2017年3月6日 更新

歯にプチ矯正?一体どんなものなの?

歯のプチ矯正って知っていますか?部分的に矯正する治療法があるんです。費用も安上がりで、治療期間もぐっと短くなります。しかし、治療前には適性検査が必要になります。治療後のことも考えて、正しい情報を集めなくてはなりません。まずは入り口から勉強してみましょう。

203 view お気に入り 0

プチ矯正って何?

 (2665)

患者さんが矯正治療をするかどうか、ためらわれる理由として、初診相談時に問題に挙がる理由の多くが、治療期間と治療費です。
歯のデコボコが軽度な患者さんは、「1本の歯しか気にならないのに、全部の歯に装置をつけたくない」「治療期間も治療費もそんなにかかるのは嫌です」と考えているかたもいらっしゃいます。私も治療を受ける立場であれば、そう思うかもしれません。
ただし、長期安定の項目でも触れましたが、歯は常に同じ場所にとどまっているわけではないので、一本の歯のみを動かすような「部分矯正・プチ矯正」は、比較的難しい治療といえます。(支えとする歯も動いてしまうため)。したがって、矯正専門医としては、かみ合わせも仕上がりも良い全顎的(全体的)な治療が理想的と考えます。
治療内容はブラケットという右の犬歯から左の犬歯の前歯6っ本に装着し、歯を動かして正しい位置に調整していくというものです。その際ストリッピングと言って、前歯の側面をわずかに削り、スペースを作ります。治療に十分な歯の隙間がある場合はこの治療は不要です。
歯並びの原因は主に顎と歯の大きさのバランスが問題なので、このバランスが悪い場合に、こうした隙間を作る治療をするのです。

普通の矯正治療と何が違うのか

従来の全顎矯正は、歯全体に矯正装置を装着し、歯と顎のバランスや咬み合わせを整えながら歯並びを治療します。
プチ矯正(部分矯正)は、装置を犬歯から犬歯の計6本のみの歯に装着し、目立つ前歯のみを治療します。前歯は奥歯に比べると、歯の移動距離も少なく移動しやすいので、咬み合わせの調整にもそれほど期間を要しません。
プチ矯正(部分矯正)は、全顎矯正に比べると治療期間が短く、費用も安く、痛みが少ないというメリットがあります。
全顎矯正はだと治療費もかかり、治療期間も大きくかかります。部分矯正との大きな違いはここでしょう。実際にどのくらい違うかというと、全顎矯正だと治療費が大体100万円なのに対し、部分矯正は20から30万くらい、治療期間が3年以上なのに対し、3ヶ月から6ヶ月くらいですみます。もちろん部分矯正は治療後の3ヶ月から半年の間隔で定期的なメンテナンスをしますが、圧倒的に治療時間は短縮されます。

プチ矯正をするための条件とは

デコボコの程度が軽度~中度であること
上の前歯を動かしたい位置に、下の前歯がないこと(上だけの部分矯正を行う場合)
奥歯のかみ合わせが良好であること
上下の歯が垂直的、水平的にズレがないこと
上下のアゴの骨格的バランスが悪くないこと
治したい箇所以外の歯並び、かみ合わせに問題がないこと
歯周病や虫歯など、歯周組織に問題のない方(その場合治療をしてから再度診査)
成人であること(子どもは永久歯が生えそろってからですが、できれば将来の咬合育成を考えて、小児矯正の全体矯正を強くおすすめしています)
本格矯正よりは、歯並びの完成度は低いと納得していただける方
 (2673)

プチ矯正の治療を行うには様々な条件があります。中でも注意したいのが、この治療が成人向けの治療だということです。子供の歯を矯正する場合は、小児矯正と言って、子供のうちから抜歯などを行わずに歯列を調整していくというものです。子供のうちから治すほうが矯正の精度が高まるので、お子様の歯を大事にしたいお母さんは、小さい内から歯並びを見てあげることをお勧めします。逆に大人になってから矯正の治療をするというのは、難易度が高いのです。

プチ矯正にするメリットは?

一般的に言って、全体の矯正より出来上がりは劣る場合が多い
前歯のエナメル質を削ることが多い
妥協する点が発生する場合がある
出ッ歯は治りにくい場合がある

基本的には、全体矯正の方が出来上がりは優れている場合が多いです。
初めの歯並びのデコボコの程度にもよりますが、前歯だけの矯正の場合、全体的な矯正よりも少し出気味になるか、歯の隣接面を削る事になります。
Free illustration: Thumb Up, Thumb, Thumbs Up - Free Image on Pixabay - 1460528 (3069)

全体で治す矯正のほうが矯正治療としての完成度は高い

しかし、コストパフォーマンスや治療期間では大きく部分矯正の方にメリットがあります。では、どちらの治療がいいのでしょう。

治療を選ぶ基準

現在の自分の症状の重さと、悩みの大きさで大きく分けることが出来るでしょう。少し気になるという方や、とにかくすぐに対処したいという方などは、プチ矯正をしてみるのがいいと思われます。ずっと気になっていた、何年もそのままにして大分悪化してしまっているなどといった場合は、思い切って全額矯正を試みるのもいいかもしれません。
自分にあった治療法をお医者さんのアドバイスのもと選択しましょう。

まとめ

Free photo: Beauty, Smile, Happy, Woman, Young - Free Image on Pixabay - 1721069 (3070)

プチ矯正は、比較的軽度の症状の方にオススメです

あまりにも症状が重い場合は、思い切って全顎矯正で直してしまいましょう。治療費と期間がかかりますが、長く健康的な歯を手に入れるために投資だと思って直しておくのもいいかもしれません。年を取っても美しい歯でいられるといいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado