2017年3月2日 更新

無意識の噛む力が歯にダメージを与えている!?マウスピースでダメージの軽減を

人の噛む力はとても強く、場合によっては奥歯に多大なるダメージを与えていることがあります。それも無意識のうちに、です。放っておくと、奥歯が削れたり割れたりしてしまうことも……。この問題を解決するには、マウスピースの使用がおすすめです。

250 view お気に入り 0

噛む力が、歯に負担をかける?

Free photo: Apple, Bite, Diet, Eat, Face - Free Image on Pixabay - 15687 (2725)

噛む力が歯に負担をかけることがあるということを知っていますか?
人の噛む力には2種類あります。
1つ目は、食事のときの噛む力。しかし現代食は柔らかいものが多いこともあり、これは大した力ではありません。普段の食事なら1kgほどの力ですので、歯や歯茎に負担をかけるほどではないと言えます。ただし、煎餅などの堅いものを食べる際には、もう少し力が加わります。
一般的に硬い印象のあるせんべいやピーナッツを噛むためには、 せんべいで14kg、ピーナッツで約12kgの力がいるそうです。

硬い食べ物を噛み砕くためには、これくらいの力が歯と歯茎にかかってきます。 食べ物を美味しく味わいながら快適に噛もうと思えば、 これらの力に耐えうるだけの健康な歯と歯茎が必要になります。
様々な食べ物を食感も楽しみながら食べるには、歯と歯茎を健康に保っておく必要があるということですね。しかしやはり、食事のときの噛む力で歯に負担をかけることは心配しなくてもよさそうです。
問題になるのは、2つ目の力。それは、歯ぎしりをしたり歯を食いしばったりするときにかかる力です。

歯ぎしりや食いしばりによる噛む力

歯ぎしり|イラストNo.1569【歯科素材.com】 (2730)

歯軋りや食いしばりの時にかかる力は、体重の約2倍と言われています。
体重50Kg以上の人で100Kgにもなるのです。この時にダメージを受けやすいのは、一番後ろの奥歯です。
耳障りな音がする場合は歯ぎしりをしていることが明確に分かりますが、音がしないまま歯ぎしりをしている人も多々います。むしろ、音がしない人の方が周囲にも気づかれにくく、自分自身でも歯ぎしりを意識しないため、止めることが難しいと言えます。
また、歯を食いしばる行為は就寝時に起こることからも分かるように、ほとんどの人にとっては無意識のうちにしてしまっていることです。
これらの行動による噛む力で奥歯に負担がかかり、歯が削れたり痛みが出たりするのです。

マウスピースで噛む力をコントロールしよう

マウスピースのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2735)

無意識下の行動は、自分の意思だけ制限することはできません。だからと言ってこれらの歯ぎしりや食いしばりを放置してしまうと、噛む力によって歯だけでなく顎の関節にもダメージがかかったり、頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。
そこで、どうにかして噛む力をコントロールする必要が出てきます。
咬む力のコントロールの手段の一つとして、寝ている間にマウスピース(スプリント)を装着することを推奨しています。
起きている時の食いしばりは、意識的に防ぐことができても、寝ているときの食いしばりや歯軋りは中々コントロールできません。
寝ている間の歯軋り・食いしばりは、マウスピースを装着することによりコントロールします。
マウスピースをつけると、歯ぎしりをしても上下の歯が直接ぶつかることがありません。そのため、たとえ寝ている間に歯ぎしりをしてしまっても、それによって奥歯が削れたり割れたりすることがなくなります。
また、マウスピースをつけることで、噛む力を抑える効果も期待できます。
口内に何かしら硬い物が入っていると私たちの脳はそれに対応して噛む力をやわらげてくれるという事です。寝ている間ですから無意識なのですが、体がちゃんとそうしてくれるのです。

まとめ

新しいスマートフォンを食べる赤ちゃん|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (11552)

知らず知らずのうちに歯に多大なダメージを与えているかもしれないと考えると、少し恐ろしくなりますね。起床時に奥歯に違和感があるという人は、寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしているのかもしれません。気になることがあったらすぐに歯医者さんに相談しましょう。
また、家族の中に歯ぎしりをしている人がいる場合も、歯医者さんにかかることを勧めてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 269 view
【徹底解説】気になる歯のブリッジの噛む力とメリット・デメリット

【徹底解説】気になる歯のブリッジの噛む力とメリット・デメリット

近年、私たちは様々な歯科治療法を選択できるようになりました。 その中でもかけがえのない歯を失ったときの治療方法は、その後も治療を終えた歯と長い付き合いになることを考えると悩ましい問題です。 「ちゃんと噛む力はあるのかしら?不自然にならないといいけど…。ブリッジにするか、入れ歯にするか、インプラントにするか…。」色々と悩みは尽きません。 ここではその中でもブリッジについての解説と、そのメリットデメリットを紹介したいと思いますので是非参考にしてみてくださいね!
pakomi | 260 view
大人に嬉しい!マウスピースを使った歯並び矯正

大人に嬉しい!マウスピースを使った歯並び矯正

「目立たない」「怖くない」など、プラスイメージの強いマウスピースを使った歯並び矯正に興味のある方は沢山いますよね。普段の生活で、矯正中の歯が目立ちたくないという大人向け矯正治療として高い人気を誇っています。マウスピース矯正について、また気を付けることなどを記事にまとめてみました。
| 75 view
LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 70 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 381 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白雪 白雪