2017年3月6日 更新

歯のケアにはフロスが効果的!毎日のフロスでキレイを守ろう♪

突然ですが、あなたは毎日どのように歯のケアをしていますか?歯ブラシでの歯磨きをきちんとすることはもちろん大切ですが、それだけでは不十分です。お口のキレイを守るためには、フロスの使用がとても効果的なのです。

126 view お気に入り 0

歯ブラシとフロスの効果の違い

Free photo: Dental, Toothpaste, Toothbrush - Free Image on Pixabay - 842314 (3816)

言わずと知れたことですが、歯を磨くには歯ブラシを使います。歯ブラシで磨くことで、歯の表面や奥歯のかみ合わせ部分、歯と歯茎の境目についている汚れを落とすことができます。しかし、どんなにしっかりと磨いているつもりでも、歯ブラシだけではどうしても汚れが残ってしまう場所があります。それは、歯と歯の隙間です。ここは歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れや歯垢が溜まりやすい場所の一つです。
この汚れや歯垢をそのままにしておくと、虫歯になったり口臭の原因となることもあります。そこで、歯と歯の隙間の汚れを落とすため、フロスを使う必要性が出てくるのです。
ハブラシでのブラッシングの後に、デンタルフロスを使うと、歯垢(プラーク)の除去率が約30%アップします。
デンタルフロスで、歯と歯の間の歯垢(プラーク)もしっかりかき出しましょう。

フロスはいつ使う?

Free photo: Time, Timer, Clock, Watch, Hour - Free Image on Pixabay - 371226 (3822)

歯と歯の隙間の汚れを取り除くためにフロスを使い始めると、今度はその頻度が気になってきます。とくに、使い始めのころはフロスを使うと歯茎から出血をする人が多く、フロスで歯茎を傷つけているのではないかと心配になってしまうことがあります。フロスは歯磨きと同様に、毎日毎食後に使用してもいいものなのでしょうか。
結論から言いますと、毎日毎食後に使用して構いません。ただ、朝や昼は忙しくてフロスを使う時間が取れないことも多いかと思います。その場合は、就寝前の1回だけフロスを使えば大丈夫。口の中の細菌がは夜寝ている間に多く増えます。ですから、寝る前に口の中をできるだけ綺麗にしておくことで、口内を健康に保つことができるのです。
デンタルフロスは、特に夜の食後の歯磨き後に使うと効果的です。朝と夜を比べると、歯周病菌や虫歯菌の増加は、夜の方が断然多いのです。
もし毎日使うのが難しい場合は2~3日に1度でもいいですし、最低でも週に1度はフロスをするよう習慣づけていきましょう。

出血しても、毎日使って大丈夫?

 (3811)

先ほども少し触れましたが、フロスを使い始めると歯茎から出血してしまう人は多くいます。それは、歯ブラシだけでは磨ききれずに汚れが溜まり腫れてしまっていた歯茎を、フロスを使うことで引き締めているためです。
フロスを使い始めたときの出血ならあまり心配はいりません。
腫れた歯茎の中にうっ血して溜まっていた血液をフロスの刺激で『排出できた』ともいえるんです。
悪い血液を出すことで血流がよくなって歯茎の腫れが引いたという人もいますよ。
ですから、使い始めの時期に出血が見られても、フロスの使用をやめる必要はありません。毎日使い続けていくことでだんだんと歯茎の腫れが治まり、出血もしなくなっていきます。

また、下記のようにフロスの使い方が誤っているために出血をするという場合もあります。
歯間がきつい場合は強い力を加えがちなため、きついところを通過した後に勢いで歯肉に食い込んでしまい出血につながります。
いずれにしても、フロスを使用することで歯茎を危険なほど傷つけてしまうことはありません。適切な力と使い方を身に着けて、フロスを使っていきましょう。

ただし、使い始めの時期でもないのに1週間以上出血が続くという場合は、歯科医に相談してください。

まとめ

歯ブラシとフロスを併用することで、歯や歯茎をより健康な状態に保つことができます。しかし、口腔ケアにいかにフロスが有効だと言っても、滅多に使わないのでは意味がありません。大切なのは、習慣化することです。毎日の歯磨きにフロスを取り入れていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フロスで歯の詰め物が取れちゃう人に!詰め物が取れる原因と解決法

フロスで歯の詰め物が取れちゃう人に!詰め物が取れる原因と解決法

歯を磨いていたら、、ガキッと硬い何かを噛んだ経験はありませんか?銀歯や金歯、セラミックなどの詰め物が取れてしまうといちいち歯科医を受診しなければならないので大変ですよね。 特にフロスを使っているときに詰め物が取れてしまうことが多いようです。 かといって歯の間は最も汚れが溜まりやすい場所ですので、フロスを使わないと虫歯や歯周病などを引き起こしてしまいます。 「詰め物がしょっちゅう取れてしまう…。」と困っている人へいくつかその原因と解決法を紹介します!
pakomi | 1,452 view
歯のお手入れにフロスを使うとなぜ出血するの?原因と対処法

歯のお手入れにフロスを使うとなぜ出血するの?原因と対処法

歯と歯の間を綺麗にしようとする時に手にするのはフロスです。やはり歯磨きだけでは全ての汚れを落とすことができません。しかしフロスを使うと出血するという声は多く聞こえます。その原因はなんでしょう?出血するくらいならフロスは使用すべきではない?
ryosuke | 298 view
歯のお手入れアイテム"フロス"を使うと痛い…実は「使い方」を間違っていた!?

歯のお手入れアイテム"フロス"を使うと痛い…実は「使い方」を間違っていた!?

歯のお手入れアイテムはたくさんあります。歯ブラシだけだはしっかりケアできないということは今では多くの方が周知していることです。中でもフロスを取り入れて歯と歯の隙間をしっかり掃除する方は多いと思いますが、使ってみると痛い?それは使い方が間違っているのかも!
ryosuke | 857 view
歯を失うペースが急激に上がる!?50代に気をつけるべきケアポイント

歯を失うペースが急激に上がる!?50代に気をつけるべきケアポイント

永久歯が生え揃った時期に、どれだけこの歯を健康に保とうか考えていたと思います。しかし時間が流れていくと少し歯磨きに対する意識は低下してしまいます。意識低下から一般的に言われる歯の抜け方がひどくなる50代には自身の歯が数本しか残っていないなんて現実を迎えてしまう前に…
ryosuke | 88 view
歯の臭いを徹底的にケアする対策法!意外と簡単な歯の臭い対策

歯の臭いを徹底的にケアする対策法!意外と簡単な歯の臭い対策

歯の臭いは上手にケアしておきたいものです。口臭なんて一度周りに印象を与えるとなかなかイメージアップに時間がかかります。普段からの意識を高めるだけで意外と簡単に歯の臭いを対策することができます。
ryosuke | 85 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白雪 白雪