2017年3月6日 更新

すぐに対処しよう!!歯が欠けたときの対処法とは

「歯が欠けてしまった…」あなたはこんな経験はありませんか?そんな時にどんな対策をしているでしょうか。放置していないでしょうか。歯が欠けてしまっても特に異常を感じていないからそのまま生活をしていると症状の悪化が進みます。そこで、どのようなトラブルがあるのか、また、どんな対処法があるのかを紹介していきます。

99 view お気に入り 0

歯が欠けたときにおこるトラブル

 (4341)

様々な要因で歯が欠けることがありますが、そのまま放置しておくとどのようなトラブルが潜んでいるのかを先にみていきましょう。

①食事の際の食べかすがたまり虫歯や口臭になりやすい
②細菌が入り込んで歯茎の腫れ、膿がたまることもある
③あごの骨や関節にも影響が出る

以上のようなトラブルが考えられるわけですが②、③を考えると早めの対処をしていきたいところですね。
歯が欠けると保護する役割のエナメル質が取れてしまって象牙質がむき出しになってしまします。
象牙質はエナメル質よりもやわらかい層で放置するとさらに欠けた状態が進んでしまいます。
象牙質に食べかすがたまると虫歯や歯茎の腫れにつながります。
また、歯が欠けたことで噛み合わせにも影響が出てきてしまい、あごの骨や関節にも影響が出る可能性があるようです。
歯を抜けたままにして放置しておくと、お口の中には様々な影響が出てきます。
奥歯の下の歯が1本抜けた場合、まずこれまでその歯と噛み合っていた上の歯が下に伸びてきます。また、両隣の歯が抜けた歯の方向に倒れてきて、さらにはそこにプラークがたまりやすくなってしまいます。結果として、虫歯や歯周病などが誘発されることがあります。歯はかなり緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、例え1本の欠損の場合でも、そのままにしておくことはお勧めできません。

歯が欠ける原因は?

 (4373)

では次に、歯が欠ける原因についてですが、こちらも様々な原因が考えられますが大きく4つ紹介します。

・虫歯によって欠ける
・外傷によって欠ける
・歯に負担がかかって欠ける
・食べ物による影響

以上のような原因が大きなものです。
虫歯が進行してしまって欠けることや、何かにぶつかってしまってしまい欠ける、固いものを食べたときにかけてしまうなど、これらは想像がつくでしょう。
人によってはスポーツの時に歯を食いしばってしまって負担がかかり欠けることもあります。

また、酸の強い食べ物や調味料を摂りすぎると歯が溶けてしまいます。
その影響で歯が欠けることもあるようです。
酸が強いと言われるものは、柑橘系やお酢などになります。
美容や健康のためにそれらを積極的に食べる方は注意が必要です。
例えば、柑橘系の食べ物を食べた後には水で口をすすいで対策を取ってください。
美容のために、毎日お酢を飲んだり、柑橘類など酸の強いフルーツを多く召し上がる方もいらっしゃると思います。確かにお酢やフルーツ自体は体に良いものですが、酸性度の高い飲食物に長時間歯が触れている状態は決して望ましいものではありません。酸性度の高いものを口にしたら、そのあと水やお茶などで口をすすぐ習慣をつけましょう。

歯が欠けたときの応急処置

 (4383)

何らかの原因で歯が欠けてしまったときには放置せずに応急処置を施しましょう。
その後、歯科医院でしっかりとした治療を受けることが望ましいです。

・患部には触れず、痛みがある場合は鎮痛剤を飲む
・歯が欠けた直後であれば保存液でもとの位置に戻す

歯が欠けたらむやみに患部を触ったりしないでください。
痛みなどの原因になります。

また、痛みが出るようであれば鎮痛剤を飲んで症状を和らげるようにし、その後、歯科医院での治療に向かいましょう。
家庭においてあることはなかなかないかもしれませんが、保存液があれば元の位置に戻してみましょう。
歯は欠けたところから再生はしませんが歯が欠けてからの時間が間もなかったりすれば再び歯が定着することもあるようです。
歯が欠けたり、抜けたりした場合、欠けた歯は洗わず、学校などには「ティースキーパーネオ」という保存液があるので、それにつけましょう。ティースキーパーネオだと24時間保存が可能です。無い場合は、お口の中に入れ唾液の中につけるのが良いでしょう。飲み込まないように注意してください。

歯科医院での治療

 (4381)

歯が欠けたといっても症状によって治療の方法も変わってくるようです。
歯の欠け方が小さい場合には周辺を削るか白い樹脂で埋めていく治療になります。

他には「ティーシーズ」という方法もあります。
この方法は、歯を削ったりはせず創作歯を張り付ける方法のようです。
欠け方が大きい場合にはかぶせ物をする治療が一般的のようです。
神経まで達している場合には神経を取ってから根元の治療が必要になるでしょう。
その後に歯の土台を埋めてかぶせ物をしていきます。
ギザギザになっている程度であれば丸めて平らにするだけです。また、小さなくぼみや、段差が大きい場合はコンポジットレジンというプラスチックで、欠けてしまった部分を歯の形に合わせて治療します。
歯が欠けるというのは様々なトラブルがあり早めの対処をしていかなくてはいけません。
歯のかけ方がわずかだと気づきにくいかもしれませんので、一度セルフチェックや歯科検診を受けてみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

えびす えびす