2017年3月6日 更新

子供の歯の生え変わり時期にはレントゲンが必要?被ばく量や安全性は?

子供の歯の生え変わり時期になると何かと心配事も出てきます。そんな時に歯医者で撮られるレントゲンですが、どんな場合に必要なのでしょうか?今回は子供の歯の生え変わり時期にレントゲンを撮る必要性のあるものと、レントゲンの安全性について紹介していくので参考にしてみてください。

144 view お気に入り 0

歯のレントゲンはなぜ必要?

 (9427)

歯というのは目に見える部分だけでなく、歯茎に埋まっている部分も含めた物を言います。そして歯のトラブルというのは目に見えない内部で起こっていることがほとんどです。そのため、歯医者が歯に何らかの治療をするにあたっては内部を把握しておく必要があるのです。

・虫歯の状態の確認
・歯根の状態の確認
・骨の状態の確認
・詰め物や被せものの状態の確認

このような目的でレントゲンを撮ります。

子供の歯の生え変わり時期でレントゲンが必要な場合

子供の歯の生え変わり時期では、上述した理由以外でもレントゲンを撮る可能性があります。

乳歯がなかなか揺れない場合

子供の歯の生え変わりには大体の目安となる時期がありますが、その目安を大幅に過ぎているのに乳歯が揺れもしないという場合にはレントゲンを撮る可能性があります。

乳歯が揺れないということは生まれつき永久歯がない「先天性欠如」が疑われるので、これを肯定、または否定するためにレントゲンが必要不可欠です。
乳歯が交換の時期になってもかなり残っている場合があります。レントゲンを撮って永久歯の存在がわかれば交換まで待ちます。

生え変わり時に左右非対称

特に前歯の場合で右だけが生え変わっているのに、左がなかなか生え変わらない場合は、歯の真ん中がずれてしまうので、レントゲンで確認し、乳歯を早めに抜歯する場合があります。また、歯列矯正が必要な場合もあります。

歯医者でおこなうレントゲンの種類

ここでは歯医者で使うレントゲンの種類を紹介していきます。それぞれで目的が違うので、知っていると少し歯医者が楽しくなるかもしれません。

パノラマ

パノラマでは一枚の写真で歯や骨、顎関節の異常、親知らずの有無や埋もれ具合、上顎洞の状態などさまざまな情報を得ることができます。治療を開始する前などに口の中全体の状態を把握したい時や、親知らずや骨の奥深くなど小さなレントゲンでは写すことのできない部分を見たい場合に撮られます。

デンタル

小さな写真のフィルムを口の中に入れて、外側からX線を当てて撮影するものです。一度に2、3本の歯を撮ることができ、パノラマと比較すると歯の詳細な状態を映し出すことができます。特定の歯の虫歯や骨の状態をより詳しく知りたい時、治療中の歯の経過を詳しく確認したい時などに撮られます。

セファロ

上下の顎の大きさ、顎の形、歯の傾斜などを分析し、診断や治療方針の決定をします。また、矯正治療中や矯正治療後にセファロを比較することで、変化を観察することができます。

歯医者のレントゲンって被ばく量は大丈夫?安全?

歯の生え変わり時期のレントゲンとなると、子供もまだ小さいので心配になってしまう放射線の被ばく量ですが、ほとんど心配する必要はありません。
それぞれの放射線量は胸部や胃のX線検査で浴びる放射線量よりも少ない値です。
全顎総覧撮影用X線装置「パノラマ」・・・0.03mSv(1回)
口内法撮影用X線装置「デンタル」・・・0.01mSv(ミリシーベルト)
例えば、顎全体を写すパノラマ撮影というレントゲン検査がありますが、この検査を10回受けると、胃のX線検査1回の放射線量とほぼ同じ、ということになります。従って、歯科医院で行われるレントゲン検査の被曝量はごく小さなものと考えて良いと思います。

まとめ

今回は歯医者のレントゲンについて紹介してきました。これらを全て覚えておく必要はありませんが、歯の状態によってレントゲンを撮る必要があること、歯医者のレントゲンは安全であることは知っておいて損はありません。

子供の歯の生え変わり時期で気になることがあれば、レントゲンの必要性も含め早めに歯医者に相談しましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の歯の生え変わりが遅い!何かの病気?歯医者に行くべき?

子供の歯の生え変わりが遅い!何かの病気?歯医者に行くべき?

子供の歯の生え変わりが遅いと気になってしまいますよね。なんでもそうですが、周りの子供よりも遅いというのは不安になって当然です。そこで、子供の歯の生え変わる時期や遅い場合に考えられること、歯医者に行った方が良いのかという点を解説していくので参考にしてみてください。
馬場 | 503 view
子供の歯の生え変わりの順番は?順序がおかしくても大丈夫?

子供の歯の生え変わりの順番は?順序がおかしくても大丈夫?

子供の歯の生え変わり時期に差し掛かるといろいろと心配事が増えてきますよね。そこで今回は、子供の歯が生え変わる順番について解説して、順番通りじゃなかった場合にどうすれば良いのかを紹介していくので参考にしてください。
馬場 | 527 view
子供の歯の生え変わり時期の歯並びが心配!気を付けたいことは?

子供の歯の生え変わり時期の歯並びが心配!気を付けたいことは?

子供の歯の生え変わり時期になると気になるのが「歯並び」ですよね。今回は子供の歯の歯並びを悪くしてしまうトラブルや子供特有の癖を紹介していくので、子供の歯並びを良くしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 127 view
子供の歯の生え変わり時期に歯が内側に生えてきた!矯正、抜歯は必要?

子供の歯の生え変わり時期に歯が内側に生えてきた!矯正、抜歯は必要?

子供の歯の生え変わり時期には、永久歯が内側から出てきてしまうことが良くあります。これは放っておいて良いのか、抜歯が必要なのか、矯正が必要になるのか気になるところですよね。そこで今回は子供の歯の生え変わり時期に、内側から永久歯が出てきてしまうことは問題ないのかどうかまとめていくので参考にしてください。
馬場 | 321 view
子供の歯の生え変わりで奥歯はどうなる?歯の生え変わりの仕組み

子供の歯の生え変わりで奥歯はどうなる?歯の生え変わりの仕組み

子供の生え変わりの時期には「奥歯ってどうなるのかな?」と疑問に思うこともあります。永久歯の方が乳歯よりも数が多くなりだすと、歯のトラブルが起こりやすくなるのでは?とママやパパは不安に感じるのではないでしょうか。今回はそんな不安を払拭するために歯の生え変わりの仕組みについて解説していくので参考にしてください。
馬場 | 709 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場