2017年3月6日 更新

【徹底解説】気になる歯のブリッジの噛む力とメリット・デメリット

近年、私たちは様々な歯科治療法を選択できるようになりました。 その中でもかけがえのない歯を失ったときの治療方法は、その後も治療を終えた歯と長い付き合いになることを考えると悩ましい問題です。 「ちゃんと噛む力はあるのかしら?不自然にならないといいけど…。ブリッジにするか、入れ歯にするか、インプラントにするか…。」色々と悩みは尽きません。 ここではその中でもブリッジについての解説と、そのメリットデメリットを紹介したいと思いますので是非参考にしてみてくださいね!

248 view お気に入り 0

歯のブリッジとは?

総入れ歯を持つ男性の技工士|イラストNo.2072【歯科素材.com】 (11553)

歯のブリッジとはその名の通り、失った歯をその両隣の歯から橋を架けるようにして埋める治療方法です。
両隣の歯を削って、冠を被せるような形で3本が繋がって一体化したものを被せます。
また並んで2本失った歯がある場合には、その両隣から4本繋がって一体化した冠を被せるロングブリッジという方法もあります。
いずれも支える両隣の歯には少し負担がかかりますが、見た目が良く自然の歯で噛む感覚に近いので近年注目が集まっている治療法です。
歯を失った後の治療方法として歯のブリッジ治療という物があります。歯のブリッジとは失った歯の前後の歯を削って失った部分の歯に橋をかけるように歯を補う治療法です。今回は歯のブリッジとはどういうものなのか、治療法や費用、お手入れの仕方などお伝えします。ぜひ参考にしてください。
1. 歯のブリッジとは
歯のブリッジとは歯を失った時、前後の歯を削って橋のように繋ぎ、2本の歯で3本の歯を作ることです。前後の歯を冠に被せるように削り、3つの冠が一体化したものを歯に付けます。前後の歯には1.5倍の噛む力の負担はかかりますが、噛む感覚は自分の歯のように噛むことができます。

実際に噛む力はどのくらい?

開咬の原因になる癖(毛布かじり)|イラストNo.2125【歯科素材.com】 (11554)

自然な歯を100%としたら、ブリッジの噛む力はその60%くらいと言われています。
また、ブリッジは両隣の自然な歯と繋がっていますので噛んだときの柔らかさや硬さといった自然な感覚を感じることができます。
噛む力
入れ歯の場合部分入れ歯なら天然の歯の30~40%、総入れ歯なら10~20%。ブリッジの場合天然の歯の約60%程度(ただしブリッジをかける歯の状態による)
噛み心地
ブリッジの場合支えになる歯に問題が無く、適切に作製されていれば、噛み心地は天然の歯とそれほど変わらない。

メリットは?

ごはんを食べるおばあちゃん|イラストNo.2064【歯科素材.com】 (11555)

まずはなんといっても、外科的な処置が無いことでしょうか。
「インプラントが気になっているけど、切ったり削ったりする外科的な処置が怖い…。」
と思っている人も多いですよね。身体にも負担が少ないですので、気軽に治療を始めることができます。

それからブリッジは他の治療法と比べて治療が早く済んでその後のメンテナンスが楽です。
最初の治療では失った歯の両隣の歯を削って、形を整え、型を取ります。そしたら次に受診した際に出来上がったブリッジをはめ込むだけで完了です。最短で2回通えば治療が終わります。
インプラントのように何ヶ月もかかることはありませんし、直接埋め込むわけでもありませんからメンテナンスも楽です。

そしてブリッジは費用も安く抑えられます。金属やプラスチックでしたら保険も適用されますし、セラミックですと自費診療になりますがインプラントと比べると2、3割安くなるようです。
1-1.外科処置をせず、体にやさしい
歯のブリッジは外科的なことをしないので、糖尿病や高血圧などの人にもできる体にやさしい治療です。ブリッジはインプラントの治療のように歯ぐきを切ったり、骨を削ったりしないので、体に病気を持っている人や、インプラント治療がこわいと思ている人にとっては安心してできる治療です。
1-4.早くできる
歯のブリッジは早いと2回、1週間の治療で終わります。1回目は歯を削って型を取ります。2回目にブリッジを歯に付けます。インプラントの場合は最低5回、期間は3か月以上かかります。
1-6.費用が安い
セラミックのブリッジはインプラントに比べて費用が2ー3割安く済みます。また金属やプラスチックであれば保険治療で治すことができます。
1-7.メンテナンスが楽
歯のブリッジはインプラントと違い、体の中に金属を埋め込んでいないため比較的メンテナンスが楽です。

デメリットは?

診療台で不安な女性患者|イラストNo.1248【歯科素材.com】 (11556)

ブリッジはそもそも失った歯の両隣に自然の歯がないとできません。そして、欠損している部分の歯を両隣の2本で支えているわけですから、当然負担がかかります。
将来的に土台になっている2本の歯がグラグラ揺れたり、欠けたりする恐れがあります。
また、治療の際に削って形を整えますから、それなりに負担もありますし、被せ物と土台の歯との間に隙間が生じて虫歯になることもあります。
欠点
ブリッジを固定する為に両隣の歯を削る必要があります。
支えとなる歯には大きく負担がかかります。
歯肉との間に食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすいです。
空気がもれて発音しにくい場合があります。
削った歯に痛みが出れば、神経を取る処置をする場合もあります。
保険のかぶせ物は素材にプラスチックが使われているので、使っている間 に変色して擦り減ってきてしまいます。

まとめ

健康な歯で笑う老夫婦|イラストNo.1356【歯科素材.com】 (11557)

一般的にブリッジの耐用年数は7.8年と言われていますが、耐久性の高い素材を選択したり、隙間のお手入れをきちんとすればもっと長持ちします。
ただ、他にも治療方法はたくさんありますので、それぞれのライフスタイルや治療条件に合った最適な治療法を見つけてみて下さいね!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯の被せ物「ブリッジ」が口臭の原因に繋がるってほんと?

歯の被せ物「ブリッジ」が口臭の原因に繋がるってほんと?

歯を抜いた後に被せるブリッジ。ただ自分の歯を磨くのと同じ様に歯ブラシで磨いていませんか? 構造上、実はとても汚れが溜まりやすく口臭の原因にもなるんです。そもそも口臭は何が原因で発生するのか、予防する為の歯ブラシで磨くポイントをわかりやすくまとめてお教えします。
raku2ra | 194 view
無意識の噛む力が歯にダメージを与えている!?マウスピースでダメージの軽減を

無意識の噛む力が歯にダメージを与えている!?マウスピースでダメージの軽減を

人の噛む力はとても強く、場合によっては奥歯に多大なるダメージを与えていることがあります。それも無意識のうちに、です。放っておくと、奥歯が削れたり割れたりしてしまうことも……。この問題を解決するには、マウスピースの使用がおすすめです。
白雪 | 234 view
LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 54 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 368 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 543 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

pakomi pakomi