2017年3月6日 更新

歯の矯正に保険は適用される?一部例外があるってホント?

歯科医院のホームページなどを見るとずらりと並ぶゼロの数。「ただ歯並びを治すだけなのに数十万や数百万って、本当にこんなにかかるの?保険がきいてこの価格?」と驚いた経験がある人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、歯の矯正に保険がきくのか、その理由について見ていきたいと思います。

95 view お気に入り 0

歯の矯正に保険はきくの?

病院の受付 1550x1100イラスト/無料イラストなら「イラストAC」 (4386)

基本的に健康保険は適用されません

Q1 矯正治療には健康保険が適用できるのでしょうか?

一般的な矯正治療、歯列矯正は、健康保険は適用されません。
保険が適用されない治療のことを「自費治療」あるいは「自由診療」といいます。歯の矯正治療は、これに該当するため、治療費の全額が自己負担になります。
歯並びをきれいにする矯正治療は、部分矯正・全体矯正などの矯正範囲に関わらず、基本的に健康保険は適用されません。全額自己負担となってしまうため、矯正治療の費用は、高額となってしまいがちです。

歯の矯正に保険が適用されない理由とは

国民健康保険証イラスト/無料イラストなら「イラストAC」 (4400)

保険が適用される治療として認められていないため

審美面とか美容面というのは、一種の贅沢なものとして、一般的には保険は適応されません。ある程度のレベルは保険の適応はありますが、それ以上、それを超えた良い治療に対しては本人が自費で行うべきであるという考え方です。
矯正治療の多くは「歯の見た目」を整えるために実施しています。つまり審美や美容の一環として行われており、歯並びを治さなかったからと言ってただちに健康に影響するわけではないことから、厚生労働省に“保険適用治療”として認められていないのです。

保険適用内では十分な治療が実施できないため

結論から言えば、現行の保険制度のもとでは、良い治療は施せない。デンタル・エステ(審美歯科)のようなレベルの高い治療をするには自由診療しかない。というのが現状です。
矯正治療は高額であること自体にマイナスイメージを持つ人も少なくありません。しかし全額自己負担であるが故に「保険診療のように枠にとらわれた治療ではなく、一人一人にあった治療ができる」というメリットも存在します。

裏側矯正やセラミックブラケット矯正、マウスピース矯正など、矯正中の見た目にもこだわれるというのは、自由診療のいい点でもあるのです。

歯の矯正治療に保険が適用されるケースもある?

歯列矯正|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (4409)

先天性の形成異常がある場合

1:口蓋裂・口唇裂について
上唇や口蓋(上顎の歯列の内側の部分)が裂けた状態で生まれてくる、比較的高頻度に見られる先天的な形成異常です。
口蓋裂・口唇裂の場合、哺乳障害や構音障害等の他、歯の成長や歯列に影響が出る事があります。
保険を扱っている矯正歯科医院を受診すれば保険での治療が可能です。
口蓋裂や口唇裂は、妊娠中母親のお腹の中にいるときに超音波エコーで判明するケースがほとんどです。お腹の中での治療はでないため、判明した時点で専門医の紹介を受けるなどして、産後の手術や治療について話し合っていくことになります。

日常生活に大きな支障があり、外科的治療が必要と判断された「顎変形症の場合」

2:外科的な治療が必要な顎変形症について
上顎と下顎の骨格に大きなずれがあり、咬み合わせ不全となっている場合には、外科的な治療を行う必要があります。
主な症状は、反対咬合(受け口)、開咬などがあります。
外科手術を伴う顎変形症治療は、手術で顎の骨を手術(骨切り)して、適切な大きさに改善したあとに、ブラケットなどの矯正装置で歯列の調整を行います。
噛み合わせが極端に悪く、ブラケットによる矯正だけでは治療が難しいため手術が必要と判断されたケースでは、保険が適用されることがあります。

初回相談無料サービスなどを利用しましょう

普段から噛み合わせに悩んでいて、歯の矯正を検討したいという場合には、まずは初回相談無料のサービスを行っている矯正歯科で見てもらうといいでしょう。保険が適用されるかどうか、自己負担で治療した場合どれくらいかかりそうかの簡易的な見積もりも出してくれるので、ぜひ利用してみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の歯の矯正に保険は使える?保険適用になる場合とは

子供の歯の矯正に保険は使える?保険適用になる場合とは

子供の歯の矯正となると気になるのは「保険が適用されるのか」ということですよね。子供の歯列矯正には保険が適用されるケースと適用されないケースがあります。今回はそんな子供の歯列矯正と保険について、どういった場合に保険が適用できるのかを紹介していくので参考にしてください。
馬場 | 216 view
子供の歯の矯正は保険適用できる?できる場合できない場合の費用について

子供の歯の矯正は保険適用できる?できる場合できない場合の費用について

子供の歯の矯正は費用が高いので、保険が適用になるのかどうか気になるところです。残念ながらほとんどの場合は保険適用外ですが、ある条件のもとでは保険が適用されるケースもあります。そこで今回は、保険適用になった場合の矯正の費用と適用にならなかった場合の費用を紹介していくので、参考にしてみてください。
馬場 | 463 view
注目を集めているセルフホワイトニングのメリットとデメリット

注目を集めているセルフホワイトニングのメリットとデメリット

セルフホワイトニングの特徴と注意点について書いています。ホワイトニングを検討している人は一度参考にしてもらえたらと思います。
Rits | 17 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 363 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 532 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

藍