2017年4月19日 更新

歯が乾燥・着色する理由は何か?を調べてみました!

歯の印象で他人からの見た目のイメージや第一印象が大きく左右されます。美しい歯並びはもちろん、歯が白く輝いているか?も大きなポイントです。白い歯を作り出す事は難しく、黄色く着色すると「汚い」と言うイメージが強く持たれてしまいます。 着色をさせないためには、歯や口を乾燥させない事も大切ですが、具体的にはどのような事が原因で、どんな対策をすれば良いかを今回は調べてみました!

97 view お気に入り 0
 (11829)

歯が乾燥する理由は、口呼吸

 (9505)

歯が乾燥する理由は必ずしも飲食物だけではなく、口呼吸の習慣化も原因です。
鼻呼吸と比べると口の中の唾液が蒸発し減少するため、口の中が乾燥しやすくなります。
誰かと会話をしない時は、口を開けっ放しにする事がないようにしましょう。
知ってほしいのは、着色の原因は飲食物だけではないということです。

癖や鼻づまりでやってしまうのが口呼吸。これは歯の着色原因の一つになっています。普段、お口の中はだ液が循環し汚れを洗い流してくれています。しかし、乾燥しているとそのだ液の洗浄機能は期待できなくなります。

したがって、乾燥していると汚れが付着したままになり、着色しやすくなってしまうのです。口呼吸の癖があったり、歯並びが悪く口が開きがちになったりする人は、乾燥による着色の可能性があります。

歯が着色する理由は、加齢や虫歯が原因になることも

 (9512)

口呼吸以外にも乾燥・着色する原因はあります。
老化とともに、毎日しっかりと歯の手入れを行っていても白く輝いた歯を維持する事が難しくなる事や、歯垢・歯石・虫歯だと着色しやすくなります。
まずは、虫歯等がないように歯の状態をキレイに保つ事が出来る事がポイントです。
歯の着色の原因って何があるの?

1.加齢

年を重ねるにつれて、歯の色は黄褐色に変わってきます。

2.ステイン

お茶やコーヒー、赤ワイン、カレーやタバコなどによる着色です。

3.歯垢

歯垢や歯石が溜まっていると黄白色に見えることがあります。

4.ホワイトスポット

虫歯の初期段階で、歯の表面が酸性に傾いた状態が続いてカルシウム分が抜けてしまい白く濁ってしまったもので白い斑点状に現われます。例え虫歯に発展しなかったとしてもそのまま色は残ってしまいます。

5.虫歯

虫歯ができると黒っぽく変色します。

6.神経がない歯

神経がない歯、もしくは神経が死んでしまっている場合、歯は茶色またはグレーに変色してきます。
このように、着色してしまう原因は数多くります。

歯の着色が起りやすい人の特徴

コーヒー、コーラ、カレー、キムチ、タバコ等を口にすると着色しやすいと言われており、それは事実でもあります。
しかし、「歯を着色したくないので、口にしない」と言うのは現実的ではありません。
「多くもなく、少なくもなく」と言う適量が大切です。
歯磨きをする際に使用する歯磨き粉の選定もポイントで、歯磨きジェル等の研磨剤が入っていない、歯磨き粉自体を使用しないとなると着色や汚れが取れなくなるため、余計に着色させてしまいます。
歯磨き粉には研磨剤という歯の表面の着色を磨く成分が配合されています。この研磨剤のおかげで着色が落ちるという一方で歯の表面に細かい傷をつけてしまい着色が付着しやすい歯になってしまいます。なので最後にこの細かくついた傷をフッ素で修復してあげることが大切です。ジェルタイプのフッ素であれば研磨剤はほとんど入っていないので安心です。
 (9529)

まとめ

歯が着色・乾燥する理由は、必ずしも飲食物だけではありません。
ポイントになるのは、歯を常にキレイに保つ事が出来る工夫で、歯磨きをする際に、歯の隅々まで確実に歯ブラシが行き届くように汚れを確実に落とす事、研磨剤が入っている歯磨き粉を使用する事が基本となってきます。
口の中が乾燥すると、歯以外の部分で病気になる可能性も出てくるため、口の中を乾燥させず唾液の量を少なくさせないことも重要です。
特に寝る時は口を大きく開く事もあるため、意識的に鼻から呼吸するだけで変わってきますので気になる方は鼻呼吸で眠る習慣をつけましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 71 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 385 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 585 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 158 view
まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

何かに顔をぶつけたり、転んで顔を打ったり、堅いものを嚙んだ時に歯が欠けてしまうことがあります。このような災難は突然起こります。正しい応急処置しておかないと、後で大変なことになってしまいます。今回は、そんな急な歯のトラブルに対する応急処置の仕方についてまとめます。
ぶーちゃん | 189 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千秋 千秋