2017年3月6日 更新

歯にできた隙間が気になってしょうがない!どう治したらいいの?

歯にできた隙間は、実は生まれつきか幼少期に原因があるかもしれません。今回はいわゆる「すきっぱ」になる原因と、その治療法の数々をご紹介いたします。一緒にコンプレックスだったスキッパを治しましょう。

69 view お気に入り 0

すきっ歯とは?

 (2434)

歯は、歯列弓の外側にある口唇や頬筋と、内側にある舌の力のバランスが調和している所に並びます。空隙歯列の場合、大きな舌や、筋力の弱い口唇や頬筋が、歯を外側に移動させ、歯の並ぶ土台の部分(歯列弓)が大きくなります。大きな歯列弓に対し、歯が小さいと空隙が生じます。
乳歯列期や混合歯列期の空隙は、永久歯の大きさや数の調和がとれている場合、歯の交換により自然に閉じることがあります。しかし歯が小さい、または歯の数が足りない場合、自然に閉じることは困難です。
写真を撮るときや、笑うとき、なんとなくいつも気になってしまいますよね。
すきっぱとは専門用語で「空隙歯列」と呼びます。両親から受け継いだ小さな顎と、小さな歯の場合になる遺伝的な要因や、アンバランスな顎の発達による成長過程に起こる要因があります。永久歯に生え変わる時に、自然に閉じることもありますが、歯が小さかったり、歯の本数が足らなかった場合は、自然に治ることはありません。

他に原因は?

口元を隠して嘲笑する女性(美容・エステ)|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (2983)

不正咬合のひとつである叢生(そうせい)が、顎の大きさよりも歯が大きくなることで生じるのに対し、空隙歯列(くうげきしれつ)の場合は、逆に大きな顎と小さな歯が要因になるのです。

そして、もうひとつのケースが、上唇にある上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼ばれる歯茎と唇をつなぐ小さなスジの位置に問題がある場合です。
「先天欠損歯」と言って、現代人の歯は生まれつき前歯が一つ欠損している場合があり、前歯のすきっ歯はそれが原因のようです。また矮小歯と言って、先天的に歯が小さいことが原因とされています。
他にも、小さい頃の指しゃぶりや、舌の大きさ、舌の位置、歯の本数などが関係しているようです。

治療法① ダイレクトボンディング

ダイレクトポンディング法は形だけでなく色の調整までできるので、スキッパだけでなく歯の欠損にも使われる治療法です。治療は一日、二日ほどで完了します。しかし噛み合わせが大き場合は歯が欠けたり割れたりする場合があります。医師の技術に大きく左右する治療法でもあるのです。歯医者を選ぶ際は、この治療法を長年取り入れているところを選ぶのがいいでしょう。
ダイレクトボンディング治療(審美的ダイレクトレジン修復・ダイレクトべニア)は、多種類のプラスチックを直接お口の中で盛りつけていき、天然歯のような自然な色や形を再現する治療法です。
 ダイレクトボンディング治療は、セラミックによる被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)に比べて、歯を削る量を抑えることができます。

治療法② ラミネートベニア

 (2447)

ラミネートベニア法とは、歯の表面を0.5mm程削り、 そこにネイルチップのような薄い人工歯を貼り付ける治療方法です。
歯の形が悪い、歯の色が悪い、すきっ歯を治したいなどのご要望にお応えできます。
歯を削る量が少なく、治療回数も少なくてすみ、麻酔が不要で痛みも少ないです。
よく材木屋などで表面だけ加工してある合板のベニアがありますが、ラミネートベニアとはそのようなイメージで考えるとわかりやすいです。歯の表面のエナメル質の部分を削ってそこに人工の歯を歯科用接着剤で貼り付けるのです。ホワイトニングで落とせなかった歯の着色汚れなども、この治療法で治すことができます。お値段はだいたい10万から15万円くらいが相場です。

保険内で治すなら

隙間だけを気にされているのであれば、そこに「コンポジットレジン」と言う樹脂系の材料をダイレクトボンディング法で埋めれば簡単に隙間をなくすことができます。
但し、素材的に耐久性や強度が劣るため、強い力がかかると外れたり欠けたりする危険性があります。
 (2452)

レジンとは元々松ヤニの樹脂を意味する言葉でした。コンポジットレジンとは歯科用のプラスチック接着剤のことです。これは保険内で治療ができます。小さな虫歯や歯の損傷によく使われる、いわゆる「詰め物」です。ペーストを歯に流し込み、光を当てて固めます。この光景は虫歯の治療をしたことがある人なら知っているかもしれませんね。保険適用の上、短い治療時間で終わります。
しかし、ちょっとした隙間の治療なら保険がきくと思われますが、大きな欠損を伴う審美治療の場合、保険適応外になることもあるので注意が必要です。

まとめ

歯の隙間のようにほとんど生まれつきが原因で、普段のケアだけではどうにもならない問題が歯にはよくあります。しかしそんな問題を多く解決してきた歯科の世界では、いろんなタイプの治療法が確立されています。自分にあった最善の治療を見つけられるといいですね!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

すきっぱの歯の矯正方法とは?最新の治療法をご紹介

すきっぱの歯の矯正方法とは?最新の治療法をご紹介

すきっぱという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。前歯と前歯の間に少し空間があることで、審美性が損なわれてしまうことを言います。今回はそんな歯のすきっぱを矯正する方法や、費用を調べて見ました。
クッスン | 140 view
私の歯並び大丈夫?隙間ができる原因、予防、治療法をご紹介!

私の歯並び大丈夫?隙間ができる原因、予防、治療法をご紹介!

最近なんだか歯と歯の隙間に物が詰まる、隙間が気になって大胆に笑えないなど、隙間のある歯並びでお困りではありませんか?隙間のある歯並びにお悩みの方は少なくありません。なかなか人には聞けない歯並びの隙間について原因、予防、対処法をご紹介いたします。
makko | 186 view
すきっ歯(空隙歯列)について|前歯に隙間があって歯並びが悪い

すきっ歯(空隙歯列)について|前歯に隙間があって歯並びが悪い

いわゆる「すきっ歯」と呼ばれる症状があります。前歯の歯と歯の間に隙間があって歯並びが悪く見える状態です。すきっ歯はやはり外見的な悪さが特徴で、そのコンプレックスを治すために治療を受ける方も多いです。すきっ歯の原因やその治療方法について詳しく見ていきたいと思います。
あかねっぴ | 266 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado