2017年3月6日 更新

歯の被せ物「ブリッジ」が口臭の原因に繋がるってほんと?

歯を抜いた後に被せるブリッジ。ただ自分の歯を磨くのと同じ様に歯ブラシで磨いていませんか? 構造上、実はとても汚れが溜まりやすく口臭の原因にもなるんです。そもそも口臭は何が原因で発生するのか、予防する為の歯ブラシで磨くポイントをわかりやすくまとめてお教えします。

185 view お気に入り 0

そもそもブリッジって何?

 (7740)

歯科用語でブリッジとは歯を失った際に、両隣の歯を土台にしてそこに橋をかける様に複数の繋がった人工物の歯を被せ、失った部分を補う治療法です。
失った歯の本数、土台になる歯の強度、口腔内の状態などによってブリッジにするかデンチャー(入れ歯)にするかを判断します。
歯のブリッジの本数を数える時は、抜歯してある部分だけではなく、その前後の土台となる自分の歯を基準にして本数を決定します。そのため、1本の抜歯した空きスペースに対して最低2本の土台が基本。ブリッジは最低3本からと覚えましょう。

ただし空きスペースが2カ所に分かれていたり、歯のない部分が3本以上あったり、同じ1本でも犬歯のように使用の際に負担が大きい歯などは、咬み合わせの際の力や歯ぎしりなどに対応するため、本数がさらに多く必要になることもあります。

口臭って何で発生するの?

 (7770)

食事をした後や飲み物を飲んだ後に歯を磨かなかったり、磨きが不十分だと多くは歯の表面や歯と歯の間に汚れがたまったままになります。
そしてこの汚れを放置したままにすると、これをエサとする細菌が寄ってきて、食べカスの中にあるタンパク質を分解します。分解し腐敗する時発生するのが口臭です。
またこれらの汚れを放置することにより、歯肉炎になったり歯周病になったり、虫歯になる原因となります。
口臭の原因となるのは、どんなことでしょうか。それには大別 すると、生理的口臭と病的口臭とがあります。
生理的口臭とは
 自然な口の臭いのほかに、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いが生理的口臭です。食べ物のなかでも、口臭の原因となりやすいのはニンニクとネギ、ニラ、ラッキョウなど。とくにニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。またアルコールも本人にはわかりにくいのですが、強い臭いが漂います。
 自分の口臭を感じたとき、ニンニクの入った料理やアルコールの影響が残っていないかどうか、まず考えてみましょう。ニンニクやアルコールの臭い解消には、牛乳が効果的なので試してみてください。梅干やレモンにも、食べ物の臭いを薄める効果があります。もちろん歯磨きも忘れずに。
病的口臭とは
 病的な口臭には、次のようなものがあります。
● 口の病気"虫歯、歯周病、口内炎など。
● 鼻やノドの病気"蓄膿症や扁桃炎、アデノイドなど。
● 胃腸の病気"胃炎や胃拡張など。この関連で、舌に白いコケのようなもの(舌苔)が増え、それが臭いを発することがあります。舌苔をとる専門の用具もありますが、歯ブラシで軽くこするだけでも臭いはかなりとれます。
● 呼吸器の病気"慢性気管支炎など。
● その他"糖尿病や肝臓病、腎不全、がんなど。
 こうした病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。じつは慢性的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病といわれるほど。つまり口臭を気にするなら、虫歯と歯周病を防ぐためのオーラルケアこそがもっとも重要なのです

ブリッジを磨く3つのポイント!

汚れが口臭に繋がるということはわかりましたね。それではブリッジの汚れが付きやすい場所を大きく3つに分け、しっかり歯磨きしていきましょう。
 (7789)

1 歯と歯の間

歯と歯の間は自分の歯と同じでとても汚れが残りやすい部分です。最初に歯ブラシを全体的に当て、隙間が小さい様ならフロス、隙間が大きいようなら歯間ブラシを使うと良いでしょう。

2 歯とポンティック(ダミーの歯)の間

画像で見るとちょうど真ん中の部分、歯がないところをまるで歯がある様に見せている歯をポンティックと言います。この歯は両脇を繋いでいる為、上からブラシが入らない様になっています。
ですので横からのアプローチがとても重要になります。サイズの合った歯間ブラシをしっかり入れて磨くことをオススメします。

