2017年3月6日 更新

子供の歯の生え変わり時期に多い歯茎トラブルと対処法

子供の歯の生え変わりは何事もなく終わることもあれば様々なトラブルが起こってしまうこともあります。今回は子供の歯の生え変わり時期に多い「歯茎トラブル」についてどんなトラブルがあるのか、また対処法を紹介していくのでぜひ参考にしてください。

1,526 view お気に入り 0

歯が抜けた後に歯茎がブヨブヨと赤い!

 (10184)

歯が抜けた後に、歯の抜けた部分の歯茎にブヨブヨで赤い(または白い)ものが見られることがあります。これは乳歯の神経が変性してしまい、治療の途中に見られる血餅、歯が抜けた後の盛り上がりと言われるもので、大体の歯は抜けた後にこうなるのでさほど心配いりません。

このブヨブヨが白い場合で、抜けた歯を見ると根が短いために「歯茎に歯の根が残ってしまったのではないか」と思うこともありますが、抜ける乳歯の根は短いので問題ない場合が多いです。

通常、この血餅や盛り上がりは痛みを伴わないですが、子供がとても痛がるようなら痛み止めなどをもらうために歯医者に見てもらっても良いでしょう。
これは乳歯の中にあった根や神経の組織で、乳歯が抜ける時に歯肉に吸収される部分とのこと。ほとんど数日のうちに吸収され、なくなるようです。1週間以上ぷるぷるしたものが残っている時は、歯医者さんに相談してみて下さい。

歯の生え変わり時に多い歯茎トラブル

Free photo: Girl, Child, Portrait, Little Girl - Free Image on Pixabay - 102831 (11150)

ここでは、少し注意が必要な歯茎のトラブルを紹介していきます。
該当する場合、該当しそうな場合は歯科医院に相談しましょう。

6歳臼歯が出てこない

6歳臼歯が歯茎に埋まったまま出てこない場合があります。埋伏歯(まいふくし)という状態で原因は不明です。そのまま出てこない状態が続くと奥歯では物が噛めなくなり、顔がゆがんでしまう可能性があります。
矯正装置や歯茎の切開が必要な場合があります。

萌出性歯肉炎

歯が生えてくるときに一時的に起こる歯肉炎で、歯が生えてしまうと治まることが多いです。永久歯の奥歯が生えてくるときに起こりがちです。永久歯の奥歯は、完全に生えるまでに時間がかかり、長い間、奥歯の大部分が歯茎の中に隠れた状態が続きます。このため、歯と歯茎の境目に歯ブラシの毛先が届かず、歯垢が溜まりやすくなります。

ヘルペス性口内炎

まずは発熱がないかを調べます。発熱のある場合は「ヘルペス性口内炎」の可能性があります。歯茎に腫れがあり、発熱がある場合は、小児科を受診するようにしましょう。また小児の場合、風邪の初期症状が口腔内に出やすいことも特徴です。

雑菌が繁殖して歯茎が腫れた

抜けた歯茎が気になり、指で触り続けた結果、雑菌が繁殖し炎症を起こすお子さんもいらっしゃるとのことでした。

そのような時は、すぐに歯医者さんへ行きましょう。抗生剤を飲めばすぐに症状が落ち着き、いつも通りの生活を送ることが出来るようです。

歯が抜けた後の歯茎の正しいお手入れ方法

Free photo: Girl, Wall, Mural, Girl Power - Free Image on Pixabay - 490836 (11149)

止血する
清潔に保つ
歯を保存する
抜けた側での食事は避ける
歯の生え変わりで、正しく抜けた場合でも出血することがあります。
ここで大切なのは「うがいより先に止血をする」ということです。
出血している箇所に水を当てると血が止まらなくなるので、清潔なガーゼやティッシュを丸めて5~10分ほど噛みましょう。

また、抜けた場所を手で触る、しょっぱい物・酸っぱい物を食べるなどは避けたほうが無難です。

歯が正しく抜けなかった場合

子供と言えど、生え変わりだけが歯の抜ける要因ではありません。

・外傷によって歯が抜けた
・歯肉炎によって歯が抜けた
・虫歯で歯が欠けた

このような場合には止血をして歯を保存し、すぐに歯医者に行くようにしましょう。
外傷の場合には、事故から30分が大事になります。早急な処置が明暗を分けます。まだグラグラした状態ならば、その歯を抜かずにそのままにして歯医者さんに行きましょう。出血している場合には、ガーゼなどを軽く噛んで止血に努めてください。かかりつけの歯医者さんならば、あなたのレントゲンや資料が揃っています。まずはすぐに連絡してください。

歯が抜けたときは歯医者に行くべき?

もし、歯が抜けた後に歯茎に異常があれば歯医者に行くきなのは当然ですが、歯茎に異常が無くても歯医者に行っておくと安心です。
確かに抜けた歯を見てもらうことによって、磨けていない場所や、虫歯になりやすい場所を知ることが出来ますよね。

まとめ

今回は、子供の歯の生え変わり時期に多い歯茎のトラブルと対処法を紹介してきました。特に初めての生え変わりだと心配事も多いでしょう。基本的に正常な生え変わりであれば歯茎はあまり気にする必要はないですが、中には注意が必要なケースもあります。少しおかしいかなと思ったら気軽に歯医者に相談しましょう。
Free photo: Little Girls Walking, Summer - Free Image on Pixabay - 773024 (11148)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の歯の生え変わりが遅い!何かの病気?歯医者に行くべき?

子供の歯の生え変わりが遅い!何かの病気?歯医者に行くべき?

子供の歯の生え変わりが遅いと気になってしまいますよね。なんでもそうですが、周りの子供よりも遅いというのは不安になって当然です。そこで、子供の歯の生え変わる時期や遅い場合に考えられること、歯医者に行った方が良いのかという点を解説していくので参考にしてみてください。
馬場 | 471 view
子供の歯の生え変わりの順番は?順序がおかしくても大丈夫?

子供の歯の生え変わりの順番は?順序がおかしくても大丈夫?

子供の歯の生え変わり時期に差し掛かるといろいろと心配事が増えてきますよね。そこで今回は、子供の歯が生え変わる順番について解説して、順番通りじゃなかった場合にどうすれば良いのかを紹介していくので参考にしてください。
馬場 | 501 view
子供の歯の生え変わり時期の歯並びが心配!気を付けたいことは?

子供の歯の生え変わり時期の歯並びが心配!気を付けたいことは?

子供の歯の生え変わり時期になると気になるのが「歯並び」ですよね。今回は子供の歯の歯並びを悪くしてしまうトラブルや子供特有の癖を紹介していくので、子供の歯並びを良くしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 103 view
子供の歯の生え変わり時期に歯が内側に生えてきた!矯正、抜歯は必要?

子供の歯の生え変わり時期に歯が内側に生えてきた!矯正、抜歯は必要?

子供の歯の生え変わり時期には、永久歯が内側から出てきてしまうことが良くあります。これは放っておいて良いのか、抜歯が必要なのか、矯正が必要になるのか気になるところですよね。そこで今回は子供の歯の生え変わり時期に、内側から永久歯が出てきてしまうことは問題ないのかどうかまとめていくので参考にしてください。
馬場 | 292 view
子供の歯の生え変わり時期にはレントゲンが必要?被ばく量や安全性は?

子供の歯の生え変わり時期にはレントゲンが必要?被ばく量や安全性は?

子供の歯の生え変わり時期になると何かと心配事も出てきます。そんな時に歯医者で撮られるレントゲンですが、どんな場合に必要なのでしょうか?今回は子供の歯の生え変わり時期にレントゲンを撮る必要性のあるものと、レントゲンの安全性について紹介していくので参考にしてみてください。
馬場 | 129 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場