2017年4月28日 更新

【基本】歯周病のための歯の正しい磨き方

皆さん、歳と共に歯周病はどんな方でも徐々に進行して歯周病になるのは知っていますか?そんな知らない内に歯周病にならない為にも、歯の正しい磨き方をこれからマスターしていきましょう! 綺麗な歯を1本でも残して80歳で20本目指しませんか? 歯が綺麗だと食事も美味しいですよ♪

54 view お気に入り 0

歯周病の原因

泣く赤ちゃん|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11655)

歯周病の原因としてプラーク等に含まれる細菌が感染し、炎症を起こして歯周病を進行させていきます。
そしてその汚れを清掃不良などで汚れを落とさないでいると、
炎症を起こして歯茎が腫れ、ブラッシング時に軽い力でも出血します。これが「歯肉炎」です。
そして日々プラークを落とせてない汚れが徐々に固まり「歯石」となります。
これが厄介者で歯周病を進行させていきます。
歯石がつくとブラッシングの毛先も歯と歯茎のきわの奥に届きにくくなり、清掃不良などの原因を起こします。
そして長年、歯石を落とさないでいると、歯を支えている骨がだんだん溶けてなくなっていき、歯が動き始めて、最終的には歯を失う大きな原因となります。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

「磨く力」をしっかり身に付けよう

笑顔でハミガキをする男性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (3038)

磨き残しが多い方に多いのが、歯磨き粉の泡で汚れが分からず、歯磨き粉の爽快感でしっかり磨き終わった気持ちになっている方です。
まず最初は水のみで洗って、仕上げに歯磨き粉を付けて磨いてみてくださいね^^

1、まず歯と歯の間の汚れをフロス、歯間ブラシで汚れを落としていきましょう。
これは最低でも1日1度は必ず通して頂きたいです。
2、歯ブラシの持ち方は鉛筆持ちで持つことで力が入りにくいです。
そして軽い力で磨きましょう!
ブラッシング圧は約200gの圧が最適と言われています。
3、そしてブラシの角度は約45°の角度で歯ブラシを歯と歯肉の際に当てます。
この時に手鏡でしっかり見ながらの方が磨き残しが防げます。
4、歯ブラシはゴシゴシと磨くのではなく、“小刻みに、マッサージするように、優しく振動させるように、”一本一本順番ずつ磨いていくようにしていきましょう。
5、前歯の裏側等は横磨きは磨きにくいので、「縦磨き」で掻き出すようなイメージで磨いてください。
毛先を磨くPointに確実にあてましょう。
最初は、鏡を見ながら毛先がとどいていることを確認するのも良いでしょう。
動かし方は?
小さく横にでも、縦にかき出す様にしても、円を描く様にしても、良いと思います。要は、歯と歯肉を傷つけることなくプラークを落とすことができれば良いのですから。
軽く磨く様にしましょう。
力を入れて磨くと歯ブラシの毛先が開いてしまいプラーク(歯垢)が落とせません。さらには、歯や歯肉を痛めてしまいます。力の目安は、毛束がまっすぐなまま歯面に当たる程度で良いのです。
細かく動かしましょう。
毛先を使って磨く方法がプラークの除去には効果的です。ついつい大きく動かしがちですが、歯には凸凹があるため小刻みに動かさないと、引っ込んだ所には毛先がとどきません。特に、裏側や歯と歯の間を磨く時は、大きく動かすとせっかく入った毛先がでてしまいますので注意して下さい。
1ヶ所につき10回~20回ぐらい磨きましょう。
プラークは粘着性が高いため、2回~2回歯ブラシを動かした程度では落としきれません。1日に最低1度は、時間(5分以上)をかけてゆっくりと隅々の歯垢を取り除いて下さい。
可能であれば、毎食後磨くことが理想です。
とくに、寝る前に丁寧にゆっくりと磨くことが効果的です。

歯周病が及ぼす影響

熱があって咳をしているのにマスクもせず出社して来た女性社員|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (3042)

歯周病は痛みがなく徐々に進行していくのですが、歯周病が及ぼす影響とは様々で、全身に及びます。糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病等、今歯周病は全身に及ぼす影響があると注目されています。

まとめ

サムズアップ女子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (3044)

歯周病は定期的な歯科検診、歯石取り等のメンテナンス、家での正しいブラッシングで防ぐことが出来ます。
又、病院で自分にあった歯ブラシや歯間ブラシ等も教えてもらえますし、磨き残しの多い場所等も教えてもらえます。
1年の内に数回は歯医者にて定期検診をしてしっかりメンテナンスしていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女性は要注意!男性に比べて歯のトラブルにかかりやすいってホント!?

女性は要注意!男性に比べて歯のトラブルにかかりやすいってホント!?

女性は男性に比べて歯のトラブルにかかりやすいという研究結果がでています。その理由は女性ホルモンです。
runQ | 80 view
歯の健康を考えてデンタルフロスに挑戦したものの出血…これって大丈夫?

歯の健康を考えてデンタルフロスに挑戦したものの出血…これって大丈夫?

歯磨きではなく、歯の健康を考えてデンタルフロスを使い始めたあなた。出血したことはありませんか?血が出て大丈夫・・と思いましたよね?そこでデンタルフロスの出血を調べてみました。上手にデンタルフロスを使って歯の健康を保ちましょう!
拓也 | 66 view
爽快な息を手に入れるために!口臭予防に効果的な歯の磨き方5選

爽快な息を手に入れるために!口臭予防に効果的な歯の磨き方5選

口臭って周りに与える影響は大きいものです。一度口臭のイメージを与えるとなかなかそのイメージを払拭するのは難しいことだと思います。口臭の原因はさまざま。そこでどんな原因にも対処できるような歯の磨き方を紹介します。
ryosuke | 107 view
あれ?歯を噛むと違和感が…放っておくと危険な歯の痛みの原因5つ

あれ?歯を噛むと違和感が…放っておくと危険な歯の痛みの原因5つ

なんだか歯を噛むと違和感を感じるという方は少なくないはずです。痛みが強いわけじゃなく、噛むと違和感を感じる…痛みを感じるときは不安を覚えるけど、でも毎回痛いわけじゃないから大丈夫?実は放っておくと危険な歯を噛むと感じる違和感の原因は?
ryosuke | 3,517 view
歯を大切にしよう!奥歯の上手な磨き方を紹介!

歯を大切にしよう!奥歯の上手な磨き方を紹介!

毎日の習慣でなんとなく歯磨きをしているという人はいませんか?なかなか磨きにくい奥歯の上手な磨き方を学んで、しっかりと歯のセルフケアを行いましょう!奥歯が磨きやすい歯ブラシの紹介などもしていきたいと思います。
ハチ公 | 92 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

candy6178 candy6178