2017年3月6日 更新

歯のが黄ばんでしまったのはなぜ?実は歯の表面が削れてしまっていたのです。

若い頃は大丈夫だったのに、年を重ねるごとにいつの間にか歯が黄ばんでいた、なんてことありませんか?実は歯の表面が削れ、内部の空が見えてしまっているからかもしれません。今回はその原因と、他にもあった黄ばみの原因を詳しくご紹介いたします。

35 view お気に入り 0

そもそも歯が黄ばんでしまうのはなぜ?

 (1975)

気になる歯の黄ばみの原因は大きく分けて2つあります。
 ひとつは、加齢によるもの。 歯の表面は半透明のエナメル質で覆われていて、その下に象牙質という黄色い層があります。年をとるにつれて、エナメル質は少しずつ薄くなっていき、象牙質の色は、だんだん濃くなってきます。その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて、黄色っぽく見えるようになってくるのです。
 そして、2つめは、食べ物などによる外側からの着色です。
年齢による黄ばみは避けることができません。どうしてもきになる場合は歯医者さんでホワイトニングなどの審美治療による改善を試みるのもいいかもしれません。
一方、食事による黄ばみは改善できるそうです。コーヒー、紅茶、赤ワイン、ケチャップなどの合成着色料など、黄ばみの原因ステインの付着を防げばいいのです。
しかし磨きすぎもよくありません、食後はすぐに歯を磨いてしまうと、唾液による口内の予防機能が受けられません。なので朝晩の歯磨きの時間にきちんと磨く方法をマスターしたほうがいいでしょう。

他にもあった黄ばみの原因

生まれつき歯の色が黄色くなっている方もおられます。
もともと歯の色は人によって生まれつき違うものです。その中でも、遺伝だったり、エナメル質が少なかったり、病気や薬の影響で歯が黄ばんでいるように見えることがあります。
生まれつき歯が黄色くなってしまっているのなら仕方ありません。この場合はホワイトニングなどの特別な治療を受けるといいでしょう。ホワイトニングには歯医者さんでやるオフィスをワイトニングと、自宅でできるルームホワイトニングの二種類あります。
費用や治療期間の違いなど、どちらにもメリットデメリットがあります。ホワイトニングを行う際は自分にあった治療を選ぶように気をつけましょう。

虫歯が原因になる場合も

歯の中の神経である歯髄が死んでいたり、虫歯などの治療で抜いていると歯が黄色く見えることがあります。
歯髄を取ると、歯に栄養分がいかなくなり、ちょっと黒くなることがあります。
原因菌である細菌(ミュータンス菌)は、まず歯に付着して歯垢(プラーク)を作り、食べ物に含まれる糖質を使って酸を作ります。

この酸が、エナメル質の内部から歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし始めます。(これを「脱灰(だっかい)」といいます)
こちらも歯医者さんに行かなければちょっとわかりづらい原因です。上記で説明したように、表面のエナメル質が削れて内部が見えてしまった症例です。
ここまで見て加齢と食事以外にも、生まれつきや虫歯が原因になっていることがわかりました。
しかし生まれつき以外は普段の気遣い次第で黄ばみを防げそうですね。

まとめ

 (1995)

年齢を重ねるごとにどうしても避けられない歯の黄ばみ。これから治す場合、食後に丁寧に歯を磨いていれば、外部から付着する黄ばみを防ぐことができるかもしれません。磨き残しを調べたり、綺麗にできる歯磨き方法を自分なりに考えてみるものいいですね!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯の口臭の原因になる黄ばみ!原因は食べ物以外にもある?

歯の口臭の原因になる黄ばみ!原因は食べ物以外にもある?

歯の口臭が気になる時に自然と鏡で口内チェックすると思います。歯の口臭って自分で感じる異臭と周りが感じる異臭の度合いが違うのでやはり避けたいものですからね。そこで口臭の原因となっているのはやっぱりこの黄ばみ?なんて方に黄ばみの原因と対処法を紹介します。
ryosuke | 101 view
小学生の歯に黄ばみが!黄ばみ歯の原因と正しいケア方法

小学生の歯に黄ばみが!黄ばみ歯の原因と正しいケア方法

小学生になると永久歯が生えてきて「歯が黄ばんでいる」と心配になるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。そこで、小学生の歯に黄ばみができてしまう原因と、正しいケア方法を紹介していくので参考にしてみてください。
馬場 | 154 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado