えられます。

裏側矯正

白人女性 顔パーツ口元30|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4106)

裏側矯正(舌側矯正)とは、通常の矯正では歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療です。
熟練した裏側矯正歯科医の場合、表側からの矯正治療も、裏側からの矯正治療もほぼ同様の結果を得ることが出来ます。
裏側からの矯正を希望する場合、見えない矯正、ということが他とは比較出来ない、大きなメリットとなっていることと思います。
もっとも目立たないのが裏側矯正。表側矯正よりも装着期間中に虫歯になりにくく、舌で歯を押してしまう癖を治すのにも有効と言われています。ただし、前述の通り、予算は必要です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 385 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 585 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 511 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 448 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 490 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ジュリー ジュリー