2017年3月6日 更新

キーンとしみる歯の痛みや噛むと痛む歯でお悩みの方必見!

冷たいものを食べると歯がしみる、噛むと歯が痛い、そんなお悩みを抱えてはいませんか?歯の痛みを気にせずおいしく食事をするためにも、痛みの原因を知ることが大切です。悪化する前に自分の歯の状態をきちんと把握し、日頃から歯のケアを行っていきましょう。

204 view お気に入り 0

不快な歯の痛み

食事をする時に、歯がキーンとしみたり噛むと痛んだりすることってありますよね。
特に、アイスクリームやジュース、かき氷など、冷たいものが歯に当たるときに、キーンとした痛みを感じることが多いと思います。
夏の暑い時期には、少しでも涼しく快適に過ごすために、アイスクリームやジュースなどの冷たいものが欠かせません。火照ったあつい体を冷やすために、冷たいものを欲する機会は否が応でも多くなります。
しかし、歯に痛みを感じるようになると、せっかくの冷たくておいしいものも、歯の痛みを想像してしまい、なかなか思い切って食べられなくなってしまいます。
以前は全く気にならずに食事ができていたのに、急に痛み始める歯。
一体どういったきっかけから歯のキーンとした痛みを感じるようになるのでしょうか。
 (2780)

痛みの原因と症状の段階

まず、歯がキーンとなる理由として考えられる多くの場合は、「虫歯」の可能性です。
歯は、ダイヤモンドよりも硬いエナメル質で覆われているため、正常な場合であれば何も食べても歯に痛みを感じることはありません。しかし、虫歯になるとこの硬いエナメル質に穴が開き、エナメル質の内側にある象牙質や、さらにその中にある歯髄という神経に刺激が到達します。これによって、キーンとした痛みを感じているのです。
進行具合により、痛みの段階も何種類かに分けられます。
エナメル質が溶け始めている程度であれば、自覚症状はほとんどありません。
エナメル質が溶けて薄くなってくると、冷たいものの刺激を感じるようになります。
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行すると、冷たいものや甘いものがしみるようになります。
さらに、一番内側の神経まで進行すると、熱いものがしみるようになり、何をしていなくてもズキズキとした痛みを感じるようになります。
エナメル質の大部分が溶けて神経がなくなると、一旦痛みはおさまりますが、膿が溜まると痛みが再発します。
また、噛むと痛みを感じる場合には、虫歯に限らず、歯根膜という歯の根回りの膜が炎症を起こしている可能性があります。小さな刺激にも敏感になっているといえるでしょう。
ある日突然「ズキズキ」と歯が痛くなりひどいと夜も眠れない、なんて経験はありませんか?このような痛みは「虫歯」がある時に起こる場合が多いです。
しかし虫歯ができるとすぐ痛みがでるというワケではありません。
歯は「エナメル質」というダイヤモンドよりも硬いものでできています。
その中に「象牙質」という少し軟らかい質があり、さらにその中に「歯髄」という歯の神経があります。
虫歯は一番外側にあるエナメル質に穴が開くことで始まります。その時点ではまだ痛みを感じることはほとんどありません。
人によっては冷たいものがしみるということはあるかもしれません。虫歯の時の痛み自体は歯の一番内側にある歯髄が感じ取りそれを伝えているのです。
なので冷たいものがしみる時は冷たいものの刺激を歯髄が敏感に感じ取り伝えています。
また「ズキズキ」とした痛みは虫歯が進行していくとその原因となっている虫歯菌が象牙質や歯髄の部分で悪さをしているため起こるのです。
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
歯の根の周りにある膜を「歯根膜」といいますが、その膜が炎症を起こしてしまうと「歯根膜炎」という症状が生まれます。歯根膜はとても敏感で、例え髪の毛のような細い糸が口に入っただけの“小さな刺激”ですら感じ取ることができます。

日頃からのケアが大切

虫歯や歯根膜の炎症を防ぐためには、日頃からきちんと歯のケアをすることが大切です。
やはり基本は正しく歯磨きをすること。歯の表面だけでなく隙間もしっかり磨けるよう、歯間ブラシなども利用して口の中を清潔に保つようにしましょう。
きちんと磨けているかどうか心配であれば、定期的に歯の検診に行くようにしましょう。
正しい歯の磨き方の指導を受けることで日頃のケアの見直しもできますし、虫歯などの早期発見にもつながります。自分では気づかなかったところもしっかりきれいにしてもらえるので、時間を見つけて定期的にお医者さんに診てもらってくださいね。
 (2779)

虫歯にならないためには、もちろん歯磨きを毎日きちんとすることが大切ですが、歯の隙間のプラークを取り除くことは、通常の歯ブラシだけでは難しいと思います。市販の「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」などを利用することで、虫歯だけでなく歯周病の対策にもつながります。
歯の定期健診を受けることにより、初期段階で虫歯や歯周病を発見できる可能性が高まります。正しい磨き方の指導もしてくれます。歯根膜の炎症を引き起こさないためにも、歯医者さんでチェックしてもらえれば安心ですね!
冷たいものを食べると歯がしみる、噛むと歯が痛い、そんなお悩みを抱えてはいませんか?
歯の痛みを気にせずおいしく食事をするためにも、痛みの原因を知ることが大切です。
悪化する前に自分の歯の状態をきちんと把握し、日頃から歯のケアを行っていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

被せた(クラウン)セラミックの歯が噛む度に痛む!主な3つの原因と読了後すぐ出来る対処法

被せた(クラウン)セラミックの歯が噛む度に痛む!主な3つの原因と読了後すぐ出来る対処法

噛む度にセラミックの歯が痛むという虫歯治療後のトラブルについてまとめてみました。主な痛み原因となる3つの要素を詳しく解説し、今すぐにでも治したい痛みへの対処法をご紹介します。即効性の高い応急手当を中心にご紹介していますので、すでに歯が痛い方は必読の内容となっています。
0411ban | 2,759 view
歯を噛むと歯茎が痛い!これは「口内トラブル」の悪化のサインかも…

歯を噛むと歯茎が痛い!これは「口内トラブル」の悪化のサインかも…

歯を噛むと痛みを感じるという症状は口内トラブルの中でも現れやすい症状です。痛みの度合いによって進行状況を自身で把握すると思いますが、中でも歯茎に痛みを感じる時は要注意です。歯を噛むと歯茎が痛い!原因は?危険性は?
ryosuke | 297 view
歯を噛むと痛いのは「神経」からのサイン!?神経の役割と歯を守る方法

歯を噛むと痛いのは「神経」からのサイン!?神経の役割と歯を守る方法

歯を噛むと痛い時に考えられるのは虫歯の悪化です。痛みの度合いは虫歯の進行状態を知らせるサインでもあります。みなさん最終的な治療として神経を抜くという方法を選択せざるを得ないということは知識として身についていると思いますが、そもそも神経の役割って?
ryosuke | 260 view
歯を噛むと痛い!でも歯医者では異常なし…「原因不明」ってあるの?

歯を噛むと痛い!でも歯医者では異常なし…「原因不明」ってあるの?

歯を噛むと確かに痛い!痛みが続くから歯医者を受診する。しかし歯医者で口内をしっかり検査してもらっても虫歯や原因となるものが見つからず原因不明と言われ…。こんなことってあるんでしょうか?歯を噛むと痛い時に考えられる体からのサインについて見ていきましょう。
ryosuke | 923 view
放っておくと悪化の原因に…歯を噛むとしみるのは「知覚過敏」のサインかも!?

放っておくと悪化の原因に…歯を噛むとしみるのは「知覚過敏」のサインかも!?

歯を噛むとなんとなく口内がしみる。少し軽視しがちな症状ですが、その症状放っておくと悪化の原因になるかもしれません!歯を噛むとしみる、そんな不快な症状は実は知覚過敏のサインになっているかもしれません!
ryosuke | 71 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まひろ21 まひろ21