2017年3月6日 更新

歯の矯正でEラインを作成する方法とは?抜歯などの注意点

みなさんはEラインという基準を知っていますでしょうか。美人の基準とも言えるEラインを目指すことで、「横顔美人」を作ることができます。今回はそんなEラインを歯科矯正で目指す手順をご説明いたします。

606 view お気に入り 0

美しい顔の基準「Eライン」とは

 (10964)

Eラインとは、横から顔を見た時に鼻の頂点と、顎先までが一直線に結ぶことができる線を「Eライン」と称します。
これは横から顔を見た時に、最も美しく見えると言われる基準の1つと言われています。
現在では、このEラインを作成する為に、歯科矯正を選択する人が増えているようです。
鼻からあごにかけて結ぶ直線は「E-ライン(エステティックライン)」と呼ばれています。

E-ラインは、歯並びを作り出す矯正治療の診断にとって重要な美しさの基準です。
上下の唇がE-ラインに触れず、少し後ろにあるのが「美しい」と定義されています。
しかし、歯並びや噛み合わせが悪いと、このE-ラインが崩れてしまいます。

唇の前後的な位置は上下の前歯の影響をうけているので、矯正治療では、かみ合わせの治療と同時に、E-ラインをより良くすることも治療目標のひとつになります。

Eラインと歯科矯正の関係とは

 (10910)

Eラインの対角線上の内側に唇が収まることが「美人の条件」と言われています。つまり、口元がEラインより前に出てしまうとこの条件には当てはまりません。そこで、歯科矯正をして歯並びを整えることでEライン内に口元を収めることがここでいう歯科矯正の最終的な目的となります。
歯列矯正の最終ゴールは、歯並びをきれいにするだけではなく、フェイスラインを含めて口元全体を美しく治すことだと私は考えています。
また不正咬合は、歯だけに原因がある場合と、顎の骨が関係する骨格性の場合があります。
例えば、顎が左右にずれている、下顎が前に出すぎている、あるいは引っ込みすぎているというような場合、口元から顎にかけてのラインには骨格的な問題が深く関わっています。

Eラインを作成するための歯科矯正

 (10963)

Eラインを作成する為の歯科矯正には、フェイシャルプラニングというものがあります。これは、骨格から歯並びのことを踏まえ、どの程度まで矯正をすればEラインに当てはまることができるのかをしっかり事前に考えて行われます。そして最終的に美しいEラインに近づけていく矯正方法です。
実際に歯科矯正での矯正で限界がある場合には、顎外科手術を実施する場合もあります。
実際にはまず、上唇の位置を決めるところから始め、唇の位置、形態を決め、歯をどのように矯正していくか、顎をどのように整えるかを決めていきます。日本人の顔のバランスをみると、概してオトガイ(下顎)のない人が多く、オトガイの形成を行うだけで、見違えるように美しいフェイスラインを得ることができます。オトガイは、オトガイの部分の骨をわずかに出すだけで作ることができる場合が多いのです。

抜歯矯正でEラインを作成する場合も

 (10966)

Eラインを作成する為には、綺麗な歯並びは必須条件になります。しかし、歯茎に収まる歯の数には限界がある為、抜歯を行うことで重なり合っている歯のスペースを広げてあげることで美しい歯並びを実現する場合もあります。抜歯をしてEラインを作成する方法もあるということを覚えておきましょう。
口元の形態はただ単にEラインに合わせればいいというわけではなく、好みの問題や唇の厚みや下あごの位置などの個人差を考慮に入れなければなりません。平均値のライン上に唇が合っても、もう少し口元を下げたいとご希望される場合や、逆にシワが目立ってきそうだという理由からあえて口元を残すという場合もあります。やはりご自分が一番気になっているところが口元の突出感であれば抜歯でしっかりと口元を下げてあげる治療を選んでいただき、それ程口元が気になっていないなら非抜歯での治療を選択されるといいのかなと思います。

まとめ

Eラインの歯科矯正方法をご紹介させていただきました。美しい横顔を作成する為に、綺麗な歯並びは必須ということがわかったかと思います。しかし、矯正できる限界もあるため、あくまで「理想に近づける」ことが目的ということ理解しましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 385 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 585 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 511 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 448 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 490 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

クッスン クッスン