2017年3月6日 更新

セラミックは銀歯よりも良いの?その違いは何?

虫歯で詰め物をする場合、保険適用で銀歯を入れることが多いです。しかし、近年セラミック素材が主流となり、保険適用外ではありますが自費で使用することも増えてきました。セラミックのメリット・デメリットを知り、銀歯との違いを理解した上で選択することが大切です。

78 view お気に入り 1

セラミックと銀歯の大きな違いは値段です

銀歯や金歯は健康保険で入れられますがセラミックは保険適用がされていません。銀歯を保険で作った場合の金額はおよそ2千円(詰め物)から3千円(被せ物)です。セラミックの場合は自費のため各歯科医院によって金額の差はありますが、銀歯に比べてかなり高額になります。オールセラミックの被せ物はおおよそ8万円から15万円します。

セラミックが人気の理由

Free photo: Beauty, Smile, Happy, Woman, Young - Free Image on Pixabay - 1721069 (3425)

金額の差がとてもあるのにセラミックを選択する理由はなんでしょうか。
ひとつは審美的な要素です。銀歯は名のごとく、銀色の光った素材なのでとても目立ってしまいます。しかし、セラミックは透明感があり、元々の歯に近い色が出せるために詰め物をしても目立ちません。また、変色もなく、汚れもつかないメリットがあり、プラークが付きにくいと言われています。銀歯では金属アレルギーの起こる事がありますが、セラミックだとアレルギーが起こる可能性が低いため安心です。
オールセラミッククラウンとは金属を使わずセラミックだけで歯に被せ物をすることです。前歯では透明感のある自然な歯を再現し、奥歯では強度の高いセラミックを使うことによって、機能的にも審美的にも歯の機能を回復することができます。また、金属を使わないことによって金属アレルギーや歯茎の黒ずみを予防することもできます。

セラミックの欠点とは

Free photo: Portrayal, Portrait, Crying, Cry - Free Image on Pixabay - 89189 (3426)

セラミックの欠点のひとつは銀歯よりも歯を削る量が多くなってしまうことです。また、歯医者によってテクニックがまちまちのため、見た目や持ちに差が出ることがあります。医者選びが重要です。また、セラミックは割れたり、欠けたりすることがあります。値段が高かったのに、使用してすぐに割れてしまったら残念です。壊れた時の保証がついているかどうか治療をする前に確認するのが良いでしょう。また、割れやすい反面、硬すぎる点もあります。
欠けやすいのに加えて、硬すぎる点も、時にデメリットになります。
歯ぐきや歯根、対合歯に、負担過重になる事が、たまにあります。
メリットの裏にデメリットは必ずあるのですね
硬すぎることで噛み合わせが上手くいかなかったり、歯が摩耗してしまったりすることがあります。すこしでもおかしいと思ったら、治療した歯科医院に行くのが良いですね。

セラミックは銀歯よりも長持ちするの?

セラミックは銀歯よりも高額なので、長持ちするイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。
10年が目安ですが、環境・条件によって変わります
クラウンやインレーの寿命は、多くの歯科医師が約10年と話しています。それは、セラミック(陶材)が5~10年の長期間にわたり天然歯に近い色を持続させることができると言われているためです。ただし、条件や環境によっては、これより短くなるし、逆に長く保つこともあります。
銀歯と同じく短期間で壊れる事は少ないようです。セラミックの被せ物の場合、5年間割れるなどのトラブルがなかった確率は95%です。日々のメンテナンスによっても耐久年数は変わってくるので、虫歯の早期発見もかねて定期的に歯の検診を受けることをお勧めします。

違いを知り、活用する

セラミックと銀歯の違いを紹介しましたが、その違いを知った上で選択していくのが良いですね。目立たない奥歯などは銀歯で治し、目立つ前歯などはセラミックを利用するなど、個々に合わせていくのがよいでしょう。
また、被せ物の人口の歯を付ける前に、元々の歯をしっかり治すことが肝心です。どんなに上質な被せ物をしても、土台の歯がぐらぐらに緩んでいたり、虫歯が治りきっていなかったら台無しです。また、歯周病で歯茎がぼろぼろだったら、すぐにダメになってしまいます。歯周病がある方は歯周病をしっかり治療し、予防ケアを怠らないように心がけましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あ、銀歯が取れちゃった!そんな時に行う応急処置方法6つ

あ、銀歯が取れちゃった!そんな時に行う応急処置方法6つ

銀歯治療をした方は一度は経験がある「銀歯が取れた」しかし、その時あなたはどうしましたか?現在、銀歯がはまっているあなた!そして今、銀歯が取れたあなたは必見。銀歯が取れた時の応急処置方法を教えます。
拓也 | 149 view
虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

銀歯が嫌だ!という方も多いのではないでしょうか?そして、なぜ銀歯での治療が主流なのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?その訳と、銀歯を使わず白い歯に安く治療できないか調べてみました。
拓也 | 318 view
【徹底解説】銀歯をセラミックに変えたい!気になる種類と価格

【徹底解説】銀歯をセラミックに変えたい!気になる種類と価格

「大口を開けて笑うと銀歯が見えてしまうので、恥ずかしい…。」と感じていたりしませんか? 最近では審美性を追求して銀歯をセラミックに交換する人が増えているんです。 でも気になるのはその価格ですよね。セラミックは保険適応外ですので、どうしても治療費が高額になってしまいます。 ここではそんなセラミックの種類と価格について徹底的に紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね!
pakomi | 365 view
目指せ白い歯!銀歯をセラミックに交換する前に知っておきたいこと

目指せ白い歯!銀歯をセラミックに交換する前に知っておきたいこと

「銀歯が気になって人前で笑えない…。」こんな悩みを抱えていませんか?現在保険診療では、犬歯より後ろの歯は銀歯になってしまいます。しかし奥歯と言えど大きく口を開けたらけっこう目立ちますよね。「白い歯に交換したいけど、セラミックってどうなの?」ここではそんな疑問にお答えしますので、是非参考にしてみて下さいね!
pakomi | 146 view
脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

銀歯での悩みがありませんか?口の中で目立ったり・・できることならばセラミックが良いですよね。真っ白で長持ちするのは知っているのですが・・一番の気になるところはズバリ”値段”ですよね?ということで費用を調べてみました。
拓也 | 281 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まーちゃん まーちゃん