3 ポンティックと歯茎の境目

上で説明したポンティック、見た目だけだとまるで歯がある様に見えますが実際は根っこの部分が抜いて無い為、ポンティックと歯茎の間には隙間があります。
ここには物が挟まりやすく、入るようなら歯間ブラシで取り、隙間が狭く歯間ブラシが入らない様ならスーパーフロスという通常のフロスとは異なるブリッジ専用のフロスを歯医者などで購入し使用するようにしましょう。
通常の歯ブラシと併用してブリッジの形や歯茎とブリッジの隙間の広さに応じた歯間ブラシを使わなくてはいけません。
隙間にわずかな抵抗感で出し入れできるくらいの太さの歯間ブラシを選択してください。
スカスカの場合は細すぎで歯垢を取る事が出来ません。
歯間ブラシは1回入れて出すだけではなく、歯をブラッシングするように細かく出し入れをしてください。
適切な歯間ブラシのサイズは歯科医師もしくは歯科衛生士の診断をうけて頂く事をお勧め致します。また、ブリッジを入れたら必ずブラッシング指導を受けて、正しい歯磨きが毎日出来るようにしなくてはいけません。
また、歯科医院で定期検診を受けて歯磨きが出来ているか、噛み合わせが悪くなっていないかなどのチェックを受けるのもお手入れの一つです。

まとめ

 (7814)

この記事を読んで初めて自分がブリッジを入れていたことに気付いた方もいると思います。
無くなった歯をまた新たに生やすことは難しいですが、今の1番良い状態を維持することはこれからの努力次第で可能となります。
そのためにも歯医者への定期検診で自分の今のお口の状態を正しく知り、正しい方法で歯ブラシをする習慣を付けて行きましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

爽快な息を手に入れるために!口臭予防に効果的な歯の磨き方5選

爽快な息を手に入れるために!口臭予防に効果的な歯の磨き方5選

口臭って周りに与える影響は大きいものです。一度口臭のイメージを与えるとなかなかそのイメージを払拭するのは難しいことだと思います。口臭の原因はさまざま。そこでどんな原因にも対処できるような歯の磨き方を紹介します。
ryosuke | 100 view
歯の口臭の原因になる黄ばみ!原因は食べ物以外にもある?

歯の口臭の原因になる黄ばみ!原因は食べ物以外にもある?

歯の口臭が気になる時に自然と鏡で口内チェックすると思います。歯の口臭って自分で感じる異臭と周りが感じる異臭の度合いが違うのでやはり避けたいものですからね。そこで口臭の原因となっているのはやっぱりこの黄ばみ?なんて方に黄ばみの原因と対処法を紹介します。
ryosuke | 83 view
歯の口臭の原因になる歯石…口臭対策に必要なことはズバリ『歯石予防』!

歯の口臭の原因になる歯石…口臭対策に必要なことはズバリ『歯石予防』!

口内トラブルとして考えられることはたくさんあると思います。痛みを伴う虫歯は誰もが避けたい症状ですが、痛みは自分だけに負担のかかるもの。意外と多くの方が悩みと考えるのは周りにも影響する口臭です。歯の口臭対策に必要なことは?実は歯石予防にあったんです。
ryosuke | 67 view
歯の強烈な口臭の原因になる膿!自宅でできる3つの応急処置

歯の強烈な口臭の原因になる膿!自宅でできる3つの応急処置

口臭は周りにも不快な気持ちを抱かせる原因になります。マナーとしても口臭対策は必要になりますが、完璧に口臭対策を行えている人は少ないのではないでしょうか?今回特に強烈な口臭を発症させる膿ができてしまった場合、早期に取り入れられる応急処置について紹介します。
ryosuke | 507 view
【徹底解説】気になる歯のブリッジの噛む力とメリット・デメリット

【徹底解説】気になる歯のブリッジの噛む力とメリット・デメリット

近年、私たちは様々な歯科治療法を選択できるようになりました。 その中でもかけがえのない歯を失ったときの治療方法は、その後も治療を終えた歯と長い付き合いになることを考えると悩ましい問題です。 「ちゃんと噛む力はあるのかしら?不自然にならないといいけど…。ブリッジにするか、入れ歯にするか、インプラントにするか…。」色々と悩みは尽きません。 ここではその中でもブリッジについての解説と、そのメリットデメリットを紹介したいと思いますので是非参考にしてみてくださいね!
pakomi | 227 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

raku2ra raku2ra