2017年3月6日 更新

放置は危険!歯の食いしばりにはマウスピースが有効

歯を食いしばって寝ることが癖になっていると、歯や口の中だけでなく、美容や健康にも影響を与えてしまうことも。歯の食いしばりによるトラブルを解決するのに、マウスピースが有効です。歯の食いしばりによる影響と、マウスピースをはめるメリットについてご紹介します。

199 view お気に入り 0

歯を食いしばると歯に大きな負担がかかる

悔しくてハンカチを噛む眼鏡男子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (1624)

人の歯はリラックスしている時は口の中で歯は触れ合わず、少し開いているのが正常。ですが就寝中や、昼間でも集中している時、ストレスを感じている時などに歯を食いしばる癖を持つ人は多いもの。無意識に奥歯を噛みしめる力は数十キロにもなり、その力が長期間かかっていると歯にヒビが入ることがあります。ヒビが表面的なものなら痛みは感じませんが、ヒビが深くなってくると痛みを感じるように。
安静時の口は軽く唇を閉じた状態で上下の歯は触れ合わず、1〜2 mm の空間が開いているのが正常です。舌は先端が軽く上顎前歯の後ろの歯肉に触れているのが通常の状態です。そして、人の最大咬合力は通常自分の体重ぐらいですが、食事の時などに強く咬む事があるぐらいで、普段は噛みしめ続けてはいません。矯正治療で歯を動かす力は数十g 程度です。でも夜間の歯ぎしりなど無意識に噛みしめる力は数十Kg にもなります。

歯茎や骨が変形してくることもある

無料の写真: 歯医者の椅子, 歯科医, Zahnarztpraxis, 歯の治療 - Pixabayの無料画像 - 1702284 (1625)

奥歯の食いしばりは大きな力がかかるので、歯を支えている歯茎がやせてくることがあります。歯茎が痩せると、本来埋まっているはずの歯の根元が露出してくるので、知覚過敏になることも。また、歯を支える土台であるあごの骨に、骨のこぶ「骨隆起」が起こることもあります。悪いものではありませんが、発音しづらくなることもあります。
食いしばりにより歯を支えている骨に負担がかかり、歯茎が痩せてしまうことがあります。歯周病や歯茎が腫れている方は、食いしばりの力によって歯を支えている骨の溶ける進行が早くなり、歯茎が痩せやすくなります。デンタルフロスや定期的な歯のメンテナンスによって、歯茎を強くしておく必要があります。食いしばりがある方は顎の骨に歪む力が加わり、歪む力が集中する所に骨のこぶである骨隆起ができることがあります。骨隆起自体は悪いものではないので取る必要はありませんが、入れ歯や発音に障害が出るようになると切除する場合があります。

肩こりや偏頭痛、エラの張りが大きくなることも

目の奥が痛いサラリーマン|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (1640)

歯を食いしばる時は、あごからこめかみにかけた筋肉を緊張させることになるので、このストレスから肩こりや偏頭痛も感じやすくなります。あごの関節にも強い力がかかるので、関節のクッションが炎症を起こして顎関節症になってしまうことも。また、歯の食いしばりは筋肉トレーニングをしているようなものですから、エラが張ってきたり、顔のゆがみにつながることもあるのです。
噛む筋肉(頬)につながっている首の筋肉や、それにつながる肩の筋肉にも負担がかかり肩こり、首こりの原因の1つになるといわれます。
朝起きたときに肩が凝っている、首がこっているなどの症状がある方は、食いしばりを原因の1つとして考えてもいいかもしれません。
食いしばりは、肩こり、首こり、頭痛、頭重、顎の関節痛などの症状の原因の一つになっていると考えられています。
咬む筋肉は頬にあります。
食いしばりで絶えず咬んでいる状態は常に筋肉が硬縮し筋肉は発達し、エラが張った状態になります。
その筋肉が老廃物を流す血管やリンパ感を圧迫し、血液の流れが悪くなり顔がむくんだり頭が重くすっきりしない感じが続きます。
そのためほうれい線が深く刻まれ、血色が悪く顔色も悪く見える原因でもあります。

食いしばりから歯を守るマウスピースとは?

無料の写真: 歯, 歯科医, 歯科, 口, 経口, ホワイト, 笑顔, 女性 - Pixabayの無料画像 - 1652976 (1633)

こうした食いしばりから歯を守るには、マウスピースが有効です。夜、寝ている間マウスピースをはめることで、歯が直接触れるのを防いでくれるため、歯や歯茎にかかる力を分散してくれます。マウスピースは市販のものと歯科で作るものとがありますが、歯科で作っても保険が適用されます。
もともとは、マウスピースは、もともとバスケットボール選手や、アメリカンフットボールなど、スポーツ医学の分野で歯を保護したり、瞬発力を上げたりすることに効果がありました。
それを治療に応用できないかと考え、歯軋りの防止や、顎関節症の治療に使われはじめましたのです。
この装置を入れることによって、顎や歯は強い噛みしめでかかる力から保護され、顎関節症特有の顎周囲の筋肉の痛みなども軽減されます。
ナイトガードナイトガードは、専用の機械でプレスして作られます。おおむね2年~3年程度使うことができます。

まとめ

歯の食いしばりは、歯だけでなく体にも影響を与えるほど大きなものです。歯や歯茎へダメージを与えてしまうと、元に戻すことはできませんが、食いしばりによる悪影響はマウスピースで軽減できます。食いしばりに心当たりがあるなら、一度歯医者さんで相談してみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

就寝時の歯の食いしばり…気になる原因と食いしばり予防方法は?

歯の食いしばりが癖になっている方は悩みだと思いますが、就寝中の歯の食いしばりもあるのです。就寝時だけに食いしばりに気づく方も少なく、重症化する方も少なくありません。就寝中の食いしばりを治すためにもその原因と予防法を知って、治していきましょう!
拓也 | 556 view
歯の食いしばりに有効なマウスピースについて

歯の食いしばりに有効なマウスピースについて

歯ぎしりや歯の食いしばりは、すぐにでも治したいものです。解決法として有効なマウスピースについて、詳しく見ていきましょう。今、歯ぎしり・歯の食いしばりを治さないと歯がなくなってしまうかも知れませんよ。
ロクちゃん | 166 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 265 view
直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

直したい!就寝中に歯を食いしばる原因と対処法

歯がすり減った、歯が割れた、偏頭痛や肩こりに悩む方はいますか?それは歯の食いしばりからくるものかもしれません。日常はもちろん、就寝中でも歯を食いしばる人は、これが原因で体に様々な不調をもたらします。原因と対処法を知って、上手に直していきましょう!
拓也 | 424 view
なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

なぜ痛い?就寝中に歯が痛くなる原因と対処法

夜、寝ていると、もしくは布団に入ったところに歯がズキズキ痛んだことはありませんか?夜中なのでもちろんは医者はあいていません。その就寝中に歯が痛くなる原因と、痛いときの対処法を調べてみました。
拓也 | 10,839 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

達也 達也