2017年3月6日 更新

歯並びは見た目だけの問題じゃない?叢生のデメリットと治療法

歯並びが気になっている人の多くは、見た目を気にしていますよね。しかし歯と歯が重なり合ってしまう叢生(そうせい)は、見た目だけでなく、歯の健康にも大きな問題を及ぼす可能性があります。今回はそんな叢生のデメリットと、治療法について見ていきましょう。

110 view お気に入り 0

叢生(そうせい)とは?

 (6569)

歯が重なり合って生えている状態のこと

叢生(そうせい)とは、顎のスペースが足りない、もしくは歯が大きいために、歯が重なって生えている状態です。乱杭歯(らんぐいば)ともいいます。犬歯が飛び出た状態の八重歯(やえば)もそう生の一種です。開咬(かいこう)、反対咬合(はんたいこうごう)、過蓋咬合(かがいこうごう)などのさまざまな不正咬合(ふせいこうごう)を伴うことがよくあります。
叢生は、上の歯でも下の歯でも起こります。歯が生えるスペースが十分にないため、デコボコに生えるだけでなく、嚙み合わせが悪くなってしまったり、出っ歯や受け口になってしまったりすることも少なくありません。

叢生をそのままにしておくことのデメリットは?

 (6574)

1.虫歯の原因になる

歯並びがでこぼこしていると、歯と歯の間に、どうしても磨き残しが発生し、プラークがつきます。そのプラークが原因で虫歯になってしまいます。
きちんと磨いているつもりでも、歯が重なり合っていて、物理的に歯ブラシが届かない部分がでてきてしまいます。

2.歯周病の原因になる

歯並びがデコボコしていると、しっかりと口の中の清掃が出来ないことから汚れが溜まりやすく、プラークが付着し、歯周病になりやすい状態になってしまいます。
磨き残しは歯周病にも繋がります。叢生による歯の重なりは、歯の健康を損ねる大きな原因となるのです。

3.口臭の原因になる

口臭の原因は、口の中が原因である場合と内臓から来る場合があります。口の中に原因がある場合は、磨き残しからの歯周病が原因であることが多いです。
歯周病は歯の健康を損ねるだけでなく、口臭の原因にもなります。毎日歯をしっかり磨いていても口臭が気になるという場合は、歯並びを見直すタイミングとも言えるでしょう。

叢生を治療するには?

 (6586)

1.すべての歯が乳歯の時期の場合

乳歯列の場合の“がたがた”は、通常、経過を観察する場合が多いです。
半年に1回定期検診にお越しいただき、歯並びの状態がどのように変化してきているのか、その他に問題が引き起きていないか、などを歯列矯正治療のチェック致します。
乳歯が生えそろった頃にガタガタであっても、体の成長と共にあごの骨も成長し、自然と歯並びが整うケースも多いため、乳歯の時期は経過観察で様子を見ることも多いようです。

2.乳歯と永久歯が混在している時期の場合

叢生になった原因や程度にもよりますが、
ガタツキや逆の歯を改善する方法(通常、治療期間6ヶ月前後)、
あごの発育を誘導する方法(通常、治療機関1~1.5年前後)などがあります。
乳歯が抜けて永久歯が生えてきた時期に叢生が気になった場合には、床矯正というあごの骨の成長を促す装置を使用することもあります。

着脱可能なプレート式であるため、手入れがしやすいというメリットもありますが、付け忘れてしまったり、面倒くさくなってしまったりして、装着しない時間が長くなると、十分な効果が得られないというデメリットもあります。

3.すべての歯が永久歯の場合

全体的に歯並び・噛み合わせなどの矯正歯科治療する方法と、部分的に気になるところだけ歯列矯正治療する方法があります。
すべて永久歯に生え変わっていて、これ以上あごの骨の成長が望めないという場合には、いわゆる一般的な歯並びの矯正が必要です。

矯正方法には
・ブラケット矯正(表側)
・部分矯正
・裏側矯正(リンガル矯正)
・マウスピース矯正(インビザラインなど)
がありますが、叢生の状態や治療する歯科医院によって選べる治療法が異なる場合があるため、病院選びの段階で確認しておくと安心です。

歯並びを直すメリットは大きい

叢生というデコボコの歯並びを治療することで、虫歯・歯周病・口臭の予防にもなりますし、何より笑顔に自信がつきます。歯並びが気になって笑うときに手で口を隠すことが習慣になっている、誰かと食事に行くことが苦手…という人は、ぜひこの機会に歯並びを治すことを検討してみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 447 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 145 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 418 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 269 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,336 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

藍