2017年2月21日 更新

歯を矯正したら歯茎が下がった!?歯茎下がりの理由とケア方法とは?

歯並び(歯列)を矯正したら「歯が長くなったかも?」なんて感じている方はいませんか。実はそれ、歯科矯正後によくある歯茎下がりかもしれません。なぜ矯正をしたら歯茎が下がるのか、どのように治療をするのかを今回はまとめてみました。

1,500 view お気に入り 0

歯の矯正後に歯茎が下がる理由とは?

 (7560)

せっかく歯列矯正をしたのに、歯並びがキレイになっても歯茎が下がっては審美性が失われてしまいます。
歯列の矯正後に歯茎が下がる理由は、歯茎の下の骨が薄いもしくは無くなっている可能性が高いためです。
歯列矯正で歯茎が下がってしまう原因として、歯を抜かずに広げる場合などの時、歯が骨から飛び出してしまうことがあります。そういった場合を含めて、矯正治療は歯の周囲の骨にケアをした治療法ではないため、歯の並んだところに骨がなかったというケースも多くなります。

こういったケースでは歯茎が退縮して歯が長く見える上に、歯の寿命が短くなります。

矯正前に骨と歯茎を再生・増殖することが必要です。

歯の矯正後にできる「ブラックトライアングル」は歯茎下がりのせい?

 (7570)

ブラックトライアングルとは、歯の根元にできる隙間のことを指します。
このブラックトライアングルができることで歯がスカスカな印象を与えやすくなるのです。
歯列の矯正後に起こりやすく、ワイヤーで矯正する際歯を骨がない場所へ移動することで歯茎が下がります。
矯正治療中デコボコが改善されたときに、一時的にブラックトライアングルが出現することがあります。この現象の多くは歯茎が減った(歯肉退縮)というより、デコボコの歯ならびの時には歯肉も重なって隙間が見えにくかったものが、矯正治療によって歯が整列され歯根の間が広がるため、実際は治療前と歯と歯茎の位置(骨や歯肉の高さ)に 違いはなくとも、歯茎の隙間として現われるものです。歯周病により引き起こされる歯肉退縮とは異なりますので歯の健康上の問題はありません。少し時間がかかりますが、歯肉は立ち上がってきます。

下がってしまった歯茎を歯の矯正前に戻したい! 治療法と費用は?

Free illustration: Hand, Question, Questions - Free Image on Pixabay - 1218086 (7599)

歯茎下がりを諦めるのはまだ早いです。
近年、インプラントや歯列矯正だけではなく歯茎の整復を行う歯科が増えています。
歯茎の土台となる骨を作ったり歯茎を移植することで、ハリのある歯茎を取り戻すことが可能です。
■結合組織移植術(CTG)…30,000円~50,000円程度
→上あごの口蓋から結合組織のみを採取して、歯肉が痩せている部分の上皮と骨膜との間に結合組織を移植して
歯肉を増やす方法。

■遊離歯肉移植術(FGG)…約50,000円前後
→上あごの奥歯の内側の歯肉が豊富な部分の歯肉を、歯肉が不足している場所に移植する方法。

■光殺菌療法…20,000円~50,000円程度
→レーザー光によって歯周病菌を殺菌する治療法。

■GTR…50,000円
→GTR膜という膜を歯肉の中に設置して、歯肉が下方へ増殖するのを防止し、膜の中で骨を再生させる方法です。日本では「歯周組織再生誘導法」と呼ばれています。2008年から保険適応になりましたが、保険適応のないGTRメンブレンを使用すると保険外診療となります。

■エムドゲイン…50,000円~100,000円程度
→骨を作るといわれている薬剤を使う方法。シリンジには7mlと15mlがあり、15mlの方が当然高値になります。

歯茎下がりを防ぎたい!歯の矯正後にやるべきデンタルケアとは?

Free photo: Toothpaste, Toothbrush, White - Free Image on Pixabay - 1786388 (7608)

歯の矯正が成功してもその後のケアを怠ると、加齢でどんどん歯茎下がりが進んでいきます。
歯の矯正後は歯を強く磨きすぎない、歯垢の磨き残しに注意する、そして定期的に歯科で検診を受けることが大切です。
◆「セルフケア」で大切な3か条

①柔らかめの歯ブラシを使う

②自分に合った歯ブラシの持ち方でしっかり磨く

③歯と歯茎の境目を丁寧に磨く

まとめ

歯列矯正後にありがちな歯茎下がりですが、矯正後の適切なケアで予防することが大切です。
もしも歯茎下がりが起きてしまっても、諦めずに歯科医へご相談くださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 363 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 532 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 468 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 412 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 462 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

なみ なみ