2017年3月6日 更新

抜けた乳歯は屋根か縁の下?処理の仕方や保存法が知りたい!

日本では昔から屋根や縁の下に投げる風習がありますね。だけど現在の住環境ではそれも難しくなってきています。では現代の乳歯はどうすれば?乳歯の処理法や保存法をピックアップします。

105 view お気に入り 0

歯を屋根や縁の下に投げる「おまじない」

Free photo: Gap, Milk Tooth, Child, Laugh - Free Image on Pixabay - 2019489 (5216)

日本では昔から乳歯が抜けると、「おまじない」の意味をこめて上の歯は縁の下へ、下の歯は屋根へ投げる風習がありました。地方にもよりますがネズミの歯が丈夫なことから「ネズミの歯と代えておくれ」などかけ声と共に歯を投げ丈夫な永久歯を願っていたそうです。

対して欧米では抜けた歯を枕の下に置いて眠ると、夜中にトゥースフェアリー(歯の妖精)が来てコインやプレゼントに代えてくれるという夢のある習慣もあるのだそうです。

しかし現在の日本では、マンション住いの方も多く屋根や縁の下さえ見ることもない環境にあります。では、抜けた乳歯は皆さんどうしているのでしょう。
日本では、「上の歯が抜けたら縁の下へ、下の歯が抜けたら屋根の上に放り投げる」風習が伝わっていますが、地域によって「雨垂れが落ちるところに埋める」「便所の屋根に投げる」など細かい違いがあるようです。また、投げる際に発する掛け声にも特色があり、「ネズミの歯よりも強くなれ~♪」と言ったり、「鬼の歯より先に生えろー♪」「雀の歯と生えくらべ♪雀よりも、はよ生えろ」など、丈夫さと早さを願う気持ちが込められています。

抜けた乳歯の処理法はさまざま

遠足のおやつを考える小学生の女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (5222)

投げるべき屋根や縁の下がない住環境の多い昨今では、乳歯の処理問題も家庭でさまざま。
屋根や縁の下以外の主な処理法を調べてみました。

1. 専用の乳歯ケースに保存する

2. 普通にゴミ箱や近所に捨てる

3. 取っておいて顎模型を作ってもらう

4. 再生医療のために歯髄細胞バンクに保存など

主には乳歯ケース派が多いです。おもしろいところでは、集めた乳歯で顎模型を歯科医院で作ってくれるところもあります。また将来の再生医療に使用できるよう歯髄細胞バンクに保存しておくという方法もありますが、一般的に保管費用が10年間で30万ほど必要になります。

では、自宅で抜けた乳歯を保管するための方法はどうすれば良いのでしょう。
抜けた乳歯を並べて模型にします。乳歯は時間と共に水分が失われ割れてきます。修復してレジンで固めた後、コーティング仕上げを行うことで、保存状態が著しく上がります。素敵な思い出に、模型にして保存してみてはいかがでしょうか。

乳歯の正しい洗浄法と保存法

Free photo: Tap, Water, Faucet, Fresh, Clean - Free Image on Pixabay - 1937219 (5154)

抜けた歯には微量の血液や汚れが付いており、そのままにしておくと雑菌が繁殖し臭いを発生するとも限りません。自宅で乳歯を保存する際はしっかりと洗浄・消毒して清潔な状態で保管しましょう。

手順としては歯をオキシドールに漬け一晩消毒し、水で洗い流しながら残った汚れを歯ブラシで取り除きます。その後ティッシュなどの上でしっかりと乾燥させ専用ケースで保管します。オキシドールの代わりに台所用のキッチンハイターなどを薄めて数分つけておく、または20分ほど熱湯で煮沸消毒するなども除菌には有効です。

乳歯は最初に抜けた歯だけを取っておく方や、全ての歯を取っておく方など家庭で違ってくるでしょう。いづれにしても長期間保管しておくものなので、清潔にしておきたいものですね。

乳歯ケースは購入派から手作り派も

Free photo: Craft, Wooden, Treasure, Box, Wood - Free Image on Pixabay - 1751880 (5768)

自宅で保存しておく際の乳歯ケースは、プラスチックのものから木製などデザインも豊富。中でもおすすめなのが桐の素材です。桐は昔から着物の保存などにも使われており防湿・殺菌効果に優れています。湿気の多い日本では最適な素材と言えるでしょう。

また昨今のDIYブームにより手作りで乳歯ケースを作る方も多く、好みの小さな箱に粘土を敷きつめて歯を入れ込むなど、さまざまな楽しいアイデアで保存されているようです。
乳歯ケースは世界の他の国でもメジャーなアイテムで、陶器やプラスチック、木材など素材も様々ですが、日本は湿度が高い気候であることから、保存するには〝桐〟の素材でできたものが良いと言われています。

子どもの成長を願い上手に保管

Free photo: Baby, Girl, Sleep, Child, Toddler - Free Image on Pixabay - 1151351 (5219)

かつて丈夫な歯を願って縁の下や屋根に投げた幼い子どもの歯。昔と同じようにはできなくとも、親の子どもの成長を願う気持ちは今も変わりません。処理の方法は家庭によってさまざまですが、記念として家庭で保存しておくなら上手に処理して数年後に見てもキレイな状態でしまっておいてあげたいものですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

陽斗 陽斗