2017年4月19日 更新

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント手術を受けた後に、歯茎が下がって金属部分が露出してしまったということは、意外にも多いと言われています。そこで今回は、インプラント後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』についての基礎知識を解説していきます。インプラントの金属が見えてしまっているという人は、ぜひ参考にしてください。

362 view お気に入り 0

インプラント治療後の歯茎下がりは治療が必要!

歯科イラスト 無料/商用OK/登録不要【歯科素材.com】 (10601)

インプラント治療の直後はとてもキレイな状態ですが、時間が経って歯茎が下がり根本の金属部分が見えてしまっているという場合、ほとんどが治療が難しいですが、炎症が起きてないく、表側だけの歯茎下がりならば治療ができることもあるそうです。では、どのような治療法があるのかを見ていきましょう。
インプラントを行った部分の歯茎が下がってしまった場合顎の骨が吸収してしまっていることが多くなかなか歯茎の再生が難しいことが多いのですが,炎症がなく表側の歯茎が下がってしまっているだけのケースでは歯茎の下がりをリカバーできる場合があります。

歯茎再生治療『CTG(結合組織移植)』とは?

歯医者の検索結果 | かわいいフリー素材集 いらすとや (10605)

インプラント治療で痩せてしまった歯茎にボリュームを持たせるためには『CTG(結合組織移植)』という治療を行います。この治療を簡単に説明をすると、インプラントの金属部分が見えてしまっている部分のサイズに合わせ、他の歯茎から同じサイズの歯周細胞を切除し、縫合、移植するという手術です。

移植後は、1週間~2週間ほどで抜歯し、数ヶ月後には歯磨きまでできるくらいに回復します。また、歯茎の見た目もほとんど元の歯茎と同じようになります。
結合組織移植術とは、主に上顎の奥歯の内側から歯茎を採取して、歯茎が下がっている部分の上皮と骨膜との間に移植する治療です。これにより、痩せてしまった歯茎が補われ、審美性が改善されます。

歯茎の退縮が広い範囲にみられる場合で、自分の口腔内から移植する範囲が大きくなってしまう場合は、やけど治療の際などに使用する皮膚の移植材(無細胞性皮膚基質)を用いて移植する方法もあります。

歯茎再生治療の治療費は?

飛んで行くお金のイラスト(円) | かわいいフリー素材集 いらすとや (10607)

歯茎再生治療は、このように下がった歯茎を効果的に改善できる方法ではありますが、残念ながら自由診療なので、健康保険は適応されません。そのため、治療費が高額です。多くの歯科医院が歯1本辺りの金額を設定しているようで、『1本=2万円~4万円』というのが治療の相場になります。
歯茎再生治療は保険適用外なので、数万円単位での出費を覚悟しましょう。例えば、歯茎再生治療ではポピュラーな結合組織移植では、おおよそ4万円ほどの出費がかかります。

歯茎再生治療はたしかに費用がかかりますが、歯茎が下がった状態のままで生活を続ければ、歯周病などを併発してしまって、それ以上の出費がかかってしまう事態になってしまうでしょう。

歯茎再生治療のその他のメリットは?

健康なお口を目指して:虫歯治療|イラストNo.2057【歯科素材.com】 (10608)

歯茎再生治療は、インプラントの根元の金属が露出してしまったというシーン以外でも、さまざまな治療に用いられています。例えば、抜歯後の陥没。歯周病が進行していると、歯を抜歯した際に歯茎が大きく陥没してしまいますが、歯茎再生治療を用いれば、改善できることがあります。また、差し歯が長すぎて見た目が悪くなっている場合も、歯茎再生治療で歯の長さを調整することがあります。
歯茎の再生治療の目的は、
・下がった歯茎の回復
・歯を抜いた後に歯茎がくぼんだところの回復
・差し歯の長さが長くて見た目が悪い場合の歯の長さを短くする治療
・矯正治療中に薄い歯茎が下がらないようにする予防法

歯茎下がりが気になるときは悪化する前に受診しましょう!

このように、歯茎再生治療はインプラントの根元の露出が気になるときに効果的な治療方法です。さらに、インプラント以外でも、歯茎下がりを起こしている場合に用いられるポピュラーな治療です。もし、みなさんが歯茎下がりで悩んでいるならば、歯茎移植を行えないか、早めに医師に相談をしてみましょう。また、歯茎が下がらないように、日頃からしっかりとメンテナンスをするように心がけてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 678 view
インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療が必要とされるケースは、ほとんどの場合が損傷や欠損による歯の再生です。もちろん例外はありますが、インプラントは失われた歯の代わりとなる人工歯を埋め込む治療なので歯が無いことが前提になります。このインプラントを行うにはどのような手順が必要なのか、解りやすく解説していきます。
manji | 54 view
歯のインプラントの知っておきたいデメリット

歯のインプラントの知っておきたいデメリット

「インプラント」の手術を行いたいなと思っている方に知って欲しい「インプラント」の入れた時のデメリットについて紹介します。歯をキレイに治療するために行われている治療ですが実は身体によくないこともあります。デメリットをしっかりしって治療に挑みましょう。「インプラント」について、関心のある方は是非参考にしてみてくださいね。
| 57 view
【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

インプラント治療は痛みが少なく、ブリッジ治療や入れ歯とも違い長期間使用をすることができる画期的な治療法として知られています。インプラント治療の総合的な期間や、費用など事前に知っておいた方がいいことを中心にまとめてみました。ぜひ一度インプラントを検討されている方は目を通して、どのようなことを準備する必要があるか確認しておきましょう。
クッスン | 79 view
治療には時間がかかります!インプラント治療の仮歯のおはなし

治療には時間がかかります!インプラント治療の仮歯のおはなし

インプラント治療は、1日で終わると思っていませんか?埋め込んだ次の日から人工の歯を問題なく使えると思っている人は少なくありません。しかし、いきなりインプラントに人工の歯を付けるというのは、様々なリスクがあるのです。そこで、インプラント治療の際には仮歯を用います。ここでは、インプラント治療と仮歯について簡単にお話します。
菜々緒 | 71 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みさと みさと